(有)豊和精機製作所さんのTwitterより。恵介のショットガンのモデルらしい、アメリカのウィンチェスター社のM97ショットガンです。製造された年は1918年で100年以上前ですね( ´・∀・`) 若い方が購入されたそうです。ちなみに恵介のものは、銃身に丸い穴がたくさん空いた「ヒートカバー」という発砲時に銃身の熱から手を守る部品が付いていますが、日本では「軍用」と見なされるために銃剣を装着する部品とともに外してあります、
camera

(有)豊和精機製作所さんのTwitterより。恵介のショットガンのモデルらしい、アメリカのウィンチェスター社のM97ショットガンです。製造された年は1918年で100年以上前ですね( ´・∀・`) 若い方が購入されたそうです。ちなみに恵介のものは、銃身に丸い穴がたくさん空いた「ヒートカバー」という発砲時に銃身の熱から手を守る部品が付いていますが、日本では「軍用」と見なされるために銃剣を装着する部品とともに外してあります、

(有)豊和精機...
@名無し

おお…カッコイイ…

ネットで他の画像も調べてみましたけど、確かにグリップのところとか見るとこれだなって分かる。100年前の銃でもちゃんと手入れすればキレイに使えるんですねぇ

おお…カッコイイ… ネットで他の画像も調べてみましたけど、確かにグリップのところとか見るとこれだなって分かる。100年前の銃でもちゃんと手入れすればキレイに使えるんですねぇ

おお…カッコイイ… ネットで他の画像も調べてみましたけど、確かにグリップのところとか見るとこれだなって分かる。100年前の銃でもちゃんと手入れすればキレイに使えるんですねぇ

@名無し

多分、飾るだけでも充分かと(((^^;)100年前の代物なら壊れそう。それに修理するにも交換部品もなさそうだし。せめて、1970年製とかならw
しかし、作者もよくこんなショットガンを知っていましたよね。普通は今でも流通しているレミントンやベネリとかのショットガンがあるのに。

reread
また読みたい
フォロー

ここでも話されています

似ている作品

二宮正明の他の作品

二宮正明の別名義

漫画ゴラクつながり

いまなら無料で読める

最新のクチコミ

注目の新連載

特集