投稿
コメント
わかる
魔法使いサリー
元祖・夢と空想の魔法少女マンガたまたま漫画喫茶に完全版があったので読みました! 絵のデフォルメがかわいくて、キャラクターはコミカル。 サリーちゃんが人間界の風習を学んだり、パパを懐柔したり、カブをとっちめたり、ママに甘えたり…そういう一挙一動がただただ楽しい。 サリーちゃんのパパも魔術師ジョーも、キスで娘への愛情表現をするところが欧米風でとても素敵。なおパパは魔界の帝王なのにママには頭が上がらないという設定で、好きでもない人間界でお餅つきまでしちゃう、優しい…! 自分がサリーを読んで気になったのが、家族の描写です。 サリーとカブは人間で二人暮らし。よしこは両親共働きで、トンチンカンの面倒を見て家事をしている。同級生の小野さんは、お兄さんとお母さんの3人ぐらし。チェリーはアル中のパパに愛想を尽かして、お母さんが出ていってしまった。 16話の中に、多種多様で愛情深い家族が描写されていたところが印象に残りました。 横山先生自身は、「少女漫画はほとんどメロドラマばかりで、少年漫画のような『夢と空想』の漫画が少ない」ということでサリーを描いたと折返しに書いてありました。 やはり物語の土台として「家族」の描写がリアルだったからこそ、『夢と空想』がいっそう魅力的なものになったのではないかと思います。 現代まで続く少女向け漫画のエッセンスを感じることができる名作です!
元祖・夢と空想の魔法少女マンガたまたま漫画喫茶に完全版があったので読みました! 絵のデフォルメがかわいくて、キャラクターはコミカル。 サリーちゃんが人間界の風習を学んだり、パパを懐柔したり、カブをとっちめたり、ママに甘えたり…そういう一挙一動がただただ楽しい。 サリーちゃんのパパも魔術師ジョーも、キスで娘への愛情表現をするところが欧米風でとても素敵。なおパパは魔界の帝王なのにママには頭が上がらないという設定で、好きでもない人間界でお餅つきまでしちゃう、優しい…! 自分がサリーを読んで気になったのが、家族の描写です。 サリーとカブは人間で二人暮らし。よしこは両親共働きで、トンチンカンの面倒を見て家事をしている。同級生の小野さんは、お兄さんとお母さんの3人ぐらし。チェリーはアル中のパパに愛想を尽かして、お母さんが出ていってしまった。 16話の中に、多種多様で愛情深い家族が描写されていたところが印象に残りました。 横山先生自身は、「少女漫画はほとんどメロドラマばかりで、少年漫画のような『夢と空想』の漫画が少ない」ということでサリーを描いたと折返しに書いてありました。 やはり物語の土台として「家族」の描写がリアルだったからこそ、『夢と空想』がいっそう魅力的なものになったのではないかと思います。 現代まで続く少女向け漫画のエッセンスを感じることができる名作です!
蟲籠奇譚
耽美でハチャメチャ!学園虫コメディ!! 表紙がよすぎる(語彙力) コミックDAYSで読後に表示される作品一覧にこのサムネを見つけ1巻を購入したところ、めちゃめちゃ面白くてすぐ2巻も買いました。 標本だらけの生物室 楽園のような温室 美しい模様とフォルムの虫たち 仲睦まじい少女たち エモい…!!エモすぎる!!! 何だこれは。天才か??  表紙から「サブカルでしっとりしてお上品な趣深い作品」を想像する人もいるかもしれないが、基本的には「ハチャメチャ学園虫コメディ」。  その割合としては、「虫解説:4 コメディ:4 百合:1 お耽美:1」といった感じ。コメディがお耽美を、お耽美がコメディを引き立たせ、「早くお耽美シーンよ来い!!」と思わず待ち望んでしまう素晴らしいバランス。  この作品は、「3人集めないと背部の生物部に主人公が強引に勧誘される」という王道展開から始まる。  しかし、圧倒的に耽美な絵での百合、主人公のギャグっぽいリアクション、部長たちの倒錯的な生物愛・植物愛、これらがうまく噛み合って「耽美コメディ」になっているところに、他とは違う面白さがある。  主人公のリアクションの良さ、敵対する部にいる仲良しの幼馴染との百合も堪らない…!  間違いない面白さなので、気になっている人は惜しみなく財布の紐をゆるめてください。 ※画像はネタバレ(1巻19ページ) こんな感じの作品。ねねちゃんのクソでかリアクション好き
耽美でハチャメチャ!学園虫コメディ!! 表紙がよすぎる(語彙力) コミックDAYSで読後に表示される作品一覧にこのサムネを見つけ1巻を購入したところ、めちゃめちゃ面白くてすぐ2巻も買いました。 標本だらけの生物室 楽園のような温室 美しい模様とフォルムの虫たち 仲睦まじい少女たち エモい…!!エモすぎる!!! 何だこれは。天才か??  表紙から「サブカルでしっとりしてお上品な趣深い作品」を想像する人もいるかもしれないが、基本的には「ハチャメチャ学園虫コメディ」。  その割合としては、「虫解説:4 コメディ:4 百合:1 お耽美:1」といった感じ。コメディがお耽美を、お耽美がコメディを引き立たせ、「早くお耽美シーンよ来い!!」と思わず待ち望んでしまう素晴らしいバランス。  この作品は、「3人集めないと背部の生物部に主人公が強引に勧誘される」という王道展開から始まる。  しかし、圧倒的に耽美な絵での百合、主人公のギャグっぽいリアクション、部長たちの倒錯的な生物愛・植物愛、これらがうまく噛み合って「耽美コメディ」になっているところに、他とは違う面白さがある。  主人公のリアクションの良さ、敵対する部にいる仲良しの幼馴染との百合も堪らない…!  間違いない面白さなので、気になっている人は惜しみなく財布の紐をゆるめてください。 ※画像はネタバレ(1巻19ページ) こんな感じの作品。ねねちゃんのクソでかリアクション好き
同棲ヤンキー赤松セブン【電子単行本】
黒船襲来!BL界に本格ヤンキー漫画が殴り込み! 例えば電車の中とかで、漫画を読んでいる人がいる。 漫画を読む人間なら、(おっ、この人何読んでるのかな〜)と、チラリと目をやるだけで、紙面の雰囲気から「何漫画」なのかすぐわかると思う。 そしてこの漫画の中身は、どう見ても週チャン、ヤンマガあたりに載ってる「ヤンキー漫画」にしか見えない。  でもちゃんとBがLしてる!!!!すごい!!!!  萌えについては、ちるちるの素晴らしいレビューの数々に譲るとして、1巻で良かったのは、「赤松が1人暮らしをしている理由」が明かされるところ。驚くと共に、それまで納得いかなかった点が見事に腑に落ちた。 たった1巻の中で主人公の過去をドラマチックに見せる技法は、西洋骨董洋菓子店の1巻のようだなと思った。  1巻発売記念のサイン会で、SHOOWA先生のネームと、奥嶋ひろまさ 先生のペン入れ原稿が並べてあった。そこで気がついたのが「BL部分はSHOOWA先生のネームそのまま。ヤンキー部分(喧嘩)は奥嶋先生が最適化している」ということ。