reread
また読みたい
フォロー
デッドマン・ワンダーランド(1)
ある日突然、クラスメイト惨殺の容疑で死刑を宣告された五十嵐丸太。送られた先は日本唯一の完全民営化刑務所「デッドマン・ワンダーランド」だった…。大ヒット、監獄サバイバルアクション!
デッドマン・ワンダーランド(2)
無実の罪で「デッドマン・ワンダーランド」に収監されたガンタ。クラスメイトを虐殺した「赤い男」が監獄内にいるという噂を聞き、復讐にかられたガンタは禁断の「G棟」へと向かう。そこで、ガンタが見たものとは…。
デッドマン・ワンダーランド(3)
「罪の枝」の能力者同士の戦い「死肉祭(カーニバル・コープス)」へ身を投じることになったガンタ。千地〈クロウ〉を倒したガンタの次の対戦相手は、水名月〈ハミングバード〉。気弱な美少女の水名月に対し、ガンタはどう戦うのか…?同じ頃、DWの深奥部で対峙する「赤い男」とDW所長。ガンタの級友を虐殺し、「罪の枝」の感染核でもある「赤い男」の正体とは…!?
デッドマン・ワンダーランド(4)
デッドマンの集団脱獄を企てる反体制組織“自由の鎖”に勧誘されるガンタ。シロとの再開の喜びもつかの間、岐路に立たされるガンタだが、リーダー・凪の言葉により計画の参加へ心を動かされる。だが、計画は既に裏切り者によって、対デッドマン部隊“墓守”に伝わっていた!?そしていよいよ“自由の鎖”の反乱計画、実行の日が訪れた…!
デッドマン・ワンダーランド(5)
“自由の鎖”の反乱計画は、“墓守”によって壊滅。リーダーの凪も“墓守”に捕らえられてしまった。意気消沈するガンタだが、“墓守”に立ち向かうため千地の下で修行を始める。一方、ガンタの誤解で傷ついたシロの前には、謎の少年・咲神トトが現れて…?様々な思惑が渦巻く中、“自由の鎖”VS“墓守”の最終バトルがいよいよ幕を開ける!監獄サバイバルアクション第5巻。
デッドマン・ワンダーランド(6)
対デッドマン部隊“墓守”との死闘に勝利したガンタは、シロと共にDWに残る道を選択する。一方、暗躍するプロモータの玉木は次なる計画を発動させる。それは、禁断の「人造デッドマン」を作り出すことだった…。
デッドマン・ワンダーランド(7)
所長・玉木が作り出した、人造能力者(デッドマン)“ニンベン”の脅威の前に、団結して立ち向かおうとするG棟の住人たち。だが、それは非道な人体実験によって生み出されたものだった。さらに、一般公開された“死肉祭(カーニバル・コープス)”で、ガンタは、“ニンベン”となり正気を失ったアザミを助けるため、仲間を傷つけてしまう。裏切り者として孤立無援となったガンタは…!?監獄サバイバルアクション第7巻。
デッドマン・ワンダーランド(8)
看守長・マキナと共同戦線を張り、“ニンベン”を解放するため、コントロール・スイッチを取り戻そうとプロモータ・玉木を追うガンタだが、“ニンベン”最強の“甲部隊”が立ちはだかる。しかし、ガンタを救出するべく現れたのは、一度は反目しあったG棟の住人たちであった。それぞれのトラウマを背負った、デッドマンVS“甲部隊”の激闘が始まる──。監獄サバイバルアクション第8巻。
デッドマン・ワンダーランド(9)
“ニンベン”最強の“甲部隊”との闘いに勝利したG棟の住人達。だが、過酷な闘いにより、彼らは既に満身創痍であった。一方、ガンタは最後の力を振り絞り、マキナと共にプロモータ・玉木を追い詰める“最後の拳(エンデ・ファウスト)”を実行するため、デッドマン・ワンダーランド最上階へと向かう。しかし、彼らを待ち受けていたのは、更なる絶望であった…。監獄サバイバルアクション第9巻。
デッドマン・ワンダーランド(10)
徐々に明かされる所長・剥切の陰謀と、レチッドエッグの過去。そして、G棟の住人たちが、再びDWに集結!!“想い人”と“復讐の相手”、その狭間でガンタの心は葛藤する…!?