新装版 森文大学男子寮物語

しんそうばんしんぶんだいがくだんしりょうものがたり
著者:山中ヒコ
最新刊:
2015/07/10
しんそうばんしんぶんだいがくだんしりょうものがたり
新装版 森文大学男子寮物語
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
この作品のお気に入り度は?
星をタップしてお気に入り度を入力しましょう
メモ(非公開)
以下のボタンから感想を入力することができます(別ウィンドウが開きます)
感想を投稿
完了する
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『新装版 森文大学男子寮物語』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題の種類に応じて書き方のヒントになる例文を表示します。
クチコミのヒントを表示する
タイトル
本文
新装版森文大学男子寮物語
新装版森文大学男子寮物語
山中ヒコ
山中ヒコ
あらすじ
男子60人、共同生活。バカで必死な青春の日々。名門・森文大学のオンボロ男子寮。ここに住まう寮生たちには、優秀なれど毎年毎年おかしなヤツが出るもので。不倫OLにコロっと落ちた花本(はなもと)に、3股浮気男な宇田川(うたがわ)、秘密のモテ系童貞・地井(ちい)、…etc. 男60人の共同生活には、バカで楽しい事件を起こすヤツが潜んでいる。そんな彼らが織りなす、男子青春ドラマ新装版、描き下ろしを新規収録。
新装版 森文大学男子寮物語の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
后と河(分冊版)

后と河(分冊版)

洪水で多くの人命を奪ってきた大河を治めるため、周囲に無謀と呆れられた治水工事を上奏していた王佳。唯一、皇帝だけがその思いを認めてくれ、昼は役人、夜は妹の身代わりの妃として一年間後宮へ入ることになる。脇目も振らず治水だけに邁進してきたせいで、王佳は後ろの穴を清められた意味も分からないまま「規則だから」と言う皇帝に従い、後宮での初めての夜を共にすることになるが…?※この作品は『GUSH 2024年3月号』に収録されています。重複購入にご注意ください。
イキガミとドナー 二人のイキガミ

イキガミとドナー 二人のイキガミ

【春人編】官僚・柴田を愛した一人目の戦神死が二人を分かつまでーーーー舞台は未来世界。防衛省の新人官僚・柴田は国を守る最強戦闘種“イキガミ”・春人のドナーだと判明した。ドナーはイキガミの唯一の癒し手。春人を懐柔し、国のために操ろうとする柴田だったが、心柔らかな少年の春人は、すぐに柴田に恋してしまう。生死をかけたパートナーシップを結ぶ自分たちの関係に苦悩しながらもひたむきな想いを傾けてくる春人に、柴田の心は徐々に溶け始めーー。ドラマチックSF、待望のスピンオフ!
イキガミとドナー

イキガミとドナー

「お前の血も肉も全て俺のものだ」戦神と癒し手、魂を預け合う恋。舞台は未来世界。ある日、平凡な教師の吉野は、国を守る最強戦闘種“イキガミ”の鬼道のドナーだと知らされる。【ドナーの体液は、イキガミの傷を治せる唯一の薬】という衝撃の事実とともに、強制的に鬼道と同居することになった吉野。傍若無人な獣のような鬼道に乱暴に体液を要求されるが、次第にその孤独な素顔があらわとなり――。「いつかドナーと出会ったら、愛してくれるかもしれない。そう思って生きてきた――。」
クラスで一番可愛い子

クラスで一番可愛い子

「どうして私は可愛く生まれなかったの?」 推しに認識されるため、整形を繰り返した女の子 とあるイケメン俳優にハマったえりは、出待ちをしても塩対応しかもらえない。「わたしがもっと可愛かったら」。そう思ったえりは、簡単な二重整形手術に挑戦し可愛くなれた!と浮かれるが、やはり推しからは認識なんてされやしない。「…まだダメなんだ」と思ったえりは貪るように、整形手術をくり返し、元の顔の跡形もないかわいい子になっていった。そして、ついに推しとリアル友達の男子とつながりを持つことに成功し―――。整形×ファン心理ほか、2本を収録した短編集。
王子様と灰色の日々

王子様と灰色の日々

酒飲みの父、貧しい家。不幸を仕方ないとあきらめ過ごす高校生の敦子(あつこ)は、ある日、大金持ちの男子、至(いたる)・遼(りょう)・信也(しんや)と出会ったことで運命が反転。瓜二つの、乃木(のぎ)グループの跡取り息子・至の身代わりに仕立てられる。「王子」となった敦子が、「宮殿」の中で得たもの、そして失ったものとは――?――この世で一番不幸なことは、人を好きになること――。“王子”達の切なく美しいラブ・ストーリー。
死にたがりと雲雀

死にたがりと雲雀

朽木(くちき)――過去にいわくありげな、一人の浪人。雲雀(ひばり)――家に居つかぬ父を待つ、長屋の少女。朽木が荒れ寺に開いた寺子屋に、雲雀が通いはじめ、二人は次第に心を通わせるようになる。だが、雲雀の父が起こした事件によって事態は急転。雲雀は朽木に罪をかぶせようとするが……!?俊英・山中ヒコが描く、欠けたる者同士が寄り添って生きる、江戸・下町の人情譚。
エンドゲーム

エンドゲーム

好きになったのは、世界でいちばん優しくて残酷な人。克哉は共に暮らす親代わりの青年・透に道ならぬ恋心を抱いていた。ある日亡くなった母の知り合いだという男から、母の死は事故でなく轢き逃げ──殺されたのだと聞かされる。母の記憶はおぼろげで実感の湧かない克哉だったが、遺留品から、透が犯人かもしれないという疑惑が生まれ……!?無知で幸福だった日々の終わりへのカウントダウンが始まる。胸を刺すドラマティック・ストーリー!!
丸角屋の嫁とり

丸角屋の嫁とり

武家の庶子である鈴は、本妻の目を恐れ男の身で女として育てられた。美しく成長した鈴はある日、町でならず者に絡まれたところを町人の新三郎に助けられる。以来、男というものへの憧れを育て始める鈴。だが父から借財のカタに嫁入りを命じられ……?表題シリーズほか、年下攻リーマンシリーズ「新しい武器」を収録。
初恋の70%は、

初恋の70%は、

何でもそつなくこなすモテ男の春日部は、陸上部の杉山のひたむきに走る姿を目で追ううちに興味を覚え、妄想の中で彼にいやらしいことをするようになってゆく。仲良くなりたいのに話しかけることもできないでいたある日、文化祭の実行委員会で杉山と一緒になるが……?高校生同士のもどかしい恋を集めたデビュー・コミックス!!