ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい

17話がピークではない

クマ撃ちの女。タイトルどおりの内容の漫画です。女が北海道でヒグマを撃ちます 1巻はヒグマ猟の一般的な話。主人公(チアキ)にクセがあり,少しイラッとする方もいるかも 2巻に収録されている17話は主人公の過去話。あまりにも怖すぎるとTwitterなどで話題になりました https://twitter.com/poranchan/status/1182524075610009600 ただ,私はこのあとの話を追ってませんでした また,正直,このへんがピークでは…?という感触もありました ところが,その後も連載は続き,最新刊はもう7巻 一体どうなってるのだろう…?と思って続きを読んでみると,3巻以降は,それまでとは少し方向性が変わって,さらに面白い物語になってました 3巻では,平気で法律違反をするヤバげな「師匠」が登場し,チアキとの考え方の違いが描かれます 4巻以降で,チアキはクマ撃ちの技量や覚悟を高めていき,一方で,チアキの精神的な危うさ/アブなさも描写されるようになります(特徴的なのは32話) 5巻では狩猟犬が登場します。カワイイ…狩猟犬カワイイ… また,4巻くらいから,猟友会の面々が登場するようになり,チアキの世界/人間関係は広がっていきます(本格的なのは6巻から) 最初は,クセがあるうえ無鉄砲なばかりで,正直,あまり魅力的とはいえなかったチアキが,様々な経験の中で,どんどん魅力ある主人公になっていく(又は読者がその魅力を理解できるようになってくる)というのが,3巻以降のストーリーです なお,6巻まではアンリミテッドの対象です。途中で読むのをやめてしまった方も,また読んでみることをおすすめします

toyoneko
toyoneko

生死をかけた狩猟の現実と善悪を問う

3巻目になって、自分好みに面白くなってきた印象。 主人公はライターで、女性猟師チアキと一緒に狩猟現場の取材をするという話。 1巻は、狩猟の現実とか銃の扱いとかがメインだったが、2巻の最後チアキ(と、その姉)の過去の話からグッと奥行きがでて、3巻では、いわゆる違法行為を平然とするが狩りのスキルは高い師匠の話で、じわじわと自分好みに面白くなってきた。 こういうアウトローな強キャラが好きなんですよね。 なんで、出てくるとテンションあがります。 主人公たち(得てして正義、正論)とは違った独自の美学をもっていたり、キレものだったり、強さにブレがなかったりするので、謎のカッコよさがある。 主人公たちとは違う価値観で己の正しさを見せつけてくれるんです。 (るろ剣の斎藤一みたいな) そんな、チアキの師匠もすごい。 獲物がいないのに銃に弾を込めてる状態は違法なようですが、そんなものは無視。 山の中で、急に襲われて誰が守ってくれる?法律が守ってくれるのか? と言わんばかり。 確かに正論だ。 安全のために法があるはずだが、狩猟現場で安全はどっちなのか? 誰にとっての何の法なのか? 考えさせられるフレーズだ。 野生動物たちが相手の常識が全く通用しない世界に、何でも利用すると豪語する師匠。 銃、車、知識、経験を使いこなし、手際よく効率的に狩りをこなす。 邪魔な法律は無視。 目的のために、手段を選ばない男。 どっちが正しいとか言えない。 結局、ルールを守っても、死んでしまえば意味がないからだ。 ライフルとか狩猟の現場が中心で、クマを撃つとか撃たないとかの話で終わるかと思ったが、こうした法の遵守的な善悪の話もでて、ストーリーに深みがましてきた。(これも現実といえば現実だが) 3巻最後が衝撃的で、師匠どうなるんだろう…。

六文銭
六文銭
『クマ撃ちの女』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題に応じた書き方のヒントや例文を表示します。初めての方は、練習用ページで気軽に投稿の練習をしてみてください。
タイトル
本文
クマ撃ちの女
クマ撃ちの女
安島薮太
安島薮太
あらすじ
小坂チアキ、職業・兼業猟師。 彼女が狙うのは、“日本最強生物”エゾヒグマ……!! 北海道を舞台に描かれる、命がけの狩猟劇!!

Web掲載情報

クマ撃ちの女
クマ撃ちの女の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
👑勝手におすすめランキング【毎週火曜更新】
クマ撃ちの女」安島薮太 https://manba.co.jp/topics/35228 2位「幼なじみがイケメンすぎる」茶畑真 https://manba.co.jp/topics/35329 3位「九国のジュウシ」西公平 https://manba.co.jp/topics/35239 4位「破壊神マグちゃん」上木敬 https://manba.co.jp/topics/35331 5位「歩くひと 完全版」谷口ジロー https://manba.co.jp/topics/35274 6位「アイコン」モリノダイチ https://manba.co.jp/topics/35340 7位「死神ドットコム」優しい内臓 https://manba.co.jp/topics/35237 8位「きのこくーちか」新國みなみ https://manba.co.jp/topics/35341 9位「小銭でいいから拾いたい~ひきこもり副業入門~」カレー沢薫 https://manba.co.jp/topics/35277 10位「黄色い耳(((胎教)))」黄島点心 https://manba.co.jp/topics/35240 *『勝手におすすめ』は最近投稿されたクチコミの中から、マンバが毎週火曜日に勝手に作成しているランキングです。 https://manba.co.jp/manba_recommends/679
‪ 先月の新刊を語る会【2020年1月発売新刊漫画】
クマ撃ちの女 2 (BUNCH COMICS) 安島薮太 映像研には手を出すな! (5) (ビッグコミックス) 大童澄瞳 バジーノイズ (5) (ビッグコミックス) むつき潤 ミンゴ イタリア人がみんなモテると思うなよ(1) ペッペ 僕は君を太らせたい! (4) (ビッグコミックス) 小学館 只野工業高校の日常(1) 小賀ちさと トクサツガガガ (18) (ビッグコミックス) 丹羽庭 一日三食絶対食べたい(3) 久野田ショウ ワンコそばにいる(1) 路田行 たまご他5篇 光用千春作品集 光用千春 リクエストをよろしく(5) 河内遙 覆面の羊(1) 船木涼介 高速スライダー 幸運な男・伊藤智仁 渡辺保裕 まったく最近の探偵ときたら(6) 五十嵐正邦 潮が舞い子が舞い(2) 阿部共実 ワールドヒーローズ (2) (ヒーローズコミックス) SNK Shrink~精神科医ヨワイ~ 1 (ヤングジャンプコミックス) 月子 極彩の家(6) (ウィングス・コミックス) びっけ LP ~ライフ・パートナー~ 3番目の配偶者 1 (オフィスユーコミックス) おざわゆき マオの寄宿學校 2 (花とゆめCOMICS) 安斎かりん SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん(14) 長田悠幸/町田一八 男殺しの音頃さん (2) (裏少年サンデーコミックス) 十九島信 ラブ・ミー・ぽんぽこ! 2 (花とゆめCOMICS) 赤瓦もどむ センコウガール 完全版 (1)(2) (裏少年サンデーコミックス) 永井三郎 里見☆八犬伝REBOOT 9 (バンブー・コミックス) よしむらなつき 不安の種*アスタリスク 1 (チャンピオンREDコミックス) 中山昌亮 こころのナース夜野さん(1) 水谷緑/山登敬之 大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック(5) 植芝理一 アイとアイザワ 完全版 かっぴー/うめ きちじつごよみ(1) 岩岡ヒサエ アニメタ!(5) 花村ヤソ 不滅のあなたへ(12) (週刊少年マガジンコミックス) 大今良時 ノラと雑草(3) (モーニング KC) 真造圭伍 野人転生(1) (電撃コミックスNEXT) 小林嵩人 マイ・ブロークン・マリコ (BRIDGE COMICS) 平庫ワカ 近所の最果て 澤江ポンプ短編集 (torch comics) 澤江ポンプ ラグナクリムゾン (6) (ガンガンコミックスJOKER) 小林大樹 呪術廻戦 9 (ジャンプコミックス) 芥見下々 呪術廻戦 8 (ジャンプコミックス) 芥見下々 SPY×FAMILY 3 (ジャンプコミックス) 遠藤達哉 ハイキュー!! 41 (ジャンプコミックス) 古舘春一 ふたりの太星 3 (ジャンプコミックス) 福田健太郎 青野くんに触りたいから死にたい(6) 椎名うみ Fate/Grand Order -Epic of Remnant- 亜種特異点I 悪性隔絶魔境 新宿 新宿幻霊事件(1) 佐々木少年/TYPE-MOON ショートショートショートさん(1) タカノンノ 川島芳子は男になりたい(1) 田中ほさな チェンソーマン 5 (ジャンプコミックス) 藤本タツキ 2.5次元の誘惑 3 (ジャンプコミックス) 橋本悠 海猫荘days(2) (百合姫コミックス) コダマ・ナオコ 姫様“拷問”の時間です 2 (ジャンプコミックス) ひらけい 病月 1 (電撃コミックスNEXT) 箕田海道 百合ドリル(4) 奥たまむし きみのすきなひと(1) こう森 このなかに石油王がいます(1) 竹葉久美子 はたらく細胞BABY(1) 清水茜/福田泰宏 去勢転生(1) 宮月新/おちゃう 皆殺しのアーサー(1) 古閑裕一郎 魔王様と結婚したい(1) (メテオCOMICS) 池内たぬま 放課後の哲学さん (バンブー・コミックス) 渡辺伊織 水野と茶山 上下 (ビームコミックス) 西尾雄太 戦争は女の顔をしていない 1 小梅けいと 東京怪奇酒 清野とおる ベルリンうわの空 香山哲
先月の新刊を語る会【2019年7月発売新刊漫画】
クマ撃ちの女 (1) (BUNCH COMICS) 安島薮太 開口一番!(1) (ビッグコミックス) 町田翠 無敵の人(1) (アクションコミックス) きづきあきら 可愛そうにね、元気くん(1) (ヤングジャンプコミックス) 古宮海 山田と加瀬さん。(1) (ひらり、コミックス) 高嶋ひろみ 柔肌 (楽園コミックス) ハルミチヒロ くだけるプリン (ヤングアニマルコミックス) 黒丸 この会社に好きな人がいます(1) (モーニングコミックス) 榎本あかまる 憎らしいほど愛してる ユニ お兄ちゃんは今日も少し浮いてる(1) (フラワーコミックスα) 梅サト 海外マンガ Laura Dean Keeps Breaking Up with Me Le Dernier Pharaon - Autour de Blake & Mortimer by François Schuiten Saint Rose - Hugues Micol

