あらすじ

俺は岬商柔道部1年生の三五十五(さんご・じゅうご)。新人戦中量級個人戦に出場した俺は、一回戦で強豪・石川に逆転の背負いを決めた後、自分でも驚くほどトントン拍子に勝ち進み、ついに決勝であの樋口と対戦することになった。1年生で高校日本一になったほどの男に挑戦できるんだ。こんな幸せなことはない。がんばるぞ――!!読み出したら止まらない!!珠玉の本格柔道コメディ、第4巻!!