reread
また読みたい
フォロー
時は幕末、ただ己の強さを求め、闇雲に道場破りを繰り返す24歳の若者がいた。土方歳三───後に新撰組鬼の副長とよばれる漢である。土方は何を考え、何を求めたのか。動乱の時代は土方にどう接したのか。新撰組の数少ない生き残り、永倉新八が語る、鬼の副長『土方歳三』の真の物語とは!?
文久3年、浪士組結成。関東一円から腕に覚えのある猛者たちが集結した。そこで土方歳三はひとりの男と運命の出会いを果たす。男の名は「芹沢鴨」――後の新撰組筆頭局長となる男である。芹沢は圧倒的な“暴力”を背景に土方たちの前にたちはだかった!芹沢鴨VS沖田総司幕末最強のふたりがついに激突!!
文久3年、京に居残った芹沢、近藤たち元浪士組は会津藩に仕官を求める。仕官の条件はひとつ。名門会津藩は天下に誇る“武”会津五流に勝利すること。新撰組結成前夜、激闘必至の勝負の行方は!?
新撰組の前身となる壬生浪士組を結成。正式に会津藩預かりとなった土方たちだが、攘夷を目論む長州藩、土佐藩の刺客が立ちはだかる。刺客の名前は幕末の世を震撼させたふたりの「人斬り」。田中新兵衛、そして岡田以蔵───。
次々と刺客に襲われた壬生浪士組の面々。行動が敵に筒抜けており、内通者がいるのは間違いない。裏切り者は誰だ――互いが互いを疑い、混沌とする状況の中、壬生浪士組から最初の死者がでる。
人斬り以蔵こと、岡田以蔵。如何にして以蔵は「人斬り」とよばれ、恐れられるまでになったのか。以蔵の過去、そして現在――誰よりも純粋に剣を愛し、だれよりも真っ直ぐに生き抜いた漢岡田以蔵、最後の瞬間。
100人を超す大所帯となった壬生浪士組は芹沢鴨一派と近藤一派のふたつに別れ、次第に対立を深めていく。そんなある日、近藤派の佐々木愛次郎が何者かに惨殺される事件が起きる。壬生浪士組同士、血で血を洗う全面戦争開始の狼煙となる――
近藤一派と芹沢一派の争いが激化する中、新見錦の策謀が蠢き始める。新撰組の実権を手中にするため、数の力で押し迫る新見軍団。圧倒的劣勢の中、独りの男が立ちはだかった。男の名は『死神原田左之介』。
京都の都で繰り広げられる新撰組の内部抗争。近藤派対芹沢派の全面対決は最終局面を迎え、ついにあの男が動く。『暴君芹沢鴨』全てを飲み込み、混沌へと誘う芹沢鴨の真の狙いは――。
芹沢鴨は如何にして『最強』と成ったのか――。そう問われたならば、生まれし日よりすでに最強。そう答えざるをえない。天の意志に背き自らの意志のみで生きる男芹沢鴨の最後の闘いが始まる。