あらすじ

「精神障害者を装えば無罪になると思ったんでしょうね」。伊勢谷が門脇に話したのは、とある推論に基づく“詐病”の可能性。門脇は取材を開始するも、「マスコミの論理」の前に、彼は無力であった。その頃、永大病院では早川がニュースによる事件報道を目の当たりにし、精神の変調を来していた。――悪いのは患者なのか?世間なのか?マスコミなのか?行政なのか?