reread
また読みたい
フォロー
社員の結束を高める為の、登山レクリエーション。雄大な自然を感じる爽やかな山は、夜と共に惨劇の舞台と化す! 藤ヶ谷製薬36名が体験した、未体験の悪意とは…!? 凍牌の志名坂高次が初の原作を手がけ、俊英・粂田晃宏が入魂の筆致で迫る。戦慄と衝撃の山岳パニックホラー開幕!!
謎の猿の襲来により、大惨劇の舞台と化した藤谷製薬の登山レクリエーション。理由も分からず、一人また一人殺されてゆく…。猿のみならず苛烈な登山が一同を追い詰め、そして庶務・辻の死をきっかけに、残された者は互いに疑心暗鬼に陥り…!? 猿と山と人。その全てが襲い来る!! 恐怖が激増する山岳パニック、戦慄の第2巻!
謎の猿の襲来により、23名の死者を出した藤谷製薬の登山レクリエーション。猿の巧妙な計略により、更に3名が命を落とす。そして徐々に疑われた、内部協力者の存在。浮上した氷室に対する安斎の恐るべき尋問は生存者グループの深刻な対立を生み…!? 全ての理性が吹き飛び、尊厳が失われる…! 前代未聞の山岳パニック、漆黒の第3巻!!
謎の猿に殺され続ける、藤谷製薬の登山隊。猿の協力者が社内にいる事が判明し、生存者に決定的な亀裂が生まれてしまう。 離脱し別行動を取った宮田グループは難所“カニ歩き”で背後から猿に襲われ、残った安斎グループは再度内部分裂が…!? 猿も山も人も、何も信じられない恐怖! 予測不能の山岳パニック、衝撃の第4巻!!
極寒の夜、限界まで疲弊した早乙女達は、八木の救出で奇跡的に命を取り留め、“仁衛門岩”を拠点に猿に立ち向かう。一方亀裂を深める安斎グループは下山を強行し、同じ仁衛門岩へ進む。分裂した二派は、皮肉にも再合流し…!? 猿の狙いとは!? そして実在した協力者とは!? 大ヒット山岳パニックホラー、刮目の第5巻!!
艱難辛苦の末、再合流を果たし、三ツ倉小屋に辿り着いた一行に、突如猿からメッセージが渡される。救済措置と襲撃予告、真意不明のその内容が、新たな疑念と恐怖を、全員の心に植え付ける。生き残りを賭け、早乙女達はある決断を下し…!? 5度目の夜、猿達との死闘が幕開く!! 大反響山岳パニックホラー、迫真の第6巻!!
三ツ倉小屋で猿の襲撃を迎え撃った一行。佐藤の放った炎により、絶体絶命の窮地に立つが、遠野の決死の特攻を以って、猿の撃退に成功する。また一人出た犠牲者。その喪失感に浸る間もなく、姿を消した飯塚と藤柴に対し、疑念と憤りが一行を包む。だが遂に、一同切望の救助ヘリが飛来して…!? 入山6日目、登る朝日は希望の光と成りうるか!? 話題騒然の山岳パニックホラー、激動の第7巻!!
救助ヘリを落とされ、雷雨にその身を晒しながらも、愚直に生への道を歩み続ける一行に、漆黒の殺意を纏う魔猿が、いま再び迫り来る。稜線の難所“ツノ”を攻略し、辿り着いた樹海。八木は、猿を“撒く”為に、登山道を外れた裏道を提示するも、その言葉に、行動に、疑念を抱く者も現れ…生き残る為、正しき道を選ぶことは出来るのか!? 不穏蠢く山岳パニックホラー、奮激の第8巻!!
八木の活躍により、2匹の猿を討つ事に成功し、さらにその正体までもを暴いたのも束の間、圧倒的な能力を有する“真の魔猿”に、八木は殺害された。魔猿は闇夜に姿を消し、瀬戸際で命を拾った一同だったが、衰弱が祟った藤柴が、独り静かに息を引き取る。入山6日目の夜、尊き生命が、また山と猿に奪われた。数多の犠牲の上、それでも人は、生きる為に進む。佳境へ向かう山岳パニックホラー、激情の第9巻!!
猿の仲間…社内の裏切り者は、長谷川だった――。悪意を秘め、一同へと再合流を果たしたが、その素振りと言動に、安斎は深い疑惑をかけていた。長谷川を挑発し、氷室と共に捕縛を試みるも、負傷した長谷川を目撃して激昂した早乙女達と、二度と埋まる事の無き、完全な決裂を果たす事となった。近づく山頂。露わになる真相。臨界に達する其々の殺意!! 終幕へ進む山岳パニックホラー、決別の第10巻!!