喧嘩のシーンでのパンチを出す角度や体の向きなどが、奥嶋先生の手でより『本物(?)の動き』に近づけられている。  BLのLの部分が重視され、「ヤンキー」部分は記号的に扱われがちなヤンキーBL界隈において、これだけ「本物らしいヤンキー描写」はまさに黒船襲来。  作画はヤンキー漫画に定評のある奥嶋ひろまさ先生。原作はBL漫画家のSHOOWA先生という、公式が最強の最大手状態。「こんな奇跡あっていいのか…?」と、未だに信じがたい。  「夢のコラボ」ならぬ「夢のカップリング」で生まれたジャンルの垣根を越えた作品。まだ1巻だけど、とにかく2人には幸せになってほしい。
黒船襲来!BL界に本格ヤンキー漫画が殴り込み! 例えば電車の中とかで、漫画を読んでいる人がいる。 漫画を読む人間なら、(おっ、この人何読んでるのかな〜)と、チラリと目をやるだけで、紙面の雰囲気から「何漫画」なのかすぐわかると思う。 そしてこの漫画の中身は、どう見ても週チャン、ヤンマガあたりに載ってる「ヤンキー漫画」にしか見えない。  でもちゃんとBがLしてる!!!!すごい!!!!  萌えについては、ちるちるの素晴らしいレビューの数々に譲るとして、1巻で良かったのは、「赤松が1人暮らしをしている理由」が明かされるところ。驚くと共に、それまで納得いかなかった点が見事に腑に落ちた。 たった1巻の中で主人公の過去をドラマチックに見せる技法は、西洋骨董洋菓子店の1巻のようだなと思った。  1巻発売記念のサイン会で、SHOOWA先生のネームと、奥嶋ひろまさ 先生のペン入れ原稿が並べてあった。そこで気がついたのが「BL部分はSHOOWA先生のネームそのまま。ヤンキー部分(喧嘩)は奥嶋先生が最適化している」ということ。喧嘩のシーンでのパンチを出す角度や体の向きなどが、奥嶋先生の手でより『本物(?)の動き』に近づけられている。  BLのLの部分が重視され、「ヤンキー」部分は記号的に扱われがちなヤンキーBL界隈において、これだけ「本物らしいヤンキー描写」はまさに黒船襲来。  作画はヤンキー漫画に定評のある奥嶋ひろまさ先生。原作はBL漫画家のSHOOWA先生という、公式が最強の最大手状態。「こんな奇跡あっていいのか…?」と、未だに信じがたい。  「夢のコラボ」ならぬ「夢のカップリング」で生まれたジャンルの垣根を越えた作品。まだ1巻だけど、とにかく2人には幸せになってほしい。
オメガ・メガエラ
男女混合オメガバース!名門一族後継争い 馬宮の『きれいなディオ様感』すこ。 やはり顔の良い貧しい生まれの男が成り上がる物語は最高です。 丸木戸マキ先生のレトロな絵柄と、昭和の旧華族やら上流階級っぽい世界観がマッチしてて雰囲気が素晴らしい!  子どもを生むことができない「メガエラ」として蔑まれている主人公・犀門が、愛する夫の第一婦人の座に戻るために他人を利用していくさまに痺れた。 やはり愛憎と権力欲のドロドロは、ハズレのない面白さ。 馬宮とともに、日本有数の名家を欺く…それは日本の社会システムを覆すことそのもので震える…!  世界観が古めかしいのに、ときどき言葉遣いが現代すぎるところが個人的にすこし気になったけど、ストーリーがおもしろいのでオッケーです!  いつもBLを読みつつ、「オメガバースに女性のαとかΩとか出てくれば面白いのに、なんで出てこないんだ?」と思っていましたが、よく考えれば女性にたくさん焦点が当たってしまうとBLじゃなくなってしまう!!…そりゃそうだ。 作者いわく、この作品はBLではなく『BLみあるドラマティックな少女漫画』とのこと。 (なおこちらのクチコミで知った、杉山美和子先生の『Bite Maker ~王様のΩ~』も女性が登場するとのことで気になっていますがまだ読んでません https://manba.co.jp/topics/16353)  萩尾望都、古屋兎丸作品が好きな人はハマると思うので、ぜひ読んでください。
男女混合オメガバース!名門一族後継争い 馬宮の『きれいなディオ様感』すこ。 やはり顔の良い貧しい生まれの男が成り上がる物語は最高です。 丸木戸マキ先生のレトロな絵柄と、昭和の旧華族やら上流階級っぽい世界観がマッチしてて雰囲気が素晴らしい!  子どもを生むことができない「メガエラ」として蔑まれている主人公・犀門が、愛する夫の第一婦人の座に戻るために他人を利用していくさまに痺れた。 やはり愛憎と権力欲のドロドロは、ハズレのない面白さ。 馬宮とともに、日本有数の名家を欺く…それは日本の社会システムを覆すことそのもので震える…!  世界観が古めかしいのに、ときどき言葉遣いが現代すぎるところが個人的にすこし気になったけど、ストーリーがおもしろいのでオッケーです!  いつもBLを読みつつ、「オメガバースに女性のαとかΩとか出てくれば面白いのに、なんで出てこないんだ?」と思っていましたが、よく考えれば女性にたくさん焦点が当たってしまうとBLじゃなくなってしまう!!…そりゃそうだ。 作者いわく、この作品はBLではなく『BLみあるドラマティックな少女漫画』とのこと。 (なおこちらのクチコミで知った、杉山美和子先生の『Bite Maker ~王様のΩ~』も女性が登場するとのことで気になっていますがまだ読んでません https://manba.co.jp/topics/16353)  萩尾望都、古屋兎丸作品が好きな人はハマると思うので、ぜひ読んでください。
卓球セラピー
何度読んでも面白さが消費されないマンガ 植田りょうたろう『卓球セラピー』1つの作品の中に、異なるジャンルのマンガ表現が混在していてすごいな〜と感じた。 ネコがおもちみたいに溶けて子どもがコロコロしている絵柄は、大人っぽい「ゆるいデフォルメ」。 町並みや道路は丁寧に描かれ味があり、まるで歴史漫画のような「リアルな背景」。 そして日常を描いた作品でありながら、襖を開けるシーンではナメたりや卓球中は俯瞰したりと、カメラワークはまるで「少年マンガのような迫力」がある。 そしてただ違うジャンルの技法を取り入れるだけでなく、それが見事に調和が撮れていて読んでいて気持ちいい! ストーリーについては、舞台背景について説明がほとんどないのに、スッと世界に入って行けてキャラクターを身近に感じることができた。 むしろ登場人物たちの関係や、キューポラ堂はなんで卓球を置いているのか、八絵ちゃんは過去に何があったのかを野暮ったく語らないところが粋だ。 説明しすぎず、「読者自身に想像で自由に余白を埋めている」状態こそが、まさにこの作品の面白さの根源ではないだろうか。 読み手の数だけ「キューポラ堂とは何か、なぜ卓球があるのか」の答えらしきものが、形を変えて無数に存在する以上、この作品は何度読み返しても、面白さが消費されない。
何度読んでも面白さが消費されないマンガ 植田りょうたろう『卓球セラピー』1つの作品の中に、異なるジャンルのマンガ表現が混在していてすごいな〜と感じた。 ネコがおもちみたいに溶けて子どもがコロコロしている絵柄は、大人っぽい「ゆるいデフォルメ」。 町並みや道路は丁寧に描かれ味があり、まるで歴史漫画のような「リアルな背景」。 そして日常を描いた作品でありながら、襖を開けるシーンではナメたりや卓球中は俯瞰したりと、カメラワークはまるで「少年マンガのような迫力」がある。 そしてただ違うジャンルの技法を取り入れるだけでなく、それが見事に調和が撮れていて読んでいて気持ちいい! ストーリーについては、舞台背景について説明がほとんどないのに、スッと世界に入って行けてキャラクターを身近に感じることができた。 むしろ登場人物たちの関係や、キューポラ堂はなんで卓球を置いているのか、八絵ちゃんは過去に何があったのかを野暮ったく語らないところが粋だ。 説明しすぎず、「読者自身に想像で自由に余白を埋めている」状態こそが、まさにこの作品の面白さの根源ではないだろうか。 読み手の数だけ「キューポラ堂とは何か、なぜ卓球があるのか」の答えらしきものが、形を変えて無数に存在する以上、この作品は何度読み返しても、面白さが消費されない。
ぶっカフェ!
