天威無法 武蔵坊弁慶 1巻
天はなぜ世界に、この男を与えたのか――!? 遡ること千年の昔。時代は貴族から、武士の世へと変遷をはじめ、混迷を極めていた。だが、その時代、国を、根底から大きく揺るがす一人の“漢”(おとこ)が産声をあげる!!彼の名は“鬼若”(おにわか)。天地人、すべてを射抜く、その瞳が写すのは、安寧の光か、動乱の兆しか。源平合戦の新たな軌跡が、ここに!!
天威無法 武蔵坊弁慶 2巻
力とは、強さとは何か…。その答えを求め、源義経に導かれ、京の町に降り立った鬼若。そこで彼らを待っていたのは、武家政権を確立し、栄耀栄華を極める平清盛だった。絶対的な権力を誇る清盛に、鬼若は問う。“強さとはなんなのか”---。清盛が、示す答えは…!?“鬼”と“王”、二人の男が激突ーー!! 新解釈で描かれる源平絵巻、驚天動地の第2巻!!
天威無法 武蔵坊弁慶 3巻
清盛の力のルーツを探り、六波羅へ侵入した鬼若。そこで出会った謎の男“鬼一法眼”。彼が示すは、持つ者こそが覇を掴む呪力を秘めた巻物「六韜」。今、天下に名立たる英雄たちが「六韜」を求め、雄叫びを上げる───!!
天威無法 武蔵坊弁慶 4巻
謎の陰陽師「鬼一法眼」、「六韜」、「平治の乱」。幾重にも相交わる「縁」の連鎖が、鬼若の出生の謎を明らかにする!! そして対峙する源氏と平氏の貴公子、源義経と平教経。教経を前に義経が語る、幼き頃から蓄え続けた内に潜む闇の正体とは…!? 新説源平合戦、待望の第4巻!!
天威無法 武蔵坊弁慶 5巻
伝説の巻物“六韜”を求め、弁慶らが向かうは藤原秀衡が治める奥州平泉。だが道中、木曽義仲という思わぬ難敵と出会うことに……。因縁浅からぬ義仲との邂逅が、さらなる乱を呼ぶ!!
天威無法 武蔵坊弁慶 6巻
己の往く道、生き様に悩み、苦しんでいた弁慶。だが、源頼朝が告げた衝撃の事実が、弁慶に一筋の光明をもたらす!! 源氏、平家にまつわる因縁、六巻すべてを集めれば覇を握れるという伝説の巻物「六韜」。すべての因果が絡み合い、物語はさらに加速し、風雲急を告げる!!
天威無法 武蔵坊弁慶 7巻
貴族が治める腐敗した世を、この手で終わらせる。民の幸せの追求のため、理想を掲げた源義朝、平清盛、藤原秀衡。彼らが国家転覆を図り「平治の乱」を引き起こす。だが、その乱こそが、後々の源平合戦へと繋がる因果を生む、火種でもあった……。源平合戦のルーツに迫る第7巻、登場!!
天威無法 武蔵坊弁慶 8巻
藤原秀衡の治める奥州へと辿り着いた弁慶達。だが“六韜”の魔力に魅入られ、天下獲りの野望に憑りつかれた秀衡は、平清盛の治める京へ向けて進軍を開始する。「北方の王者」対「平家の頭領」。史上空前の大戦が今、始まろうとしていた……!!
天威無法 武蔵坊弁慶 9巻
“六韜”すべてを手にし、魔人と化した源頼朝。残された対抗手段は弁慶の持つ“傀韜”のみ。京・五条大橋で最後の戦いが始まる――!! 新説源平合戦、堂々完結!!

天威無法 武蔵坊弁慶

てんいむほう むさしぼうべんけい
天威無法 武蔵坊弁慶 1巻
天威無法 武蔵坊弁慶 2巻
天威無法 武蔵坊弁慶 3巻
天威無法 武蔵坊弁慶 4巻
天威無法 武蔵坊弁慶 5巻
天威無法 武蔵坊弁慶 6巻
天威無法 武蔵坊弁慶 7巻
天威無法 武蔵坊弁慶 8巻
天威無法 武蔵坊弁慶 9巻