あらすじ

近藤一派と芹沢一派の争いが激化する中、新見錦の策謀が蠢き始める。新撰組の実権を手中にするため、数の力で押し迫る新見軍団。圧倒的劣勢の中、独りの男が立ちはだかった。男の名は『死神原田左之介』。