ネタバレ
閉鎖的な村を描くサスペンス新連載

一番下のコメントへ

都市部から遠く離れ、山間に位置して外部との交流がほとんどない村っていう設定だけで、ご飯三杯いけるほど好きな設定。

絶対によそ者には厳しいに決まってるし、隠された因習なんて当たり前。
行動はすべて筒抜けだし、監視されているような気分になる、っていうか、たぶんたぶん常時監視されている。
隣近所が無関心な都会から来たのなら余計にそう感じるに違いない。
刺激のなかった村にとって、よそ者など絶好の噂の種だ。

さらに、この話では主人公が警官である。
外部の人間な上に、法律という明確なものさしを持っていて組織に属していて、村の中のヒエラルキーやルール、関係性とはまた違う部分での権力を持った明らかな異物だ。
偏見かもしれないが、こういった村は強烈な内と外の価値観を持っているので、内の人間が何かしでかしても村ぐるみで隠そうとする、らしい、ようなことを聞いたことがある。
警察も抱き込めるのであれば抱き込むし、それが難しければ嫌がらせ、村八分をするだろう。
本当かは分からないが、癒着が危ないので、こういった土地への警官は地元出身の人は絶対に派遣されないようになっていると聞いたことことがある。
さっきからずっとあやふやなのは、すべて又聞きか漫画で得た知識でソースを調べてないからだ。
調べたくない気持ちがあるのは、僕の中でこういった村の存在はファンタジーとして置いておきたい気持ちが少なからずあるから。
だって・・、詳しく知りすぎてないほうが妄想の余地があってワクワクして楽しいじゃない!

とまあ、こんな気持ちでとてもワクワクして期待して読むことになりそうで、さっそく一話目からすごくねっとりした感じの村人たちがたまらなく気味が悪くて最高だ。
絶対に何かを隠している。
なんだろう・・。
冒頭に出た「人食い」の話・・まさかねー。
でも、タイトル「ガンニバルガンニバル」って、あの「ハンニバル」から来てるよね絶対、「羊たちの沈黙」の食人趣味のある猟奇殺人鬼「ハンニバル・レクター」から。
そして癌か、銃か関係してるのか、また別のものか。

そういえば、人を食糧としたり害を成す存在の漫画って面白いものが多い。
特に最近に多いイメージなんだけど、
寄生獣寄生獣
進撃の巨人
テラフォーマーズテラフォーマーズ
東京喰種
約束のネバーランド約束のネバーランド
ファイアパンチファイアパンチ
ゾンビ系の漫画
などなど。
ハンターハンター」もそうか。

さてさて、この漫画はどう展開していくのか、読むのが楽しみ!

1/44ページ
<<
<
1/44ページ
>
>>

大悟たちの突入シーンも見たい。その時に大悟はサブさんに確かめるのだろうね。
「あんた…なんで自分の孫を後藤家に差し出した?」
「…父親がどこの馬の骨かわからんのや、当然や!!」
加奈子さんが子供を見つめている。
「加奈子さん。その子があなたの子です。」
3年前、後藤 銀に取られた子…その男の子を見つめ、抱きしめて抱きしめて泣き崩れる加奈子。それを見ていた大悟も残りの二人の子供を抱き抱える。やっと救えた…大悟の脳裏に妻と娘の姿が浮かぶ。

もしこれで、加奈子さんの子供の父親がサブさんだったら外道…畜生、供花村は廃村。

せっかく、サブさんが自供しようとしたらこれだよ…よく警官たちが死ぬマンガになったね。軽トラの荷台からマシンガンで掃射って…深作欣二監督の「仁義なき戦い」を思い出すわ。
おそらく、署長さんや県警の刑事コンビは生きていると思うから大悟たちの反撃に期待!!

サブさん、初めて大悟のこと「阿川さん」って言ってた。本当に後悔したのだろうね…娘から子供を取り上げたことを。
後藤家の残党、警官隊の銃器でより凶暴化してる。本当にギャングやマフィアじゃん。サブさん家の庭で撃たれたお巡りさん達、かわいそう…最終回に向けてヤケクソ気味な展開にも見える。本当に「Gun ニバル」

えーと、話を整理ね

1.サブたち村人たちは後藤一家に洗脳されて、後藤家食人祭のために、子供を供出してた。
2.ダイゴたち警察が、サブたちを逮捕したことにより、目が覚め洗脳が解けたことにより、署で自供を決心した。
3.自供されたら困る後藤家足軽軍団が軽トラからサブたちを射殺した。

ってこと?

