あらすじ

NICUから小児科医へと移った斉藤。そこで斉藤が目の当たりにしたのは、医師不足が招く、小児科医の残酷な現実――。急患がいても受け入れを拒否せざるを得ない現在の体制に異議を唱える斉藤だが、何かを変えられるわけではない。小さな命を前に、斉藤は己の無力さを痛感することとなる。