どんな失敗も受け止めてくれるやさしい世界「ぶっカフェ!」表紙を見て「なんだ、イケメンたちにちやほやされる逆ハーものか」と思った人、ちょっと待ってください!! 微塵もハーレムじゃないです!! 3人ともお坊さんなんで! 壊滅的ドジのルリは、数々のバイトをクビになったすえ寺カフェ「喫茶去(きっさこ)」にたどり着きますが、またそこでもドジの連続。 想像を超えるドジに驚くお坊さんたち。 でも彼らはルリを見捨てません、お坊さんなんで! ドジなルリを見ていると多少苛立つかもしれませんが、むしろ逆。 こんな底抜けにおドジな子ですら包容してくれる優しい世界を知ることで、自分の心も癒やされていくんです。 またルリの恋についてですが、ルリはアルバイトを通じて仏教の世界への理解を深めていき、いつも優しく教えてくれるコウさんのことがだんだん気になりだします。なおコウさんはびっくりするほど女性に奥手でラブの進展は驚くほど遅い、そこがイイ…! 登場人物はみんなステキな人ばかりなので、嫌な気持ちになったり落ち込んだりする必要全くなし! ルリの成長&ピュアな2人のラブを見守っていると、いつのまにか仏様への理解も深まり心はまさにラブ&ピース。 「あたま空っぽにして温かい気持ちになりたい」ときにおすすめの作品です。
どんな失敗も受け止めてくれるやさしい世界「ぶっカフェ!」表紙を見て「なんだ、イケメンたちにちやほやされる逆ハーものか」と思った人、ちょっと待ってください!! 微塵もハーレムじゃないです!! 3人ともお坊さんなんで! 壊滅的ドジのルリは、数々のバイトをクビになったすえ寺カフェ「喫茶去(きっさこ)」にたどり着きますが、またそこでもドジの連続。 想像を超えるドジに驚くお坊さんたち。 でも彼らはルリを見捨てません、お坊さんなんで! ドジなルリを見ていると多少苛立つかもしれませんが、むしろ逆。 こんな底抜けにおドジな子ですら包容してくれる優しい世界を知ることで、自分の心も癒やされていくんです。 またルリの恋についてですが、ルリはアルバイトを通じて仏教の世界への理解を深めていき、いつも優しく教えてくれるコウさんのことがだんだん気になりだします。なおコウさんはびっくりするほど女性に奥手でラブの進展は驚くほど遅い、そこがイイ…! 登場人物はみんなステキな人ばかりなので、嫌な気持ちになったり落ち込んだりする必要全くなし! ルリの成長&ピュアな2人のラブを見守っていると、いつのまにか仏様への理解も深まり心はまさにラブ&ピース。 「あたま空っぽにして温かい気持ちになりたい」ときにおすすめの作品です。
トクサツガガガ
自分のことが書いてあったマンガ 何かを愛する者たちの物語2014年、本屋で立ち読みしたスピリッツに載っていたのが、トクサツガガガ9話(1巻最終話)。 当時大学生だったわたしは、仲村さんの母親への複雑な感情と、対立を避けて合鍵を渡してしまうシーンを読んで「うっそ…わたしのこと書いてあんじゃん🤭」と震え、共感120%で一瞬でファンに。母親に合鍵渡しちゃう系女子ってわたしだけじゃなかったのかよ…! まるで吉田さんとイクトゥスした仲村さんのような感動でした。 仲村さんが、周りにいる何かを愛する友人たち(特撮・女児アニメ・フィギュア・男性アイドル)とあるあるの悩みを共有して、「それってこういうことじゃない?」と、愉快に語り合うところが何より面白い!! そしてときには(っていうか大体)根本的に問題を解決せず先送りにするけれど、毎回ちゃんと悩みに向き合い「もやもやした気持ちに蹴りをつける」ところが素晴らしい!何よりその問題を整理するときの、仲村さんやみんなの思考回路と会話が最高にコメディしてて笑ってしまう。 永遠に仲村さんとみんなが楽しく趣味に没頭しているところを見ていたい。 最終回が来ないでほしいマンガNo.1。 読むたびに新たな視点や考え方を得ることができる。 悩める全ての愛する者(オタク)たちへのアンサーがある作品。 それが、トクサツガガガ。 (画像は1巻4話 仲村さんと吉田さんを結びつけたイクトゥス)
自分のことが書いてあったマンガ 何かを愛する者たちの物語2014年、本屋で立ち読みしたスピリッツに載っていたのが、トクサツガガガ9話(1巻最終話)。 当時大学生だったわたしは、仲村さんの母親への複雑な感情と、対立を避けて合鍵を渡してしまうシーンを読んで「うっそ…わたしのこと書いてあんじゃん🤭」と震え、共感120%で一瞬でファンに。母親に合鍵渡しちゃう系女子ってわたしだけじゃなかったのかよ…! まるで吉田さんとイクトゥスした仲村さんのような感動でした。 仲村さんが、周りにいる何かを愛する友人たち(特撮・女児アニメ・フィギュア・男性アイドル)とあるあるの悩みを共有して、「それってこういうことじゃない?」と、愉快に語り合うところが何より面白い!! そしてときには(っていうか大体)根本的に問題を解決せず先送りにするけれど、毎回ちゃんと悩みに向き合い「もやもやした気持ちに蹴りをつける」ところが素晴らしい!何よりその問題を整理するときの、仲村さんやみんなの思考回路と会話が最高にコメディしてて笑ってしまう。 永遠に仲村さんとみんなが楽しく趣味に没頭しているところを見ていたい。 最終回が来ないでほしいマンガNo.1。 読むたびに新たな視点や考え方を得ることができる。 悩める全ての愛する者(オタク)たちへのアンサーがある作品。 それが、トクサツガガガ。 (画像は1巻4話 仲村さんと吉田さんを結びつけたイクトゥス)
数字であそぼ。
古傷をえぐられるのに笑えるキャンパスライフやめろーッ!! そんな目でこっちを見るなああぐああ(悶絶) 大学時代に経済の公式の「理解」ができず、主人公の横辺と同じように「割り算とは、掛け算とは」というレベルまで立ち返らざるを得なかった自分としては、横辺の苦しみは痛いほどわかる。 再履のときに1年生が花を背負ってるのが見えることも、そして同じ留年仲間が数学のできるやつだったときの、「最初からあちら側の人間だった」という裏切られた気持ちも...。 甘野と北方の残念なものを見る目には、わたしの古傷も痛んだ。 横辺くんのまわりにどんどん留年仲間が集まっていく展開は最高に笑った。 まるでスタンド使いのように留年者が惹かれあうのには、確かに見に覚えがある。 「ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~」の中で、覚えるのが非常に大変な枝足の言語を、主人公がヒーヒー言いながら覚える様子をみんなが見に人が集まるというシーンがあったが、わたしにとってこの作品の楽しみ方はまさにそれと一緒だ。 3留という危機が迫る中、どうにかこうにか数学を「理解」したくて七転八倒する横辺くんが面白い。 ぜひ完結の暁には、彼には数学と仲良くなって無事卒業してもらいたいと、大学時代に禍根を残す身として思う。
古傷をえぐられるのに笑えるキャンパスライフやめろーッ!! そんな目でこっちを見るなああぐああ(悶絶) 大学時代に経済の公式の「理解」ができず、主人公の横辺と同じように「割り算とは、掛け算とは」というレベルまで立ち返らざるを得なかった自分としては、横辺の苦しみは痛いほどわかる。 再履のときに1年生が花を背負ってるのが見えることも、そして同じ留年仲間が数学のできるやつだったときの、「最初からあちら側の人間だった」という裏切られた気持ちも...。 甘野と北方の残念なものを見る目には、わたしの古傷も痛んだ。 横辺くんのまわりにどんどん留年仲間が集まっていく展開は最高に笑った。 まるでスタンド使いのように留年者が惹かれあうのには、確かに見に覚えがある。 「ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~」の中で、覚えるのが非常に大変な枝足の言語を、主人公がヒーヒー言いながら覚える様子をみんなが見に人が集まるというシーンがあったが、わたしにとってこの作品の楽しみ方はまさにそれと一緒だ。 3留という危機が迫る中、どうにかこうにか数学を「理解」したくて七転八倒する横辺くんが面白い。 ぜひ完結の暁には、彼には数学と仲良くなって無事卒業してもらいたいと、大学時代に禍根を残す身として思う。