投稿
440
コメント
1661
わかる
12598
たか
たか
2022/05/02
ネタバレ
香水を巡る幼馴染2人の運命は…!?近代中華風ファンタジー
冒頭の花鳥画のような柔らかいカラー絵が美しくそのまま世界観に引き込まれてしまいました。 調香師の家系に生まれた主人公・沈月(シェンユエ)と夜静(イェ・ジン)は大切な幼馴染。 https://i.imgur.com/Yb04Qqs.png しかし、静の父・夜莫然(イェ・ハオラン)が月の父を陥れ処刑し、茉莉花から作る香の技術奪ったことで、月は追われる身に…。 13年後、盗みをしながら市井の人々に香水を届けていた月は暴漢に襲われ連れ去られる。襲ったのは大人になった静だったが、月のことを覚えておらず、自らと結婚し調香の腕を役立てるよう迫る…。 とにかく絵がきらびやか! 花、伝統衣装、調度品、調香に使う道具、おそろいの首飾りなどアイテムがどれもこれも素敵…! そしてドキッと惹き込まれるようなキャラクターの表情もたくさんあり、面白い1話でした。 けど一番面白かったのはリボルバー出てきたところですね。「えっ、この世界観で!?」と衝撃でした。意外と文明が発展してるみたいなので他にどんなものが出てくるのか気になります。 続きが気になって有名な小説のコミカライズなのかな…?と思って調べましたが、オリジナル作品なんですね。本格連載は9月号とのことで待ち遠しいです!
たか
たか
2022/04/26
ネタバレ
あまりにも良い…!冷笑主義者(30歳)のビルドゥングスロマン #読切応援
まだ4月だけど2022年の読み切りベスト3に入るレベルで良かったです。おっさんのビルドゥングスロマンとしても素晴らしいし、「無償の愛」の具体例としてもこれ以上なくて感動しました。マジで全国のミッション系の学校でキリ概とか礼拝のときに読ませた方が良いと思う。 30歳にもなって、他人を冷笑し見下すことで上に立った気になり、そして自分自身に対しても皮肉ぶることで心を守っているしょうもないの男・加藤純哉が主人公。 根本拓実『Cynic』前編 https://i.imgur.com/Ht0nwbj.png この物語は、そんな彼が心を入れ替えひたむきに純粋に努力する心を取り戻す話なのですが、とにかくその過程の説得力がすごい! 加藤みたいな筋金入りのカスが、ボーイ・ミーツ・ガール。若くて可愛い女子大生に出会った程度で「素直になって熱く努力しよう」とかなるわけがない。 じゃあ何が彼を変えるのに必要なのかと言われたら、無償の愛。他人が見返りを求めず自分のために身を投げだしてくれることでしか、その腐りきった心を癒やすことができないんですよね。 そして作中。恋人に振られた加藤が酔って路上に座り込んで泣いていると、チンピラからアイスコーヒーを投げつけられ嘲笑される。 あまりに惨めすぎてお得意の冷笑ですら自分を救えなくなったときに、ヒロインの松本さんはコーヒーまみれの加藤を抱きしめ、ともに嘲笑の対象となってまで加藤の心に寄り添う。 根本拓実『Cynic』前編 https://i.imgur.com/88wpHMr.png 普通、自分の大切な家族や恋人のためならまだしも、知り合いのためなんかにこんなふうに自分を投げ出すことはできない。 「そう!!これが無償の愛だよ!!」というシーンで感動しましたし、さすがの冷笑主義者・加藤もここまでされたら改心せざるを得ないよね、という説得力があって素晴らしかったです。 松本さんの無償の愛について長々書いてしまいましたが、バスケ要素もメチャクチャよかった。 前編で加藤がいきなり飛んできたボールをキャッチしたところ。手首返してボール返してるし読んでて「こいつ絶対経験者じゃん」てなるのが良い。 そしてバスケサークルのリーダー的な人があっさりめのゴリみたいな見た目だな…と思っていたら!後編で加藤が断髪&洗髪してあの髪型にするとは痺れました。 そりゃいま30歳で学生時代にバスケやってたなら黒子じゃなくてあひる世代だし、当然スラダンも読んでますよ(バスケ部並の感想) 前編・中編・後編。全部読み終わったあと「読んでよかったなぁ」という思いでいっぱいになった、本当に素晴らしい作品でした。 早くTwitterやうぇぶりで公開されて死ぬほどバズってくれ!!!
たか
たか
2022/04/15
ネタバレ
もはや少年漫画!令和の爽快激アツ嫁姑バトル!!
