親しんだ瀬尾作品で世代がバレる説

過去作のキャラを登場させる手法は瀬尾作品では常套ですが、最新作「ヒットマンヒットマン」で柚希と青大たち「君町」キャラがこれまでになくガッツリ話に絡んできていたので、久しぶりにまた君町が読みたくなってしまいました(思うツボ)

マガジン誌上で、くっついたり離れたりする少女漫画的なストーリーといったら「ドメカノ」の流石景先生が台頭するまえは瀬尾氏の代名詞だった気がします。

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

store