ネタバレ
埋もれてしまった、とか、もっと評価されてもいい、とか思う漫画家

一番下のコメントへ

自分は大好きだし、そこそこヒット作もあったりする。
でも、世間では超一流とは評価されているといいがたい。
売れてないわけでもない、かといってダレもが知っている
という存在とも言いがたい。
もっと売れてもいい、実力はある、
そんな存在ではないかと思っている
漫画家の先生や作品に思い当たりはありますか?

私はコンタロウコンタロウ先生(1・2のアッホ!他)、
富沢順富沢順先生(企業戦士YAMAZAKI企業戦士YAMAZAKI他)
などを、あげます。
両先生には失礼な言い方で申し訳ありませんが。

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
石川サブロウ 派手さは全くないけど暖かみのある作風ですき。

石川サブロウ 派手さは全くないけど暖かみのある作風ですき。

@名無し

長いこと活躍されている先生というイメージです。
昔に確かヤングジャンプヤングジャンプで連載していた画家漫画が
当時としては結構斬新な内容だった印象があります。

長いこと活躍されている先生というイメージです。 昔に確かヤングジャンプで連載していた画家漫画が 当時としては結構斬新な内容だった印象があります。

長いこと活躍されている先生というイメージです。 昔に確かヤングジャンプで連載していた画家漫画が 当時としては結構斬新な内容だった印象があります。

@名無し

30年くらい前から色々なところで書いていますよね。
ヤングジャンプヤングジャンプの画家漫画というと「北の土龍」ですか?

30年くらい前から色々なところで書いていますよね。 ヤングジャンプの画家漫画というと「北の土龍」ですか?

30年くらい前から色々なところで書いていますよね。 ヤングジャンプの画家漫画というと「北の土龍」ですか?

@名無し

あ、それです。
それ以前に少年ジャンプで描かれていた
警察犬漫画を兄が好きでコミックスを買って来て、
それで石川先生を知りました。

あ、それです。 それ以前に少年ジャンプで描かれていた 警察犬漫画を兄が好きでコミックスを買って来て、 それで石川先生を知りました。

あ、それです。 それ以前に少年ジャンプで描かれていた 警察犬漫画を兄が好きでコミックスを買って来て、 それで石川先生を知りました。

@名無し

警察犬物語警察犬物語ですね。石川先生のマンガは読後感がいいから再読してしまう

【ぽけまん】

「ぽけまん」とは、未発表作品や絶版や単行本に収録されなかった作品の中で、漫画家の思い入れのある作品を見てもらうために作られたサイトです。 登録不要で漫画を見ることができる他、新作情報、コラムの掲載、イベントなどを開催することが主な内容です。


に所属してるベテラン漫画家の人達。
青柳裕介青柳裕介本庄敬本庄敬魚戸おさむ魚戸おさむ等など。

派手さはないけど、
全員すごい作家ばかりだし、
もっと世間から評価されてほしい

日本よりもフィンランドでムーミン並に評価されてる高橋よしひろ高橋よしひろ先生のエピソード好き

 1月13日に行われたセンター試験・地理Bで「ムーミン」が問題になった。物語の舞台がフィンランドか否か?などの議論を記憶している人も多いと思うが、フィンランドには、ムーミンと並ぶ人気の日本アニメがあるのをご存じだろうか。

ギャンブルレーサー/実録!関東昭和軍の田中誠 この作者の悪口とか嫌味のセンスは最高

ギャンブルレーサー/実録!関東昭和軍の田中誠 この作者の悪口とか嫌味のセンスは最高

@名無し

田中先生、凄いですよね。
ギャンブルレーサーギャンブルレーサーを読んだときには
田中先生って絶対に元競輪選手で漫画家に転職したんだ、
と感じました。
そうでもなければ、あの悪口のセンスやノリは、ありえないだろうと。
競輪、競馬、競艇など公営ギャンブルは各種あれど、
競輪場での客から選手への罵声ほど、品の無さで群を抜いているものは
ありませんからね。
競輪場で感じるあの下品な空気を120%、、漫画化していました。
どうやら、元競輪選手ではなかったみたいですが。
そのノリは関東昭和軍でも発揮されていますし、
なんなんでしょうね、悪口の天才?

田中先生、凄いですよね。 ギャンブルレーサーを読んだときには 田中先生って絶対に元競輪選手で漫画家に転職したんだ、 と感じました。 そうでもなければ、あの悪口のセンスやノリは、ありえないだろうと。 競輪、競馬、競艇など公営ギャンブルは各種あれど、 競輪場での客から選手への罵声ほど、品の無さで群を抜いているものは ありませんからね。 競輪場で感じるあの下品な空気を120%、、漫画化していました。 どうやら、元競輪選手ではなかったみたいですが。 そのノリは関東昭和軍でも発揮されていますし、 なんなんでしょうね、悪口の天才?

田中先生、凄いですよね。 ギャンブルレーサーを読んだときには 田中先生って絶対に元競輪選手で漫画家に転職したんだ、 と感じました。 そうでもなければ、あの悪口のセンスやノリは、ありえないだろうと。 競輪、競馬、競艇など公営ギャンブルは各種あれど、 競輪場での客から選手への罵声ほど、品の無さで群を抜いているものは ありませんからね。 競輪場で感じるあの下品な空気を120%、、漫画化していました。 どうやら、元競輪選手ではなかったみたいですが。 そのノリは関東昭和軍でも発揮されていますし、 なんなんでしょうね、悪口の天才?

@名無し

それも単純な悪口ではなく、ちょっとひねった感じの言い方や好きなんですよね。この人マンガに出てくる品のない金大好きオヤジのセリフはいい感じのがすごい多い。新作を読みたいと思いつつ全然見かけない。

山本康人 モーニング/スピリッツ/ゴラクとかで連載していたけど最近見ない。 打撃マンとか今だと流行りそうな気もする

山本康人 モーニング/スピリッツ/ゴラクとかで連載していたけど最近見ない。 打撃マンとか今だと流行りそうな気もする

@名無し

鉄人ガンマ鉄人ガンマ」とか好きでした。
でも同時に、読者からしたら好き嫌いとか分かれるだろうな、と思いました。
あの絵柄だし、おのれの世界を突っ走るぜ、みたいな内容なので。

「鉄人ガンマ」とか好きでした。 でも同時に、読者からしたら好き嫌いとか分かれるだろうな、と思いました。 あの絵柄だし、おのれの世界を突っ走るぜ、みたいな内容なので。

「鉄人ガンマ」とか好きでした。 でも同時に、読者からしたら好き嫌いとか分かれるだろうな、と思いました。 あの絵柄だし、おのれの世界を突っ走るぜ、みたいな内容なので。

@名無し

鉄人ガンマ鉄人ガンマは大好きでした。また週刊誌に戻ってきてほしい

押川先生の作品って、最初は登場人物とか キャラ的に浅い感じがするのだけれど、 話が進むにつれてそれなりに味が出てくる感じが(笑) ギャンブル漫画家としては福本先生が 「カイジ」でブレイクして一気にメジャーになったけれど、 埋もれなかった福本先生と 埋もれた(かもしれない)押川先生、 この差はどういう点から生じて分かれるものなのやら。

押川先生の作品って、最初は登場人物とか キャラ的に浅い感じがするのだけれど、 話が進むにつれてそれなりに味が出てくる感じが(笑) ギャンブル漫画家としては福本先生が 「カイジ」でブレイクして一気にメジャーになったけれど、 埋もれなかった福本先生と 埋もれた(かもしれない)押川先生、 この差はどういう点から生じて分かれるものなのやら。

@名無し

ギャンブルの本質(破滅を背負いながら、見つめながらも、自分を信じ、自分にかける)と、人間ドラマを描ける、数少ない人だと思うんだけど、、、

なんだかしげのしゅういち(イニシャルD)と楠みちはる楠みちはる(湾岸ミッドナイトミッドナイト)に似てる気も。
やっぱり、派手で分かりやすく、なんなら浅い方が一般受けするんでしょうね、残念ながら。
(しげのさんに比べ、福本先生は「黒沢」など、深い人間観察、描写力を持っているので、同列とは思っていませんが)

西餅先生。 「僕はまだ野球を知らない」が好評連載中だけど、まだまだマイナーだと思う。 最新の野球メソッドの紹介とか、野球漫画を読まない人にも楽しめるし、何よりちりばめられた小ネタが好き。

西餅先生。 「僕はまだ野球を知らない」が好評連載中だけど、まだまだマイナーだと思う。 最新の野球メソッドの紹介とか、野球漫画を読まない人にも楽しめるし、何よりちりばめられた小ネタが好き。

@名無し

一人一人の個性、可能性を愛し、信じる、ある種の人類礼賛の書ですよね。
デビュー作の「いぬがみもっこす」、2作目「ハルロックハルロック」にも通底するテーマ。
最終巻となってしまった5巻の「好きなことがある人間は幸せだよ。好きなことがある人間が増えるのはいいことだ」と言う台詞に全てがつまっている気がします。
グローバリズムだとかAI、自動化の進化などで将来の不安がぬぐえない現代社会への、ひとつの答えとも言えます。
これを単なる言葉ではなく、漫画として、ストーリーとして、確かな説得力ももって描ける、稀有な作家ですね。
モーツーでの連載は終わりましたが、どこかで描き続けてくれる様なので、期待して待ちましょう。

一人一人の個性、可能性を愛し、信じる、ある種の人類礼賛の書ですよね。 デビュー作の「いぬがみもっこす」、2作目「ハルロック」にも通底するテーマ。 最終巻となってしまった5巻の「好きなことがある人間は幸せだよ。好きなことがある人間が増えるのはいいことだ」と言う台詞に全てがつまっている気がします。 グローバリズムだとかAI、自動化の進化などで将来の不安がぬぐえない現代社会への、ひとつの答えとも言えます。 これを単なる言葉ではなく、漫画として、ストーリーとして、確かな説得力ももって描ける、稀有な作家ですね。 モーツーでの連載は終わりましたが、どこかで描き続けてくれる様なので、期待して待ちましょう。

一人一人の個性、可能性を愛し、信じる、ある種の人類礼賛の書ですよね。 デビュー作の「いぬがみもっこす」、2作目「ハルロック」にも通底するテーマ。 最終巻となってしまった5巻の「好きなことがある人間は幸せだよ。好きなことがある人間が増えるのはいいことだ」と言う台詞に全てがつまっている気がします。 グローバリズムだとかAI、自動化の進化などで将来の不安がぬぐえない現代社会への、ひとつの答えとも言えます。 これを単なる言葉ではなく、漫画として、ストーリーとして、確かな説得力ももって描ける、稀有な作家ですね。 モーツーでの連載は終わりましたが、どこかで描き続けてくれる様なので、期待して待ちましょう。

@名無し

自分じゃうまく言えない西餅作品の良さが理路整然と説明されてて感動した。
もっと世に知られてほしい

山本貴嗣山本貴嗣
執筆ほとんど自分でするようになってから10年以上経って
もう本人も雑誌でやる気はなさそう
ネットに軸足移しつつあるのか単行本未収録モノJコミに出してくれたのはちょっとありがたかった

私からは、林家志弦林家志弦先生を。

長期連載『はやて×ブレードはやて×ブレード』や傑作『ストロベリーシェイクストロベリーシェイク』がありながら、2020年4月現在連載がないというのはどういうことかと思うのです。

是非商業誌に復帰してほしい!

試しに読むなら、はやては4巻までを、もしくは一冊にまとまったストロベリーシェイクをどうぞ!

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
コメントする