あらすじ

100人を超す大所帯となった壬生浪士組は芹沢鴨一派と近藤一派のふたつに別れ、次第に対立を深めていく。そんなある日、近藤派の佐々木愛次郎が何者かに惨殺される事件が起きる。壬生浪士組同士、血で血を洗う全面戦争開始の狼煙となる――