おすすめのマンガ

ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ

『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!!

波よ聞いてくれ

波よ聞いてくれ

舞台は北海道サッポロ。主人公の鼓田ミナレは酒場で知り合ったラジオ局員にグチまじりに失恋トークを披露する。すると翌日、録音されていたトークがラジオの生放送で流されてしまった。激高したミナレはラジオ局に突撃するも、ディレクターの口車に乗せられアドリブで自身の恋愛観を叫ぶハメに。この縁でラジオ業界から勧誘されるミナレを中心に、個性あふれる面々の人生が激しく動き出す。まさに、波よ聞いてくれ、なのだ!

テセウスの船

テセウスの船

1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。28年後、佐野の息子・田村心は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。時空を超えて「真実」と対峙する、本格クライムサスペンス、開幕。

雪女と蟹を食う

雪女と蟹を食う

金も行き場もない男・北は、自殺を図るが、どうしてもあと一歩が踏み出せずにいた。ある日、テレビのグルメ番組を観て、「人生最後の日は北海道で蟹を食べたい」と思い立ち、強盗を決意する。高級住宅に押し入り、人妻に金を要求するが、彼女の行動は、全く予期せぬものだった――。

甘い水

甘い水

青春漫画の名手・松本剛の傑作たちが電子で甦る! 北海道、道東、秋。少年は、誰にも望まれぬ夢を抱き、少女は、誰にも語れぬ大きな秘密を、心の奥にしまいこんでいた。そして、そのまま二人は恋に落ちた。『君の名は。』の新海誠監督も絶賛した、美しくも儚い青春漫画の金字塔が、ついに電子で登場!

ひとりぼっちで恋をしてみた

ひとりぼっちで恋をしてみた

「天然」って言われがちな女子高生・有紗は、豊崎先生に片想いをしている。こっそり想ってるだけで幸せだったのに‥‥。なんにもできない女子高生の冒険が冬の北海道で始まります。寒いけど、こころはあたたかな物語の舞台は北海道の北見市。北見在住・作家の田川とまた氏が、北見の景色を描き出します。

スピナマラダ!

スピナマラダ!

【フィギュアVS.ホッケー! 意地を掛けた男の闘い】ある事件をきっかけに超一級フィギュアスケーターとしての道を捨てた白川朗(ロウ)が、氷都・苫小牧でアイスホッケーと宿命的出逢いを果たす! 中学生にして超高校級の腕前を誇るアイスホッケープレイヤー・源間兄弟を相手に、無謀にもリンクの使用権を賭け勝負を挑んだロウは…? デジタル版、大幅加筆修正! 氷都を焦がす灼熱のアイスホッケーコミック・第1巻!

はっぴーえんど

はっぴーえんど

天道陽は、北海道・函館の「あさひ在宅診療所」の医師。臨終の場に自宅を選んだ患者と向き合う“看取りの医師”だ。散る直前の線香花火がまばゆく輝くように、人生の締めを前に、人はそれぞれの煌めきを放つ。そんな彼らとどう向き合うべきか。天道の目を通して、在宅医療の今を問う――。