最近おざわゆき先生の『またのお越しを』を読むためにBE・LOVEをチェックしてるのですが、その際にいつも見かけて気になっていたのがこの作品。1巻を買って読んでみたら…なんですかこれは!最高じゃないですか!!!真夏さんかっこよすぎる! 物語は東大卒エリート・秀太郎(36)が仕事も人間関係も上手く行かず死を考えていたところを、居酒屋の店員の真夏(30)が温かく手を差し伸べたことで始まります。 順調に告白・交際と進みいよいよ結婚の挨拶へ秀太郎の実家を訪れると、そこには真夏をダニ扱いする、絵に描いたような最高のクソ姑が! (▼あいだ夏波『東大くんと元ギャルさん~格差婚ロワイヤル~』1話) https://i.imgur.com/mMRbFNl.jpg 嫁姑モノには、嫁のほうが圧倒的に弱くてただ姑からの虐めに耐える…みたいなじめじめしたシンデレラ系のお話もありますよね。 が、これはそうでは全くありません。 愛する未来の夫と大切な愛息子を賭け、最高のヴィランと最高のヒーローによる少年漫画のような熱いバトルが繰り広げられるんです。 というのも、真夏は元ギャルで元レディース総長の娘なのでメンタルが激強で、八王子育ちで義理人情を知っている一本筋の通った気持ちのいい女性なんです。なので当然、周囲の人々もいい人ばかり。 しかもタフでかっこよくて……! 1話の秀太郎に声をかけるシーンが超イケメンで、私は即オチしてしまいました。 この圧倒的ヒーローと対するのが、圧倒的クソバアアの秀太郎母。 秀太郎の居ない間に手切れ金を渡そうとし「真夏に恐喝された」と嘘をつき、真夏が働く居酒屋を潰そうと裏から手を回し、真夏が秀太郎に渡した手製のぬか漬けを勝手に捨て、防犯カメラの映像を編集し真夏が暴言を吐いたように見せかけ……。 次から次へと最高のクソ姑ムーブを繰り広げ、真夏と秀太郎、そして真夏と居酒屋の関係を崩壊させようとする。 この仕打ちに秀太郎の気持ちを大切にしつつ、真夏が立ち向かっていくのが熱い。 そしてこの漫画の本当に面白いところは、ギスギスどろどろした関係の中に黄金の精神が見えるところですね。 真夏は一度、秀太郎に裏切られる(真夏の言葉を信じず母を守ることを優先した)のですが、そのときのセリフが本当に素晴らしいんです。 (▼あいだ夏波『東大くんと元ギャルさん~格差婚ロワイヤル~ 分冊版(5)』) https://i.imgur.com/i6ZbPR9.jpg https://i.imgur.com/uUl2IFZ.jpg 「あのクソババアは信じらんねーくれー性格が悪くて大っっ嫌いだけどさ…」 「あたしはあのくそババアのこと…きっとまだ1000分の1ぐらいしか知らねえんだ」 「残り999の中に大嫌いがひっくり返るくらい好きなトコがあるかも知んねーじゃん??」 「だから残りの999も全部大っ嫌いってわかるまでは諦めない」 どれだけの仕打ちを受けても、相手を絶対的な悪とはみなさない。 この視野の広さ・善性の強さはまさに少年漫画の主人公の資質で、それがどろどろの中で輝いていて爽やかな気持ちになるんです…。 現在、最新話は8話。 真夏が祭りで助けた、明らかに身分の高いスーさん的な老紳士の正体が判明し、物語は第2ラウンドへ…!! マジのガチでいま読むのがおすすめの作品です!! https://comic-days.com/episode/3269754496472158458 ちなみに私は以下のような読み方で最新話まで読みました。 1巻(1話〜4話) +分冊(5話) +BE・LOVE コミックDAYS(6〜8話)
たか
たか
2022/04/01
ネタバレ
この世の仕組みに争う平安大河!
camera
面白い…!昨日まで3巻無料だったので読んでみました。深谷先生の作品を読むのは初めてだったので最初はタッチに慣れなかったのですが、あっという間に引き込まれました。 舞台は、京と異なる文化やルーツを持つ各地の人々が様々な名を付けられ蔑まれている平安の世。 理不尽で非合理な貧富の差と差別・暴力の蔓延る世界で、「童」と呼ばれる者たちが戦のない世を目指して進んでいく物語。 ・安倍晴明と滝夜叉姫の逢瀬 ・安和の変による2人の決別 ・民を慮る郡司と西洋人の妻の子・桜暁丸(おうぎまる) ・足柄山に住む土着の民として生まれ京人となった坂田金時 ・京人を憎み義賊・花天狗となった桜暁丸と、貴族出身の先達・袴垂の出会い 桜暁丸の実の父も後に出会う兄者も立派な人物で、別れを繰り返しながら桜暁丸が自問自答し成長していくのが熱い。 歴史上の人物と伝説が混ざり方が絶妙でワクワクしますね。 滝夜叉姫こと皐月様がマジで強い女(物理)でかっこいい…! 物語の担い手が子・孫世代に引き継がれていくのもいい。 個人的に、重房が実の息子である桜暁丸を吉祥天のようと言うとこメッチャ好きです。