ネタバレ閉鎖的な村を描くサスペンス新連載

一番下のコメントへ

都市部から遠く離れ、山間に位置して外部との交流がほとんどない村っていう設定だけで、ご飯三杯いけるほど好きな設定。

絶対によそ者には厳しいに決まってるし、隠された因習なんて当たり前。
行動はすべて筒抜けだし、監視されているような気分になる、っていうか、たぶんたぶん常時監視されている。
隣近所が無関心な都会から来たのなら余計にそう感じるに違いない。
刺激のなかった村にとって、よそ者など絶好の噂の種だ。

さらに、この話では主人公が警官である。
外部の人間な上に、法律という明確なものさしを持っていて組織に属していて、村の中のヒエラルキーやルール、関係性とはまた違う部分での権力を持った明らかな異物だ。
偏見かもしれないが、こういった村は強烈な内と外の価値観を持っているので、内の人間が何かしでかしても村ぐるみで隠そうとする、らしい、ようなことを聞いたことがある。
警察も抱き込めるのであれば抱き込むし、それが難しければ嫌がらせ、村八分をするだろう。
本当かは分からないが、癒着が危ないので、こういった土地への警官は地元出身の人は絶対に派遣されないようになっていると聞いたことことがある。
さっきからずっとあやふやなのは、すべて又聞きか漫画で得た知識でソースを調べてないからだ。
調べたくない気持ちがあるのは、僕の中でこういった村の存在はファンタジーとして置いておきたい気持ちが少なからずあるから。
だって・・、詳しく知りすぎてないほうが妄想の余地があってワクワクして楽しいじゃない!

とまあ、こんな気持ちでとてもワクワクして期待して読むことになりそうで、さっそく一話目からすごくねっとりした感じの村人たちがたまらなく気味が悪くて最高だ。
絶対に何かを隠している。
なんだろう・・。
冒頭に出た「人食い」の話・・まさかねー。
でも、タイトル「ガンニバルガンニバル」って、あの「ハンニバル」から来てるよね絶対、「羊たちの沈黙」の食人趣味のある猟奇殺人鬼「ハンニバル・レクター」から。
そして癌か、銃か関係してるのか、また別のものか。

そういえば、人を食糧としたり害を成す存在の漫画って面白いものが多い。
特に最近に多いイメージなんだけど、
寄生獣寄生獣
進撃の巨人 attack on titan進撃の巨人
テラフォーマーズテラフォーマーズ
東京喰種トーキョーグール リマスター版東京喰種
約束のネバーランド約束のネバーランド
ファイアパンチファイアパンチ
ゾンビ系の漫画
などなど。
HUNTER×HUNTER カラー版ハンターハンター」もそうか。

さてさて、この漫画はどう展開していくのか、読むのが楽しみ!

2/36ページ

残念!今週は1日遅れだったww 誰かもう読んだ人いたら、大まかでいいから今週の話、教えてください。気になる(ー_ー;)

どうやってエピテーゼ男は生き延びれたのやら。
普通の病院に運んだら警察呼ばれて騒ぎになるし、バレないで治療なんて出来ないやん。エピテーゼどうやって手にいれたんや。

今回のお話は、なんか絵がラフっぽくない?
京介っていうのか。回想シーンで、このオッサンは口に何を加えているのかと思ったら…多分、京介の救出劇は恵介が藍さんと一緒にやったとか。

「母さんはそれでいいのかよ!?自分の子供だろ!?」
「…恵介」

あの日…祭りで親子二人だけでの決死の大芝居が打たれた。息子を、弟を救うための。

どうやってエピテーゼ男は生き延びれたのやら。 普通の病院に運んだら警察呼ばれて騒ぎになるし、バレないで治療なんて出来ないやん。エピテーゼどうやって手にいれたんや。

どうやってエピテーゼ男は生き延びれたのやら。 普通の病院に運んだら警察呼ばれて騒ぎになるし、バレないで治療なんて出来ないやん。エピテーゼどうやって手にいれたんや。

@名無し

病院にも警察にも行けなかったから、京介の顔はあんなに酷いままなんだと思うけど。当時にもし病院に行っていれば、はるかにマシな顔にはなっていたろうに…熊に襲われて顎の肉が剥がれた人ですらきれいに顔が元通りになっているのに。
もし藍さん親子が警察にでも行けば、睦夫みたいな特攻隊が報復に来るだろうし…もはや、狂信な教団だよ。後藤家って。

今回のお話は、なんか絵がラフっぽくない? 京介っていうのか。回想シーンで、このオッサンは口に何を加えているのかと思ったら…多分、京介の救出劇は恵介が藍さんと一緒にやったとか。 「母さんはそれでいいのかよ!?自分の子供だろ!?」 「…恵介」 あの日…祭りで親子二人だけでの決死の大芝居が打たれた。息子を、弟を救うための。

今回のお話は、なんか絵がラフっぽくない? 京介っていうのか。回想シーンで、このオッサンは口に何を加えているのかと思ったら…多分、京介の救出劇は恵介が藍さんと一緒にやったとか。 「母さんはそれでいいのかよ!?自分の子供だろ!?」 「…恵介」 あの日…祭りで親子二人だけでの決死の大芝居が打たれた。息子を、弟を救うための。

@名無し

すまん
弟では無いと思うよ

藍さんの左目近くの傷…また銀さんの予感。ほかの方もコメントしていたけど、過去の話が出てくるとそれに出てくる人物たちの人物像を掘り下げるように描かれて、興味深いよね。海外ドラマの「コールドケース」みたいに過去の事件に関わった人物なんかを追及して、人間の内側や秘密とか魅せるみたいに。

漫画の世界だからって思うも もしかしたら実在しているしていた と捉えてみるとすごく面白いねガンニバルガンニバル
そして漫画の内容の中心になる あの人 幼児の頃から人肉や動物の生肉を好んで主食として70年以上も生きてきている大柄の恐ろしい老人(しかも戸籍も無し) その老人を村全体で徹底的に数十年隠してきたスタイルも非情に興味深い
最近ではあのミスター脇役だった岩男が次期当主に絡んだりとかフル稼働になり キャラが変わりはじめてきて更に面白い展開 今後も期待できますね

もう4巻が出るんだ。藁人形を燃やすイラストの表紙が少し不気味…
結局は大悟1人で乗り込ませて、それをネタに突入しようとする腹なのか。この係長さんは…署長さん、どうします?
田舎の人は、交渉決裂するとすぐ銃を出す。神主がレミントンM870を震えた手で向けてもヤンキー恵介には勝てない。

ここ数週は恵介のジレンマを描いてる感じだな。
祭りを続けようとしてるのはやっぱり「後藤家」への義理なんだろうか。

大悟一人で乗り込むのか…そうなると、地下牢あたりで「あの人」に御対面して山の中で追いかけ回されるのだろうね。SITもいないし。若い宮司がよく口にする「呪い」は後藤家の人食だけを捉えればいいのに。藁人形を燃やすぐらいはいいと思うけどなあ。お祭りは、どの地域にも必要な行事だし。多分、藁人形燃やす人達が嫌いなんだろうね。

毎週、Web漫画ゴラクゴラクで発売される週刊ゴラクの情報を見て「今週はガンニバルガンニバル載ってる」と確認してから買いに行きます。係長さんが証拠不十分でSITを出動させてくれなかったのが残念です。だから、別のマンガであるギフト±ギフト±の先生のSWAT姿のアクションシーンがたまりません。

ああ、36話の導入シーンに向かっていく。結局、一人で阿川は立ち向かうからダイハードの主人公みたいに後半はボロボロ。あと気になるのは、恵介がぶちギレるぐらいの出来事と「あの人」の犠牲になったのは誰なのか?ってことが気になる。
でも36話のシーンに出てきた阿川の状態を見ると、もう単独で事件解決にもって行くことは不可能みたいだけど…やはり、最後は上司の署長さんと署員たちなのかな。あと、若い宮司の持っていたショットガンも伏線になりそう。宮司から阿川の手に渡るとか…

もし、署長さんから「君はもう外れてもいいのだよ?」と言われて日寄って本当に捜査から阿川が外れていたら、今頃どうなっていたのだろう。
このグラサン係長さんも供花村と何か因縁とかありそう。狩野さんの娘に続いて藍さんと京介くんも村に向かいそうな予感。

「ガキどもを移すんや!」
「おお!!」
山の地下牢に到着する後藤家一行。中に入るが
「恵介…頭巾が足りん。」
「もうええから!」
恵介だけ頭巾はしなかった。

すみれちゃんすみれちゃん…なんか悲惨な出来事しか待っていないのかも。恵介が自分の子供の存在を知れば、おそらく悲観的な子供の将来しか考えないから、生まれるまえに…と手にかけそう。しかし、すみれちゃんも父親を死に追いやった連中の一人と関係を持つなんて。3年も村にいれば、洋介が狩野さんと仲良くなったみたいに恵介みたいなのと仲良くなっちゃうのかね…

2/36ページ
コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

名無し
たか
のらくろ
かしこ
マンガトリツカレ男
banner