海野つなみを語るのに不可欠な作品

一番下のコメントへ

一話目から「そうくるか…」というただならぬ空気を察しました。もちろんいい意味でですし、読み終わって「さすがは海野つなみ海野つなみ…!!」と震えました。
毎度丁寧なあとがきにも書いてあるように、連載時は紆余曲折あった作品だったようです。なのでこうして新装版として6巻イッキ読みできることは幸せですね。

オムニバスですけど、殆どが同じ高校が舞台の話でキャクターもヨコやタテのつながりがあるので「回転銀河」というひとつの作品として読めます。

王道は絶対に行かないけど全部面白い、いろんな愛の話を描いた傑作です。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー