🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ

それぞれ自立した4姉妹と、母親。父親は亡くなっている。
とりとめもないけど、社会を真摯に生きる女系家族を描く新連載。四者四様の人生を営んでいる姉妹たちの誰かに自分を重ねてもいいし、俯瞰からただなんとなく眺めているでもいい、というような気持ち。

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>

お父さん(おじいちゃん)いいですね!
岳くんにおじいちゃんの記憶が残っていて本当によかったです。
お父さんも嫌いにはなれない感じがあります。宝箱にもらったおもちゃをしまっていたりとか。
山田くんにどこか虚無的な表情が見えるのは、家族の幸せの陰に別の家族の悲しみがあるのを感じているからかもしれないと思いました。

岳くんの頭の良さはイチ姉譲りだったんですね。イチ姉さんすごいな。
市役所に就職した太重姉も優秀そう。だから二人は以前にぶつかっていたのかな。
茉子姉さんはふんわりしていて、誰とも喧嘩したりしない感じ。仁衣さんもしっかりした人なので、茉子姉さんはみんなの調停役だったのかも。
お母さんのお弁当美味しそう。ハムとチーズ入りとんかつ食べたい!
「転んだらおしまいだ」とイチ姉にも岳くんにも言われて、お母さんは「なんだ、親子で同じこと言って」とか言ったのではないかと思いました。

太重ちゃんの貯金箱から家族の性格とか関係性が見えてくるのおもしろいですね。茉子ちゃんの知られざる苦労を知って切なくなりました…

茉子ちゃんの店の常連だった大学教授の話。誰も悪くないのに切ないですね…。でも今もメニューに出してるってところが茉子ちゃんらしくていいなと思いました。

茉子ちゃんの店の常連だった大学教授の話。誰も悪くないのに切ないですね…。でも今もメニューに出してるってところが茉子ちゃんらしくていいなと思いました。

茉子ちゃんの店の常連だった大学教授の話。誰も悪くないのに切ないですね…。でも今もメニューに出してるってところが茉子ちゃんらしくていいなと思いました。

@名無し

今は、糖尿病だから〇〇を食べてはいけない、というふうにはしないそうです。茉子ちゃんのメニュー、いかなごとか五穀米とか、体に良さそうな気がするんですけどね。茉子ちゃんの料理をまた食べられることを励みに、健康管理を頑張って、また来られるといいですね。

ファッションブランドの歴史ってとても興味があります。ondeさんのような量産をしないところや、手に取りやすい価格で沢山の人が買うところ、色々あるけど服ってほんとに良い。山田の意識もだんだん変わるかな。

さくらもちは「ピンク」が下だよ、と突っ込みながら読んでしまったけど、シャツを「安物」と言った山田君をたしなめるondeさんとか、アフリカのファッションを取り扱うことについての仁衣ちゃんの考えとか、今回は「珠玉」といいたいようないいところがいくつもあった。私も、コーラルピンクもショッキングピンクも、さくら色もとき色も、なんでも「ピンク」と言ってしまうのは嫌いなので、仁衣ちゃんの言うことにはとても共感できた。
繰り返し出てくる、ondeさんの好きなショートケーキは、上質なものの象徴だったのかなと思った。だからondeさんは仁衣ちゃんに勧めていたのかも。
最後に入って来たLINE(メール?)・・・良かったね!

仁衣ちゃんがちょっと古めかしい男言葉を使うのは、女性の多い家族の中で、岳くんが女の子っぽくなってしまわないように、あえてそうしているのかな。

八条寺家で岳君と山田君が会うとは予想していなかった。なんとなく仲良くなりそうな二人だけど、もしもお父さんが同じ人だったりしたら、二人も、仁衣ちゃんもショックを受けそう。仁衣ちゃんは自分の家族の話を山田君にしているけど、山田君はどう思っているんだろう?

八条寺家で岳君と山田君が会うとは予想していなかった。なんとなく仲良くなりそうな二人だけど、もしもお父さんが同じ人だったりしたら、二人も、仁衣ちゃんもショックを受けそう。仁衣ちゃんは自分の家族の話を山田君にしているけど、山田君はどう思っているんだろう?

八条寺家で岳君と山田君が会うとは予想していなかった。なんとなく仲良くなりそうな二人だけど、もしもお父さんが同じ人だったりしたら、二人も、仁衣ちゃんもショックを受けそう。仁衣ちゃんは自分の家族の話を山田君にしているけど、山田君はどう思っているんだろう?

@名無し

自分も驚きました。あ、ここで会うかー、と。
日記読んだときの山田の反応を見てしまうと、もしものことは起きないでくれ…とか思っちゃいます。

太恵姉の目の鋭さすごい刺さる…四姉妹のつながりの強さが伝わった。
そんななか山田と岳はどんどん仲良くなってゆく。

岳君のおっとりした性格は誰に似たんだろう。不思議。プレゼントをもらうばかりで自分ではあげなかった、というのは、女性たちに可愛がられて育ったからかな。
彼女がいたことがあるとは意外。

太重姉さん、「おまんじゅう」はひどい!我の強い姉妹の中で、茉子さんは貴重な存在だと思うけど。あ、茉子さんもおっとりしている。

山田君と岳君が仲良くなればなるほど、山田君は後で傷ついてしまいそうな気がする。山田君のお母さんエゴがきつすぎる。
岳君のお父さんがどんな人かまだよくわからないけど、もしかすると、このお母さんから岳君を守るには、連絡を絶つしかないと思ったのだろうか・・・(今回、やっぱり岳君と山田君はお父さんが同じなのでは、と思ってしまいました)

山田くんが母親のことをどう思ってるのかハッキリ語っていて心が痛みましたね。
親でなければ関わりたくなかったくらいの人間なのに、誕生日プレゼントは買ってあげる…子の親に対する美しい愛情とは素直に思えなかった^^;

さいごに仁衣ちゃんが言ってた、どうしても手に入れたいって感情が湧けば、いらないものを手放す事もできるようになるのではないだろうか。

山田君は、自分がお母さんの不倫中にできた子供だということも、お父さんにはほかに子どもがいることも知っている、と今回わかった。
そして、山田君は似衣ちゃんの日記を読んだし、岳くんのお父さんがお母さん(イチ姉)を捨ててほかの女性に走ったのも知っている。岳くんと自分が一歳違いのことも。
それでも、岳君を誘って似衣ちゃんへのプレゼントを買いに行ったり、そのあとラーメンを食べに行ったりしている。
彼は自分が岳君ときょうだいかもしれないとは思っていないのだろうか。それとも知っていて誘っているのだろうか。もし「八条寺」という名前を聞いたことがあったら、珍しい名前だから偶然とは思えないだろうけど。

ウォータースライダーに岳君と乗ったお母さんがキュート。怖いのに頑張りましたね。
山田君は社会人なのに、「今まで会った人は108人より少ない」って?何か事情があって外に出なかった時期があるのかな。

髪を一か所だけ結んだ似衣ちゃんも可愛いですね。
山田くんと岳くんとたっちゃん、これからどんな話をするんだろう。それとも今回はこのまま解散?

1/2ページ
<<
<
1/2ページ
>
>>
コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー