あらすじ

「僕の目的は小沢さんの生きる場所を作ることです」「僕は医者でありつづけたいです」――一連の騒動の渦中にあってなお、自らの信念を貫く斉藤。新聞記者・門脇が魂を刻みつけた記事『精神医療の未来』が世間に発表されても、この世界の景色は昨日と何も変わらない。しかし、それでも、人は人を肯定して生き続けていく。昨日と何も変わらない世界の中で、斉藤はまた新たな一歩を踏み出していく――。「精神科編」、終幕。