1人の司書との出会いが少年の運命を変える、異世界ビブリオファンタジー

一番下のコメントへ

画力の高い作家のファンタジーは見てるだけでも楽しい。
ただ、としょかんの予測変換に絶対出てこないという難点がある笑

user_private
ラタトスク

乙嫁語り乙嫁語り」を想起するくらいガッツリ描き込まれてて、見ててため息が漏れるね。最初に読んだのは1巻発売くらいの頃だけど、たまに読みたくなってパラパラめくってる。

物語も王道っぽくてグッとくるものがある。あおくさーい台詞が鼻につくかもしれないけど、幼い少年に向けての言葉がほとんどで納得感ある。少年を鼓舞するのにはこれくらいがちょうどいいでしょー。

早く2巻読みたい。

まず間違いなくランクインすると思う。世界観導入が完璧。キャラはちゃんと立ってるし、ワクワク感もある。いい漫画だなぁ

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner