一番最初に思ったのは夏Bの夏・嵐・蝉丸、
体力あり過ぎ。
地形が変わり、危険な動物がいて、食料も乏しい中、
九州から関東まで徒歩って、一般人にできることじゃない。
牡丹姉さんも『危ないから、シェルターの周りで
生活基盤を作ってから一緒に行こう』
って止めろよ。

夏のAチームは、花より17年昔の人間。
つまり、隕石で人類滅亡まで最低34年の猶予が
あったということだけど、それだけあったなら
義務教育に基本的なサバイバル技術の授業を入れるとか
シェルター以外もまともな対策ができた気がする。

冬のチーム好きだったけど、登場時は強烈に違和感あったなー。野球を軸にした話だからといって、巨大な虎を相手にバッティングで戦おうとしたのに吹いたし、最終的にナイフと素手だけで倒すのにもたまげた。吹雪さんが自分の服を与えて、踊ったまま死ぬのも絵面的にドラマチックだったが、フツーに身体を温めあってりゃ死ななくて済んだのにな…。あと虎の子どもを育てるのかと思いきや、犬の子を拾うように切り替えたとき。「虎の子は拾わないんかい!」と突っ込まざるを得なかった。

美鶴さんが踊りながら、凍死したのは
自殺だと思います。
夕鶴=鶴の恩返しになぞらえて、
与ひょう=吹雪が約束を破ったからと言ってたので。

秋のチームのせいで人間不信、
嵐が花の生存が絶望的で
ヤケになってたとはいえ、
新巻さんを置き去りにする
夏B3人は酷いと思った。
新巻さんも15年振りに人間に会ったのに、
あっさり諦め過ぎ。
花と会った時は「彼女に出会う為に生きてきたのだと思った」
よほど、花が好みだったのか?
ナツは子供過ぎてダメだったの?

夏A選抜編、小瑠璃の親友、繭。
初登場時と比べ、最終試験の時の方が可愛く描かれている。

いろいろ突っ込みたいにコメントする
『7SEEDS』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる