一番下のコメントへ

『綺譚花物語』は、台湾で出版された漫画作品です。

ジャンルとしては〈百合歴史〉漫画と言えるでしょうか。物語の始まりは昭和11年の台中。そこから現代に至るまで4組の女性達の物語が繰り広げられます。

↓こちら試し読み。    

●百合漫画好き
●歴史漫画好き
●聖地巡礼勢
●絵が可愛い漫画好き

様々な漫画愛好家に読んでみて欲しいこちらの作品。現在日本語翻訳プロジェクトのためのクラウドファンディング実施中です。期間は11/15(月)まで。

舞台は昭和11年の台中市。 ひっそりと咲く少女たちの恋 台湾発の百合漫画『綺譚花物語』を翻訳出版したい!

是非こちらのご支援と情報の拡散をお願いいたします。私は利害関係者ではありませんが、一ファンとして支援しております。

こちらではファン活動として『綺譚花物語』の情報を逐次まとめてお届けします。支援報告、質問、感想などお寄せください。

貴重な情報ありがとうございます。
ためし読みしてみましたが、さすがは漫画。もちろん言葉はわかりませんけどなんとなくこういう話なんだろうなというのはわかりますね。あと個人的に台湾が好きなのでそういう点でも楽しめました。
絵だけでいうと、言われなければ海外漫画だとわからないですね。
ぜひ翻訳版が読みたいのでささやかながら支援してみたいと思います!

貴重な情報ありがとうございます。 ためし読みしてみましたが、さすがは漫画。もちろん言葉はわかりませんけどなんとなくこういう話なんだろうなというのはわかりますね。あと個人的に台湾が好きなのでそういう点でも楽しめました。 絵だけでいうと、言われなければ海外漫画だとわからないですね。 ぜひ翻訳版が読みたいのでささやかながら支援してみたいと思います!

貴重な情報ありがとうございます。 ためし読みしてみましたが、さすがは漫画。もちろん言葉はわかりませんけどなんとなくこういう話なんだろうなというのはわかりますね。あと個人的に台湾が好きなのでそういう点でも楽しめました。 絵だけでいうと、言われなければ海外漫画だとわからないですね。 ぜひ翻訳版が読みたいのでささやかながら支援してみたいと思います!

@nyae

ありがとうございます!(関係者ではないですが、この本の出版を望む一人としてのお礼です)

本当に絵を見るだけで、良いものである事が分かりますよね。作画の星期一回收日先生(なんて読むんだ…)は他にも漫画を台湾で出版されています。pixivのリンクを置いておきますので、独特な絵のかわいさをご堪能ください。

台灣人,漫畫家。

ありがとうございます!(関係者ではないですが、この本の出版を望む一人としてのお礼です) 本当に絵を見るだけで、良いものである事が分かりますよね。作画の星期一回收日先生(なんて読むんだ…)は他にも漫画を台湾で出版されています。pixivのリンクを置いておきますので、独特な絵のかわいさをご堪能ください。 https://www.pixiv.net/users/2179028

ありがとうございます!(関係者ではないですが、この本の出版を望む一人としてのお礼です) 本当に絵を見るだけで、良いものである事が分かりますよね。作画の星期一回收日先生(なんて読むんだ…)は他にも漫画を台湾で出版されています。pixivのリンクを置いておきますので、独特な絵のかわいさをご堪能ください。 https://www.pixiv.net/users/2179028

@あうしぃ@カワイイマンガ

お名前なんて読むのか気になりますよねw
教えていただいたpixivのページ拝見しましたけどこれはずっと見てられるやつです。画力が上がってく過程もおもしろい。

お名前なんて読むのか気になりますよねw 教えていただいたpixivのページ拝見しましたけどこれはずっと見てられるやつです。画力が上がってく過程もおもしろい。

お名前なんて読むのか気になりますよねw 教えていただいたpixivのページ拝見しましたけどこれはずっと見てられるやつです。画力が上がってく過程もおもしろい。

@nyae

良いですよね!
『綺譚花物語』日本語版出版が成功したら、他の作品も日本語で出るかも…夢が広がる!

【原作者情報】
楊双子先生は小説家で、百合に台湾の歴史・時代性・文化風習などを掛け合わせる作品を出されているようです。下記リンクの作品は、百合怪異小説とも言える作品。

台湾の百合作家、楊双子さんの『撈月之人』を読んだ。楊双子というのは、文字通り、双子の姉の楊若慈さんと妹の若暉さんが共同執筆するときのペンネームで、日本語から取っているそうだ。ちなみに中国語で「双子」は「雙胞胎」という。8月末の台湾スタディツアーで、姉の若慈さんにお会いしたのだが、妹の若暉さんが...

下記リンクは百合時代小説と言えるでしょうか。作者に架空の人物を記しているのも面白い。

『臺灣漫遊錄』青山千鶴子、楊双子〔長編小説〕★ 緻密な史料考察の上に築かれた、二重三重構造の仕掛けが話題を呼ぶフィクション。★ 小説における虚構性や、翻訳の原文に対する批判性などについて考えさせる秀作。 昭和13年(1938年)、長崎の作家・青山千鶴子の半自伝的小

百合作品として、マンガでも小説でもこの様な作品は、日本では見かけないように思います(『夢の端々』は『綺譚花物語』と並べて評される作品かもしれません。もしこのような作品を他にご存知の方がおられたら、ぜひお教えください)

【メディア情報】さっそく百合ナビさんが記事に!さすが!

作家さんのお名前の読み方、というかとりあえず翻訳者さんが日本語でこう言っている、というのをお伝えしておきます。

星期一回收日=ほしきいち/かいしゅうび
月曜日が回収日、という意味だそうです。

楊双子=ようふたご
こちらの原作者のペンネームは、もともと双子のユニットであったことに由来しているそうです。

【メディア情報】LGBTQ関連の情報をTwitterで発信されているLChannelさんが取り上げて下さいました!

プロジェクト発起人・黒木夏兒(なつこ)さんによる、出版の経緯や台湾文化・漫画の現状についてのお話です。

 こんにちは。発起人の黒木夏兒です。  2013年に台湾BL小説「ロスト・コントロール〜虚無仮説〜

戦前の日本統治→戦後の国民党による抑圧から、民主化によって「台湾らしい」文化が花開きつつある現状が綴られています。

マンバ通信に、プロジェクト発起人にして翻訳者の黒木さんが寄稿されました。

2019年7月、ちょっとした偶然から台湾の漫画雑誌『CCC創作集』の一冊が、私の手元にやって来た。その中に掲 […]

今まで出てこなかった情報が結構あって、面白い!

いつの間にか50%突破してる!

いつの間にか50%突破してる!

@名無し

良い勢いですね!このままこのプロジェクトを勢い良く成立させて、台湾漫画、百合漫画の日本での出版の実績としたいですね。作画の星期一回収日先生も原作の楊双子先生も、他にも作品出されてるので、翻訳版読みたい!

プロジェクト発起人・翻訳者の黒木さんを迎えるYouTubeライブが、9/22(水)20:30に配信されます!

主催は書肆喫茶moriさん。内容は

●台湾にハマったきっかけ
●翻訳者になるまで
●台湾のBL/百合事情

などとなるようです。

大阪・谷町六丁目にある海外コミックスのブックカフェ書肆喫茶moriの店主です!海外マンガについてゆる~くふわっと話してます~!第77回は特別編「翻訳者黒木夏兒さんに聞く台湾BL台湾百合」です!現在クラウドファンディングが進行中のサウザンコミックス第4弾の『綺譚花物語』の発起人で翻訳者の黒木夏兒...

YouTubeライブ、面白かったですね!台湾BLについて詳しくなれそう。そして百合については、『綺譚花物語』の原作者・小説家の楊双子さんについて詳しく解説されました。百合歴史物…興味深い。

一方漫画の方は、マンバ通信の方で詳しい記事が出ました。星期一回収日先生の他作品と他の百合的作品について、台湾のLGBTQ、同性婚事情と絡めて熱く真剣な解説がなされています。これは百合好きでなくても、日本の夫婦別姓や同性婚議論に関心がある方も必読!

ただいま台湾の百合漫画『綺譚花物語(きたんはなものがたり)』の日本語版を出版するべく、クラウドファンディング […]

『綺譚花物語』のタイトルについて。

先日黒木さんがツイートで「『花物語』のオマージュだ」とおっしゃっていました。

『花物語』は吉屋信子による、いわゆる「エス」を描いた少女小説集です。

『綺譚花物語』1〜3話、日本統治下の台湾には日本人向けの女学校が設立され、そこには少数の台湾人の少女達(名家の子女)も通いました。"花物語"の部分はそのような台湾の女学生達の物語であることを表しています。

そして"綺譚"という部分ですが、下記マンバ通信の記事を読むと分かるのですが、第1話では冥婚、2話では水鹿の角の伝説を扱い、民間伝承・信仰と結びついた不思議な物語だと推察されます。

恐ろしさ・不思議さと、女学生の繋がりの物語……未知の魅力を感じます。

2019年7月、ちょっとした偶然から台湾の漫画雑誌『CCC創作集』の一冊が、私の手元にやって来た。その中に掲 […]

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み