reread
また読みたい
フォロー
火傷少女(1)
左目に眼帯をつけながらも、明るい性格でクラスの皆から慕われている女子高生シイナ、彼女には“裏の顔”があった。シイナの同級生で、かつて自殺志願者だった少年のカナメは、ある日、『思想ノート』と題された彼女の秘密のノートを見て、それを知ってしまう。彼女は最高の自殺をするために、毎日を生きていた。徐々に彼女に惹かれていくカナメだったが、案内されて足を踏み入れた死臭の漂う廃校で、彼女のもう1つの秘密を知ることになり……―― 「私の左目は潰されたの……」狂気100%の彼女と無感情な僕の戻れない恋路を描く、恋愛ホラーコミックス。エブリスタ原作。
火傷少女(2)
死に魅了された女子高生シイナと同級生のカナメは、一緒に最高の死を迎えることを誓い、恋人同士になった。だが、カナメは彼女に惹かれつつも、どこか考えについていけない部分を感じていた。もやもやした気持ちを抱えたカナメが廃校から帰ってくると、中学生の頃に付き合っていたカエデが、家の前で帰りを待っていた――彼女の狂気が暴走する!? エブリスタ原作の恋愛ホラーコミックス。
火傷少女(3)
一緒に最高の死を迎えることを誓いあったカナメとシイナは、目の前で人が自殺する瞬間を目撃することになった。これをきっかけにシイナは、ますます死の思想にのめり込んでいき、カナメも彼女を追ってどんどん周囲から孤立していく。そんななか、カナメのコンプレックスの元凶だった母親が首を吊って死んだ。母の死をきっかけに父親に引き取られたカナメは、生活こそ変わったが死の思想が頭から消えることはなかった。ちらつくツグミの影とともに、物語は徐々に黒さを増していく……。
火傷少女(4)
母の死に伴ってカナメがしばらく学校を休んでいるあいだに、シイナはカエデに接近し、すっかり仲良くなっていた。死を望む考えにとり憑かれながらも、3人は奇妙な三角関係に落ち着く。だが、その幸せな時間は束の間だった。最高の死に向かってただ突き進むシイナ、新しい家族から逃げ出すカナメ、自らの死ぬ意味を見出したカエデ……。後ろ向きな青春の結末は、絶望なのか救いなのか―― 人の狂気に迫った恋愛ホラー作品が堂々完結!