あらすじ

「三冬殿が大久保の妻となることをお前はよろこばぬ…そうなのだな?」試合に負けたならば、その相手に嫁ぐ──そんな約束を父と交わす女武芸者・佐々木三冬が郡山藩士・大久保兵蔵と試合を行うことになった。兵蔵の腕前を知る大治郎は、三冬の負けを予感し、狼狽え、父・小兵衛に助言を求める……それは身を案ずるがゆえなのか?『三冬の縁談』など、全四編を収録!!