芹沢サンがなんだか過去の人になりつつあるのが物悲しい…。
1話でしょぼい中華屋のラーメンをひとり啜ってる姿とかグッと来てしまった。

芹沢さんの「老い」みたいなものを描くシリーズになるのか…再びあのキレ味で挑みかかってくるのか…復活を楽しみに読みたい。

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
Twitterで面白い発見をしてる人がいたので紹介。 こういう些細な点に気をつかうプロ意識すげぇな…… https://twitter.com/mako_0722/status/1377749532302184450

Twitterで面白い発見をしてる人がいたので紹介。 こういう些細な点に気をつかうプロ意識すげぇな…… https://twitter.com/mako_0722/status/1377749532302184450

@名無し

これはすごい…! 横から見るとはっきりわかるな
やっぱベテランってすごい

誰も指摘していないっぽいけど、今回のシリーズ、ストーリー協力している味いちもんめの「横川」のエピソードへのオマージュを感じる。
博打で身を崩して一流料亭からドライブインの定食屋でモチベーションは低下するが、そこで出会う人々の腹貯まりを優先した食事を見て、栄養学を学び直し、京料理から働く人の為の定食屋へと転身。
旧味いちもんめは1話完結だし、連続エピソードとラーメンの違いはあれど、創作麺からジャンク麺にという方向といい
味いちもんめを読み込んでるから、そう感じるだけかもしれないが、久部緑郎って味いちもんめに思い入れあるとか語ってたっけ?

誰も指摘していないっぽいけど、今回のシリーズ、ストーリー協力している味いちもんめの「横川」のエピソードへのオマージュを感じる。 博打で身を崩して一流料亭からドライブインの定食屋でモチベーションは低下するが、そこで出会う人々の腹貯まりを優先した食事を見て、栄養学を学び直し、京料理から働く人の為の定食屋へと転身。 旧味いちもんめは1話完結だし、連続エピソードとラーメンの違いはあれど、創作麺からジャンク麺にという方向といい 味いちもんめを読み込んでるから、そう感じるだけかもしれないが、久部緑郎って味いちもんめに思い入れあるとか語ってたっけ?

誰も指摘していないっぽいけど、今回のシリーズ、ストーリー協力している味いちもんめの「横川」のエピソードへのオマージュを感じる。 博打で身を崩して一流料亭からドライブインの定食屋でモチベーションは低下するが、そこで出会う人々の腹貯まりを優先した食事を見て、栄養学を学び直し、京料理から働く人の為の定食屋へと転身。 旧味いちもんめは1話完結だし、連続エピソードとラーメンの違いはあれど、創作麺からジャンク麺にという方向といい 味いちもんめを読み込んでるから、そう感じるだけかもしれないが、久部緑郎って味いちもんめに思い入れあるとか語ってたっけ?

@名無し

久部緑郎味いちもんめの最近のシリーズで原作?協力?みたいな感じで名前が入っていたような気がします。
言われてみると「横川」のエピソードに近い感じがしますね。

思い出しましたが「横川」が金が必要になったときに八百屋の不手際をでっち上げて野菜の仕入れ先を変えようとしたりとなかなか悪だった覚えがある

芹沢さんのパーソナリティは変わってないけど、歳をとったからこその穏やかな展開になっていて、これはこれで良いなとなった

ラーメン史を語る上で、80年代のB級礼賛の流れは悪いことばかりではなかったという話面白かったわ

おっさん2人相手にパパ活してると思われてるグルタで笑った

1/3ページ
<<
<
1/3ページ
>
>>
芹沢サンの勇姿をもう一度…!にコメントする
『らーめん再遊記』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる