一番下のコメントへ

 バーチャル空間「64 TOKYO」の管理者である主人公が、VRと現実とでリンクして起こった殺人事件に関わっていくという話です。

 前作「エリアの騎士」では本筋のサッカー以上にヒロインの"セブン"が人気を博していましたが、かなりタイプは異なるものの今回は知的なクールビューティーって感じでこれまた良き感じです。今回も原作は樹林先生ですが、ベテランが近未来を舞台にどのような味を見せてくれるのか楽しみです。

1/4ページ
<<
<
1/4ページ
>
>>

ファンタジー世界に普段着で侵入するのじわじわ面白い。
死んだらアウトだし本格的にSAOみが増してきたな。

トウキョウ・ルシファー何度見ても名前もビジュアルも変態ぽくて笑ってしまうwww

「お前なんか敵じゃない」というジンタの言葉は、64で神さまをやってた自負からなんだろうか

たまに現実世界とVR世界どっちなのか読んでてわからなくなる。
そういう効果を狙ってあえてハッキリとは描き分けてないのかな。

ついにあのNPC母娘が現実に…

相手のピエロがトモちゃんと龍子が男に下卑た目を向けてるけど、その場にいるの全員男で草
実質BLでは:thinking:

重力独楽(グラビティスピン)

「0Gから100Gに!」

中二病全開のバトルで嫌いじゃない(笑)
だけど、「0G」はないだろ・・・と思ったが、
VR世界だからこそ有り得るとも考えられるか。

西こと九条先生登場。「現実とVRの区別がなくなったビットミュータントの世界にはじまりの神・ジンタは秩序もたらすことができるのか」という問題提起がされた回だった

最後に出てきた3人が全員少年漫画っぽいキャラでめっちゃ気になるわ

ついにトモちゃんがパンツ隠すようになった!
心まで女の子になってきたってことかなぁ…
たまらんね!!

久しぶりにブラックホールを武器にする奴を見たわ

久しぶりにブラックホールを武器にする奴を見たわ

@名無し

ブラックホールを武器にする奴

…他にもいるんだww
重力とかブラックホールとか、想像力が強さの源なら「ビットミュータントの世界」はオタクフレンドリーになりそうだな

ブラックホールをホワイトホールでメタるの当然みたいな流れじわじわきますね
camera

ブラックホールをホワイトホールでメタるの当然みたいな流れじわじわきますね

ブラックホール...
@名無し

ブラックホールからホワイトホールの流れほんと笑ったwww

そしてついにトウキョウ・ルシファーが登場。病気の女の人がなぜあんな極悪なVR世界を作ったのか…全然予想できん

今週はついにとタイトル回収回…!!「神様の恋人」とは、トモちゃんのことではなく須賀さんのことだった。(とはいえ、トモちゃんはもう心身ともにジンタの恋人みたいなもんだし今後どうなる…?)

ジンタは崩壊に巻き込まれれてないよね…?はじまりの神様だもん

・他人が舞花のアバターを使う ・舞花が他人のアバターを使う ・舞花が舞花のアバターを使う 3パターンあるうち、ずっとVR舞花はなりすましだと思ってたけど、16話を読んでこれは本人パターンかなと思った。 病気の舞花先生が、64の肉体変化を利用して自分の病気の治療を試してるんじゃないかな? 男が女になるくらいだから病気の人間が健康な肉体のアバターを使えば治りそう

・他人が舞花のアバターを使う ・舞花が他人のアバターを使う ・舞花が舞花のアバターを使う 3パターンあるうち、ずっとVR舞花はなりすましだと思ってたけど、16話を読んでこれは本人パターンかなと思った。 病気の舞花先生が、64の肉体変化を利用して自分の病気の治療を試してるんじゃないかな? 男が女になるくらいだから病気の人間が健康な肉体のアバターを使えば治りそう

@たか

肉体を治したかったのは舞花先生じゃなくてマミ(ルシファー)だったとは

ジンタはどうやって神様としてケリをつけるつもりなんだろう

お、終わっった〜〜〜!!!!

初めジンタが望むように(昭和105年度の世界に)64を書き換えて、現実世界を変えてしまったのかと思ったけど、冒頭のページを読む限り違うんだろうな。

「VRと現実世界の区別がなくなった結果、ある日2つが一体化してしまったけれど、それを誰も観測できなかった(※九条先生を除く)」というジョジョ6部パターンか…

人にもよるんだろうけど、このオチのぶん回し方は野崎まどっぽいSF感で嫌いじゃない。

約1年間連載お疲れさまでした。

1/4ページ
<<
<
1/4ページ
>
>>
コメントする
また読みたい
フォロー