本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『大人の青春くん』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題の種類に応じて書き方のヒントになる例文を表示します。
クチコミのヒントを表示する
タイトル
本文
大人の青春くん
大人の青春くん
とがしやすたか
とがしやすたか
あらすじ
愛すべきモテないオトコたちの哀歌! モテないヤツこそが正義!? モテないヤツこそがカッコイイ!? …平成元年の連載開始から29年! 決して女子に愛されることのないオトコたちの怒り、哀しみ、苦悩を描き続けてきた不朽不滅の4コマ漫画であります!! 
大人の青春くんの情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
青春くん

青春くん

青春くん、うじたくん、いとうくんはもてない男3人組。彼女ができることを夢見て、お互いに知恵を振り絞るが実ることはまずない。女性の多いというビーチにナンパに行っても全くもてず、結局3人で線香花火をしていたり、自慰行為の回数を競い合って一喜一憂したり。こんなにみじめながらも頑張る3人組であるが、彼ら以外にも個性派はまだまだたくさんいて…。超大河学園青春4コマ漫画の決定版!!モテない奴もかぶってる奴もコイてるやつもこいつで笑え!!
竹田副部長

竹田副部長

キャバクラ好き! 風俗大好き! 巨乳の若い娘はもっと好き!!な竹田副部長のエロパワーが炸裂! 年をとっても色あせないエロへの情熱と執念は見習うべし! 中年オヤジたちの下半身を元気にする抱腹絶倒ギャグ四コマ!

おすすめのマンガ

古々路ひめるの全秘密

古々路ひめるの全秘密

世界的用心棒高校生・一文字ツグムは、大富豪の娘・古々路ひめるの秘密警護のため日本の高校に転校。ある日、屋上に向かう彼女を追いかけ目撃したのは、ひめると一面の炎と巨大な◯◯◯◯(まだ秘密)!!「大丈夫…あたし、火属性無効だから!」彼女の秘密が否応なく非日常の扉を開く、ごちゃまぜ秘密エンタメ!
ブラックカラー~悪の組織をマネジメント~

ブラックカラー~悪の組織をマネジメント~

人材コンサルタントとして働くスガワラは、仕事が空回り行きつけのバーで管を巻く毎日。ある日、バーからの帰りに悪の組織「ブラックショック団」に連れされられてしまう。そこで要求されたのは、ヒーローを倒すための組織改革だった――! ブラック企業をマネジメントして、世界を征服せよ。超鋭角の人材業界スペクタクル、開幕!!
ドラマな恋は基本から

ドラマな恋は基本から

「35歳独身、彼女なし、実家暮らし」の平凡なサラリーマン・悠木慎史。独りで生きる未来に不安があるけれど、恋愛経験は少ないし婚活も怖い――。そんな悠木が、とあるアクシデントで医師・伴瑛理子と出会い、人生がひっくり返る「想像以上の恋」に落ちる!  大ヒット社会人恋愛漫画『この会社に好きな人がいます』の榎本あかまるが贈る、ミドサーから始める恋愛トレーニング!!
青春爆走!

青春爆走!

日暮まるおは高校デビューに失敗し、ありあまる性欲を持て余す日々を送っていた。しかしある日、尊敬する自慢の兄が逮捕されたことをきっかけに、まるおは青春を始めることを決意する。コンプレックスが爆発するセクシャルでインモラルな青春の行方は…!
バイバイバイ

バイバイバイ

<毎週日曜更新>僕の名前は青葉大嗣。何でも出来てクラスでも人気者な小学5年生。優しくてヒーローみたいな僕には悲劇のヒロインが必要なんだ。彼女の名前は暁咲茉さん。僕が可哀想な彼女に告白すれば全てうまくいくと思っていたのに…。
ハヴィラ戦記

ハヴィラ戦記

増刊ダイイチワにて“ストーリーが面白かった作品”・“世界観が魅力的だった作品”第1位の実力派新人、初連載!! 痛くて、苦しくて、美しい戦いの物語が巻頭カラーで連載開始!! 人間に“生”を管理された存在、ハヴィラ。ハヴィラの青年・忍野は自由を求めて…。
終わらないヨスガ

終わらないヨスガ

6歳までに始めていることが一流の卓球選手になる最低条件と言われている現代において、元メダリストの武嶋はその“常識”を打ち壊せる人物を探していた。そんなとき人との繋がりを求め卓球を始めた深堂縁と出会い、その不純物のないまっすぐな感情に可能性を見出していき――。元メダリストと孤独な少年が紡ぎだす、スポーツ界の“常識”に楔を打ち込むドラマチック卓球史。
シガンバナ

シガンバナ

一見平和なこの国には、殺し屋を狩る「殺し屋の殺し屋」が存在する。ターゲットを確実に始末し続ける彼は、相手に殺す意味を問う。自分の運命と生きるために。『骨が腐るまで』『なれの果ての僕ら』の内海八重が描く、生と死の間をたどる人間の、命のドラマ