生死をかけた狩猟の現実と善悪を問う

一番下のコメントへ

3巻目になって、自分好みに面白くなってきた印象。

主人公はライターで、女性猟師チアキと一緒に狩猟現場の取材をするという話。

1巻は、狩猟の現実とか銃の扱いとかがメインだったが、2巻の最後チアキ(と、その姉)の過去の話からグッと奥行きがでて、3巻では、いわゆる違法行為を平然とするが狩りの腕は凄まじく良い師匠の話で、じわじわと自分好みに面白くなってきた。

こういうアウトローな強キャラが好きなんですよね。
なんで、出てくるとテンションあがります。
主人公たち(得てして正義、正論)とは違った独自の美学をもっていたり、キレものだったり、強さにブレがなかったりするので、謎のカッコよさがある。
主人公たちとは違う価値観で己の正しさを見せつけてくれるんです。
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚― カラー版るろ剣の斎藤一みたいな)

そんな、チアキの師匠もすごい。
獲物がいないのに銃に弾を込めてる状態は違法なようですが、そんなものは無視。
山の中で、急に襲われて誰が守ってくれる?法律が守ってくれるのか?
と言わんばかり。

確かに正論だ。
安全のために法があるはずだが、狩猟現場で安全はどっちなのか?
誰にとっての何の法なのか?
考えさせられるフレーズだ。

野生動物たち動物たちが相手の常識全く通用しない世界に、何でも利用すると豪語する師匠。
銃、車、知識、経験を使いこなし、手際よく効率的に狩りをこなす。
邪魔な法律は無視。
目的ために、手段を選ばない男。

どっちが正しいとか言えない。
結局、ルールを守っても、死んでしまえば意味がないからだ。

ライフルとか狩猟の現場が中心で、クマを撃つとか撃たないとかの話で終わるかと思ったが、こうした法の遵守的な善悪の話もでて、ストーリーに深みがましてきた。(これも現実といえば現実だが)

3巻最後が衝撃的で、師匠どうなるんだろう…。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー