生きている内に一度は読むべき名著

一番下のコメントへ

ノーベル文学賞を受賞したジャーナリストであるスヴェトラーナ・アレクシェービチさんが500人以上の従軍女性に取材して書いた原作を、『大砲とスタンプ Guns and Stamps大砲とスタンプ Guns and Stamps』などでも戦争の裏側で直接の戦闘行為を行わない人々の闘いを描いた速水螺旋人速水螺旋人さんが監修し、『サフィズムの舷窓』のキャラクターデザインや『ビビッドレッドレッドオペーション』のコミカライズを行なっている小梅けいと小梅けいとさんがマンガにする。

企画の勝利、と言う他ない作品です。ちょっと普通には思い付かないですし、思い付いてもやらない、そんなことをやってのけてこのクオリティで出してしまったことに敬服するしかないです。

こうして本にされることが無ければ絶対に意識もしなかったであろう戦時下の数々の事柄。様々な部隊、部署に女性でありながら従軍した者たちの実体験からくる生々しい苦しみの証言が今回マンガにされたことでより克明に伝わってきます。

兵士の服は誰がどのように洗っていたのか。
女性兵士はなぜ脚が緑色になるのか。
なぜズボンがガラスのようになるのか。
戦火の中での彼女たち彼女たちが感じる幸せとは何なのか。

その過酷な答はすべて読めば解ります。

「戦争はなんでも真っ黒よ
 血だけが別の色
 血だけが赤いの……」

といった、心に深々と刺さる生々しいセリフも溢れています。

戦争は手段に過ぎず、双方が望まずとも起こってしまうこともあります。それでも、なるべくその手段を取らなくて済むように、かつて先人が味わわねばならなかったこの悲哀と辛苦をこの先の時代に生まぬように、人類が知識として未来へ伝承していかねばならない大切なものが詰まった本です。

『アンネの日記』や『夜と霧』などと同様に読み継がれて欲しい、あらゆる人に一読を推奨したい名著です。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー