あらすじ

「週刊バイブス」の人気連載『タンポポ鉄道』が実写映画化。原作者の八丹もお墨付きの面白い脚本が完成し、主要キャストが続々決定。しかし作品の肝である役を演じる大御所俳優の所属事務所が 脚本の改定、キャラクターの大幅変更を求めてきた! 誰のための映像化なのか、なんのための映像化なのか…。映画会社のプロデューサー、監督、脚本家、興都館の映像メディア部・小野田。作品を巡る彼らの闘いの末に出来上がった映画は…!?