02/27(木)まで
読める!
reread
また読みたい
フォロー
伝説のママ・ジルバの店BAROLDJACK&ROSE―――終戦直後から夜の世界で生きてきたホステスたちの高齢BAR。ホステスの平均年齢は70歳以上。人生の酸いも甘いも知り尽くした女たちが最高のおもてなしで、常連客たちを迎える。そこへ飛び込んだ一人の新人・笛吹新(うすい・あらた)、40歳。大手スーパーの倉庫で働く彼女は、恋人なし、貯金なし、老後の安心なしの崖っぷち人生。リストラで希望の職場も追われ、夢も、仕事も、結婚も、あきらめかけた彼女が、笑い、歌い、踊り、いつの日か忘れていた何かを取り戻していく。昼と夜、二足のワラジで働くことになった、見習いホステス・“アララ”。彼女のシングルライフに、どんな変化が訪れるのか!?
彼氏なし、キャリアなし、貯金なし、と切迫つまった40代独身のアララ。思い切って飛び込んだ先は、平均年齢オーバー60歳の高齢BAR!!店を開いた伝説のジルバママは他界したが、彼女を慕って集まった高齢ホステスたちはまだまだ現役。終戦直後から夜の世界で生きてきた、超ベテランの女性たちと働くうち、いつの間にか、アララに“心の貯金”が生まれていく。
ホステスの平均年齢が60歳オーバーの超高齢BAR「OLD JACK&ROSE」で40歳の新米ホステス笛吹新なんていつになってもギャル扱い!! 毎夜オールドレディに交じって飲んで、歌って、踊っていると不思議と憂さが晴れていく。心の扉を開き始めた新が知り始めたのは今は亡き伝説のママ・ジルバの過去にひっそりと眠る無辺の物語だった―――
高齢BAR「OLD JACK & ROSE」にあって40歳の新米ホステス・アララは、まだまだ若者扱いの日々。今までの人生にはなかった刺激を日々浴びながら少しずつお店になじんできた彼女に、重鎮ママの語った自身の若き日々、そして今は亡き伝説のママ・ジルバの過去とは…!? 戦中戦後の混乱と希望。現在の日本が抱える絶望と希望。その両方を描き抜く、著者渾身の最新刊です。([ビッグコミックオリジナル増刊号]にて絶賛連載中)
生き方を変えたアララを待つ未来… 完結巻! 高齢BAR「OLD JACK&ROSE」にあって新米ホステスだった不惑のアララは、そこで出会った様々な先輩方の思いを知ってOLとの兼業をあきらめホステス一本で生きる決意を固めた。戦中戦後の女性達が体を張って守り抜いてきた場所を今度はアララが受け継ぐ――! 女性たちの人生。この国で幸せに生きるということ。著書の思いがあふれ出す完結巻です!