icon_reread
また読みたい
フォロー
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(1)
あの日、ここで止まった時間が、動きだす。小学生の時に友達と“超平和バスターズ”というグループを作り、“じんたん”と呼ばれていた少年・宿海仁太。“めんま”の死をきっかけにグループはバラバラになってしまっていたが、彼の前に突然めんまが現われて――!?
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2)
あの頃の方が、なんだってできたような気がするね。超平和バスターズのみんなの前で、めんまが花火で無限大を描いた翌日、再び秘密基地へとやって来たじんたん。そこへ現れたつるこは、じんたんにしか変えられないことがあると言って、彼を連れ出して行く。彼がつるこの指示通り、ゆきあつの前でめんまの名前を出して挑発をすると!?
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(3)
ちゃんと生まれ変わって…!きっと…!また…!みんなに…!会いに来るから…!!花火を上げる許可をもらうため、めんまの家を訪れたじんたん達。しかし、めんまのいない今でも仲良くしていることを彼女の母親から責められ、逃げ帰ることになってしまう。それでもじんたんは、花火の資金作りに励むのだが…。超平和バスターズのみんなは、めんまのお願いを叶えることが出来るのか!?感動の最終巻!!