でしょうね。サブさんの場合は都会に出ていた加奈子さんが妊娠して帰ってきたことが原因で、父親のいない子供でも産んで育てたいと言う彼女を見かね、後藤家に相談した上で子供を取り上げたのだと思います。しかし、実の子と再会して涙を流す娘を見て、自分が間違っていたのだと気付くサブさん。射殺されずに事情聴取されていたら、後藤家による村の支配体制から狩野一家への仕打ち、子供たちの生け贄制度などをすべて語っていたでしょう。

もうアクション全開!!今までの水面下での騙し合いはなんだったのか?と思うぐらいの展開!!大悟の機転の速さと反撃は凄まじいですね!サブマシンガンで応戦する姿がかっこいい。しかし、こんな事態に対応できない日本の警察官を皮肉っているような気もしますね…銃撃戦の経験がないから仕方がない。神山さん、椎名さんもがんばれ!

翼を殺してこの村まで来た大悟が奇しくも同じシチュエーションに追い込まれてしまった。
人質を取られた状況でもう一度撃つのか、撃てるのか…?

多分、加奈子さんのアクションが見られるかも。父親を殺され、我が子を死産だと言って拉致していた連中…しかも龍二には子供の時にいじめられていたことも。そいつが今、自分らに銃を向けている…
「何なの…」
その瞬間、龍二は顔にすごい痛みが走った。そこには鬼のような顔をした加奈子が立っていた。

最終回に向けて、アクションも急展開を見せたガンニバルガンニバルに登場した銃器について説明したいと思います。詳しい方々には退屈かもしれませんが。
後藤家にやってきた警官隊の主武装であり、後に岩男や大悟も使用しているサブマシンガン、H&K MP5。RASバージョンです。世界視野では、M4ライフルなどに押されて使用頻度が少なくなっていますが、日本の警察では現役の銃器です。特徴としては、高い命中精度に拳銃弾使用による低反動の射ち易さなどが挙げられ、フロント部分のアンダーレールにグリップやライトなどを取り付けできます。
真さんが持っている拳銃は、同じくH&K USPのコンパクトモデルです。MP5と同じ弾薬を使用する拳銃で、ドイツ警察に正式採用されています。日本の警察ではこのモデルの発展型であるP2000という拳銃がSPの警察官に採用されて使用されています(映画「藁の盾」で大沢たかおさんが使用した)
大悟や神山さんら私服警官が、サブさん宅に踏み込んだ時に使用していた拳銃はSIG P230JPです。上記の銃と違い少し威力の劣る380AUTO弾を使用する拳銃です。おそらく、この時に大悟が使用したのは署長さんの拳銃だと思います(山中で紛失したので、署長さんが自分の拳銃を貸した)
多分、これら以外にもまだほかの銃器は登場しそうですが、今からも活躍すると思います。ちなみに、上記の銃器は日本では東京マルイとKSCというメーカーがエアーガンやモデルガンで出しています。

もし大悟の娘さんを拉致するなら、村から大悟と家族を脱出させてしまったあのオタク風コンビの登場かも。山伏さん、大丈夫かな?

洋介…お久しぶり。どんどん減っていく後藤さん一家の人達。ここからは恵介、洋介兄弟の動向がカギなのかな?
残りのキーマンは、宗近さんや藍さん親子。あと気になるのは、大悟は正宗さんからどんな話を聞き出せたのだろうか…ああ、宮司の神山と刑事の神山が少しダブる、紛らわしいww

…この女刑事、なんか真ってやつに似てるよなあ。もしかして
① 保護しに来た刑事のどちらかが、後藤家の内通者。そのまま、拐われる。
② ホテルの外で後藤家の人間たちが張っていて、刑事たちと出てきたところを襲われて拐われる。
③ 刑事たちの活躍で誘拐は失敗。
まあ、③はないと思う(ガンニバルガンニバルだからw)でも、大悟の娘を拐えば本当に後藤家の人間たちの命はないだろうな…それに県警の神山さんらや洋介がいるので、大悟も打つ手はある!!いよいよクライマックスかな。

千堂…強すぎる。大悟って、県警では有名な存在だったんだ。
しかし、本当に警察に後藤の人間がいたなんて…クズ過ぎる。後藤家の人間の特徴「八つ当たり」

1/44ページ
<<
<
1/44ページ
>
>>
コメントする
reread
また読みたい
フォロー