遅刻や致命的なミスを繰り返してしまう研修医・志保が主人公。子供達の精神病だけでなく平行して主人公の発達障害を描いていて読み応えがある1話だった。

遠野志保は小児科の研修医。遅刻や忘れ物の常習犯だ。見かねた研修担当医から、系列の小さなクリニックに"飛ばされる"。 そこで志保を待ち受けていたのは風変わりな児童精神科医・佐山だった。志保は唐突にある診断を下されて......。 大人も子供も生きづらさを抱える現代--。悩める親子に向き合う"児童...

1/4ページ
<<
<
1/4ページ
>
>>
今週の、一番しんどいタイムリーな話かもしれない 幼児の瀕死フラグしか見えない 早く救ってくれ〜;

今週の、一番しんどいタイムリーな話かもしれない 幼児の瀕死フラグしか見えない 早く救ってくれ〜;

@名無し

つらすぎてコミックDAYSで前の読み返して回復しようと思ったらあっちもつらかった。

そういう家庭もある、そういう躾け方もあるって割り切るしかないってのは本当に子供を相手にしてる職業の人は言いそう 悪い意味でなく、リアルに100人いたら100人の家庭を救うのは無理なんだよね

性教育どの時点で子供に教えるのか問題はどの家庭も悩んでそう。
漫画ってさりげに時事ネタとかみんな思ってるかもしれないけど言いにくい事柄をふっと提示して解決までは行かなくてもひとつの結論を見せてくれるからいいよね。
最近は病気のことも体のこともyoutubeで取り上げる人多くなってきてるからyoutubeから知る子供も多そう。

同じ食べ物でも、人によって辛さとか熱さに敏感・鈍感はそれぞれで、凹凸の子は鈍くて足りない刺激を補っている

相変わらず佐山先生の説明わかりやすい

佐山先生の演奏を夢中で聴いてる海斗…; ;

毎度のことだけど、どの子にもどの家族にも幸せになって欲しい

藤井さんバイト先に「真面目だけど要領悪い」って思われて皿洗いだけさせられてるのやるせない

出来ないからやらせないんじゃなくて、どうやったら出来るようになるのか考えて工夫するほうが誰にとっても得だろうに……

user_private
アカウント紐つけちゃうと削除衝動出ちゃうので名無しで

本人が他者と相容れないことを理解してて子供本人の意志で登校拒否、
そこで両親の絶妙なタイミングでアシスト入れて
良い変化が起きそうな予感を残したままその子のエピ終わっているんですね

その次の次?くらいで他の子に暴力ふるってしまうことで退園決意する親子のエピ
この、子供が発達であることを親自信も受け止められない話しがしっくりきすぎて
1つ2つ前のエピ、小生見逃してしまっておりました。

子供本人がどう捉えているか次第で第3者の読者から見ても全く違う話に見える認知のカラクリ
昨今異世界転生ものでよく見る視点かも
権力を持ったらそのまま振る舞うのではなく、世界設定に合わせようとするもの。
ダイレクトにこういった医療ものを見て疲れるよりそういうファンタジー系で
バイアス修正していければいいと思うけれど、良質な発達じゃないと
ごまかしたままではきっと大人になった時越えられない壁にぶち当たったりするのでしょうね
心当たりありまくりなんですが

user_private
名無し

ネットで話題になってるのは知ってたけどこんな感じで発達障害をあぶり出すようになってんだな。入社試験の適性検査って

1/4ページ
<<
<
1/4ページ
>
>>
子供たちを救う児童精神科医の物語!にコメントする
『リエゾン』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ
医療マンガランキング6位

リエゾン

りえぞんこどものこころしんりょうじょ
リエゾン ーこどものこころ診療所ー 1巻
リエゾン ーこどものこころ診療所ー 2巻
リエゾン ーこどものこころ診療所ー(3)
リエゾン ーこどものこころ診療所ー(4)
リエゾン ーこどものこころ診療所ー 5巻
リエゾン ーこどものこころ診療所ー 6巻
リエゾン ーこどものこころ診療所ー 7巻
リエゾン ーこどものこころ診療所ー 8巻
リエゾン ーこどものこころ診療所ー 9巻
07/07(木)まで
読める!
07/07(木)まで
読める!