乙嫁語りってどこがおもしろいの?

一番下のコメントへ

二巻ぐらいまで読んだけど、自分はぶっちゃけ感情移入できなくて無理だった。
世間でいういわゆるコアな漫画好き、漫画評論家あたりにウケそうだなぁとは思ったけど、これならウルルン滞在記視てた方が面白いと思った。

羊をさばく場面とかいいよね。
camera

羊をさばく場面とかいいよね。

羊をさばく場面...
@zoro

捌くところは、捌きながら子どもに身体の仕組みを教えてたりするところとかも結構いい

捌くところは、...

刺繍とか編み物とか料理とか…創ることが好きな私は一コマで幸せになれます。タッチも細かくて、細部まで手が抜かれていないところが素敵です。作者が好きなものを描いている印象が強いですが、だからこそ自分の好きな世界観とマッチした時にはめちゃくちゃ感情移入しますね。

最初はお姉さんの奥さんと少年の旦那っていうところで目を引くものがあったけど、最近はもうそういうのは結構忘れていて、彼らがあの世界の美しさに浸っている。

あと最近、ハルタハルタで読んでるんだけど、乙嫁語り乙嫁語りは視界の端に映った瞬間に「森薫がキタ!」って感じるほどの圧を感じる。やはり強い。

乙嫁の新刊もうすぐだから10巻読み直してた どこが面白いって言われるとここって言えないけど実際にキャラクターがそこの土地で悩んで恋愛して生きてる感じが面白いと思うんだよな 普通のことだけど普通が面白い こんだけ書き込みしてあったらたとえ面白くなかったとしても半分は読むだろうな

ブランコブランコも写真も素敵だった
かけあみ地獄すぎて1p1pが絵画みたい
乙嫁の女性たちはこの人が好きだーって感じが前面に出てて嫌な感じが全くしないな
やっぱり異文化の描写が面白いし行ってみたいと思わせる

最新刊よんだけどやっぱ面白い!っていうよりじわじわだな…
それにしても毎回描きどころをつくってくる
ここ、そんな書き込みできるんだ?!って感じ
15分そこらで読み終わると労力を考えてもったいないなと思ってしまう

確かに先生の作品は自分が大好きな事を周りに伝える為に書いた作品なので、一見してパッと分かる面白さでは無いのかも。
ただ、読んで自分の中で消化する事で分かる面白さや作品の中から伝わる中央アジア文化への愛情を感じて受け取れる事が出来る人達が大ファンになるのかなと思っています。
自分にとっては何度読んでも良い物だなって思わせる作品ですね。

この舞台(ちょっと昔の中央アジア)の人たちの価値観で構成されている話だから、現代日本人の感覚で捉えると、違和感を感じると思います。
歴史的背景や遊牧民族の価値観など、彼らの立場に自分なりに思いを馳せてみるのが、この作品の楽しみ方でしょうか。

中央アジアという珍しい文化を取り上げていて、ともすれば物騒で俯瞰的な描写になりやすい題材。そこを描きながらも文化の美しさ、登場人物の愛らしさや強さを魅力的に伝えてくれる。
日本から見たら異質な世界のことを、派手な展開なくふつうの生活を通して観れるシーンがたまらなく好きです。

喧嘩売ってるみたいなタイトルになったけど、乙嫁語りは好きなのよ。でもどこが面白いの?って聞かれると答えに困るという……

喧嘩売ってるみたいなタイトルになったけど、乙嫁語りは好きなのよ。でもどこが面白いの?って聞かれると答えに困るという……

@hiro

好むゆえの批評

やっぱり現代日本人の描くものは、作品世界の精神が現代日本だなと思う
(「歴史」「ファンタジー」を謳ってもほぼそう)

気や魂の要素が抜けている

コメントする
reread
また読みたい
フォロー