このエッセイ漫画を読め!

一番下のコメントへ
1/5ページ
<<
<
1/5ページ
>
>>

年下の先輩ちゃんには、負けたくない。年下の先輩ちゃんには、負けたくない。』の、なめたけなめたけ先生。Twitterで連載しているこの作品

↓こちらの2話まで読んでみていただきたい!あ、エッセイだ…

「お母さん二人いてもいいかな!?」中村珍・中村キヨ LGBTに対する理解を深める、というよりは、こういうかたちの家族もありなんだなという気付きに繋がりました。 中村珍先生独特の絵柄もあり全体的に濃いですが、読み応えがあって面白かったです。 前日譚にあたる「ママ母手帳」も読もうと思います。

「お母さん二人いてもいいかな!?」中村珍・中村キヨ LGBTに対する理解を深める、というよりは、こういうかたちの家族もありなんだなという気付きに繋がりました。 中村珍先生独特の絵柄もあり全体的に濃いですが、読み応えがあって面白かったです。 前日譚にあたる「ママ母手帳」も読もうと思います。

@nyae

全部印象深いのですが特に息子に出生の秘密を話すシーンが忘れられないです…。
1つの家族の話として本当に色んな人に読んでほしい作品だなと思います。

中村キヨ,中村珍の『お母さん二人いてもいいかな!?』を読むなら全話無料(全13話)で読めるスキマ! | 体験,実話,女性漫画 | 電書バト | 「ねぇママ、俺も半分お父さんでできてる?半分は誰のコドモ??」 妻と妻で、母とママ母。女手二つの婦妻(ふさい)に、息子は問いかける。 昨今の大ブームに...

Twitterでバズっていた養子縁組マンガ、すごかったです。
日本では養子縁組を実現するハードルが高いうえ、世間では「お腹を痛めて生んだ地の繋がった、子供でも育てるのが大変なんだから子無しの夫婦によその子供を育てられるわけがない」というようなネガティブな見方が強い気がしますが、このマンガはそういう思い込み思い込みを吹き飛ばしてくれますね。

この取材は、娘さんも同席のうえで行いました。お子さんに養子ということは隠しておらず、わかりやすい言葉で少しずつ事実を伝えているそうです。そんな取材で私がいちばん思ったのは、この家庭に彼女が養子にもら…

「イケメン過ぎるゴリラ」というタイトル通りのいいギャグ漫画を描いてる作者の美術予備校時代を振り返るエッセイ漫画。オチの顔がいい。

君と胸鎖乳突筋 / ゴリラ・ゴリラ

最新話:8話 2021/02/25更新。再生(累計): 30529。 全話無料。 美大受験予備校の漫画。

海外に住んでる漫画家さんのエッセイが好きです。 かわかみじゅんこ「パリパリ伝説」 高橋由佳利「トルコで私も考えた」 楠本まき「A国生活」 おすすめがあったらぜひ教えてください!

海外に住んでる漫画家さんのエッセイが好きです。 かわかみじゅんこ「パリパリ伝説」 高橋由佳利「トルコで私も考えた」 楠本まき「A国生活」 おすすめがあったらぜひ教えてください!

@かしこ

白乃雪白乃雪先生が結婚してドイツに住んでらして、エッセイ3冊出してますけど面白かったです。今月新刊出るんで楽しみです。

白乃雪先生が結婚してドイツに住んでらして、エッセイ3冊出してますけど面白かったです。今月新刊出るんで楽しみです。

白乃雪先生が結婚してドイツに住んでらして、エッセイ3冊出してますけど面白かったです。今月新刊出るんで楽しみです。

@ナベテツ

白之雪先生の作品もドイツ在住の方のエッセイも読んだことないので気になる…!読んでみます:blush:またオススメあったら教えて下さい!!

吉本浩二先生の「淋しいのはアンタだけじゃない」は、エッセイというかドキュメンタリーになるかと思いますが、聴覚障害の想像を絶する実態をマンガ表現を駆使して描かれてます。 最後に明確な着地点があってスッキリ終わるような漫画ではないんですが、あの佐村河内氏にも取材を行って、そのようすも描かれているので興味があればぜひ。全3巻です。

吉本浩二先生の「淋しいのはアンタだけじゃない」は、エッセイというかドキュメンタリーになるかと思いますが、聴覚障害の想像を絶する実態をマンガ表現を駆使して描かれてます。 最後に明確な着地点があってスッキリ終わるような漫画ではないんですが、あの佐村河内氏にも取材を行って、そのようすも描かれているので興味があればぜひ。全3巻です。

@名無し

1巻出る頃に森達也さんの「FAKEFAKE」が公開されて、そっち見てから読んだんで色々興味深かったです。もっと読みたかったなあ。

1巻出る頃に森達也さんの「FAKE」が公開されて、そっち見てから読んだんで色々興味深かったです。もっと読みたかったなあ。

1巻出る頃に森達也さんの「FAKE」が公開されて、そっち見てから読んだんで色々興味深かったです。もっと読みたかったなあ。

@ナベテツ

同じく、もっと読みたかったですね。伝えられることはまだまだあるはず!
自分も映画見てから読んだ気がします。佐村河内さんに対する印象がすごく変わりました。

『日本人傭兵の危険でおかしい戦場暮らし』 傭兵って実際どうなのっていうのがわかりやすく書いてあって面白かったです。シビアなところと明るいところのギャップもすごい。絵柄とかはコメディチックなんですが読み応えありました。

『日本人傭兵の危険でおかしい戦場暮らし』 傭兵って実際どうなのっていうのがわかりやすく書いてあって面白かったです。シビアなところと明るいところのギャップもすごい。絵柄とかはコメディチックなんですが読み応えありました。

@名無し

これ面白そう

山本さほ山本さほ先生の猫エッセイ面白かったです。で、その後にナタリーの記事読むと「トルコ…!」ってなります。

話しかけると返事をするので会話もできます。 - 「おうち時間をともにする愛するペットを、思う存分自慢してもらいたい!」をテーマに展開中の、コミックナタリーのコラム連載「私とペット」。第19回には「岡崎に捧ぐ」などで知られる...

1/5ページ
<<
<
1/5ページ
>
>>
コメントする