戦後のハリウッドで行われた赤狩りを通して表現の自由を描く

ドルトン・トランボの映画が最近やってたんだな。

ローマの休日ローマの休日』『ジョニーは戦場へ行った』などの名作を手掛けてきた脚本家ダルトン・トランボの半生を描く伝記映画。東西冷戦下のアメリカで起きた赤狩り THE RED RAT IN HOLLYWOOD赤狩りにより映画界から追放されながらも偽名で執筆を続けたトランボを、テレビドラマ「ブレイキング・バッド」シリーズなどのブライアン・クランストンが演じる。共演は『運命の女運命の女』など...

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー