漫画ゴラクで連載中のモンキーピークについて語ろう 連載開始の時からずっと読んでるけど、1巻の最後あたりからだんだん面白くなってきた。 漫画ゴラクの中でも特に好きですね。 読んでる人いますか?

漫画ゴラクで連載中のモンキーピークについて語ろう 連載開始の時からずっと読んでるけど、1巻の最後あたりからだんだん面白くなってきた。 漫画ゴラクの中でも特に好きですね。 読んでる人いますか?

@名無し

長谷川が猿の仲間だと思うわ。
ランタン持ってどっかいくし、ずっと左に行けって言われたのに右に行くように指示してるし、リュックサックを持つって提案したのも、何か理由があると思う。何より死んだ描写が無い。

漫画ゴラクで連載中のモンキーピークについて語ろう 連載開始の時からずっと読んでるけど、1巻の最後あたりからだんだん面白くなってきた。 漫画ゴラクの中でも特に好きですね。 読んでる人いますか?

漫画ゴラクで連載中のモンキーピークについて語ろう 連載開始の時からずっと読んでるけど、1巻の最後あたりからだんだん面白くなってきた。 漫画ゴラクの中でも特に好きですね。 読んでる人いますか?

@名無し

50話くらいで、山のふもとの町から火や煙が見えるから猿が山小屋を燃やすわけがない。てきなことを言っていたと思うんですが
ライターを持っている登場人物がいたので自分たちで燃やして町の人に異常を伝えれば良かったのではないかと考えました。
間違っていれば誰でもいいので教えてください

50話くらいで、山のふもとの町から火や煙が見えるから猿が山小屋を燃やすわけがない。てきなことを言っていたと思うんですが ライターを持っている登場人物がいたので自分たちで燃やして町の人に異常を伝えれば良かったのではないかと考えました。 間違っていれば誰でもいいので教えてください

50話くらいで、山のふもとの町から火や煙が見えるから猿が山小屋を燃やすわけがない。てきなことを言っていたと思うんですが ライターを持っている登場人物がいたので自分たちで燃やして町の人に異常を伝えれば良かったのではないかと考えました。 間違っていれば誰でもいいので教えてください

@名無し

何燃やせばいいの?ちょっとした焚き火ぐらいじゃ見えないでしょ
結局山荘燃やしたけど思い切りがいるよね

50話くらいで、山のふもとの町から火や煙が見えるから猿が山小屋を燃やすわけがない。てきなことを言っていたと思うんですが ライターを持っている登場人物がいたので自分たちで燃やして町の人に異常を伝えれば良かったのではないかと考えました。 間違っていれば誰でもいいので教えてください

50話くらいで、山のふもとの町から火や煙が見えるから猿が山小屋を燃やすわけがない。てきなことを言っていたと思うんですが ライターを持っている登場人物がいたので自分たちで燃やして町の人に異常を伝えれば良かったのではないかと考えました。 間違っていれば誰でもいいので教えてください

@名無し

基本的に小屋あると寒さも凌げるし、猿は遠距離武器使うわけだから残しときたいでしょうな
一応初日の夜の小屋と安斎軍が中岳小屋から三ッ倉小屋に向かう時に中岳燃やす選択もあったと思うけど
初日はまだ余裕もあったしここまでの計画も予想してなかったから頭の片隅にも無かったと思う
安斎軍は安斎以外は発言しずらかったから、安斎が気付けば有能なんだけどね
小屋の近くで猿に牽制されたりしたら小屋で戦った方が有利だし必ずしも燃やした方がいい場面では無いと思う
つまり小屋燃やすチャンスはほぼ無かったと考えます

50話くらいで、山のふもとの町から火や煙が見えるから猿が山小屋を燃やすわけがない。てきなことを言っていたと思うんですが ライターを持っている登場人物がいたので自分たちで燃やして町の人に異常を伝えれば良かったのではないかと考えました。 間違っていれば誰でもいいので教えてください

50話くらいで、山のふもとの町から火や煙が見えるから猿が山小屋を燃やすわけがない。てきなことを言っていたと思うんですが ライターを持っている登場人物がいたので自分たちで燃やして町の人に異常を伝えれば良かったのではないかと考えました。 間違っていれば誰でもいいので教えてください

@名無し

登山計画書の計画通りに下山しなければ、救助隊が動くから、
その望みがある限り、思い切った行動はしないでしょうね。

山小屋は、猿や寒さから身を守るための砦だから、
狼煙代わりに燃やすなんてリスクを犯すわけがない。
あと1日で救助隊が来る状況なら尚更。

希望を失った3日目以降は、犯人探しのあげく仲間割れ。
気力も体力も消耗しているので、狼煙の案が出たとしても、
野外テントで猿に狙われることを考えれば却下されたと思います。
山小屋を燃やせば、間違いなく猿が襲ってきますしね。

モンキーピークについて語ろうにコメントする
user_private