柔道部物語

一番下のコメントへ

主人公である三五十五が岬商業高校に入学し、先輩に誘われて柔道部に入部し、徐々に強くなっていく。話としては割と普通なのですが、キャラの個性が強く、作品世界にグイグイ引き込まれます。作者の小林まこと小林まことさんが柔道経験者ということで、技の表現がリアルリアルで迫力がある。コメディ漫画とスポ根漫画が入り混じったような、面白さと感動が同居する不思議な魅力があります。

三五の成長話としても面白いし、
それ以外の柔道練習・技・試合のリアリティも素晴らしい。
さらに抜群のコメディ要素もあって、とても面白い。
また全体的に「三五物語」とか「柔道物語」ではなく
あくまでも「柔道部物語柔道部物語」であるところが凄くいいです。
先生、先輩、同級生同級生、後輩、そして他校の柔道部員。
みなが活き活きと活躍していて関わりあって、それがいい。
後半には三五は超高校級の実力者になるけれど、
それだけが突出するわけではなく「部活動部活動」としての
岬商柔道部の物語になっているのが、凄くいいです。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー