この作家はこの作品から読めを教えて

作家名は知ってるけど作品は読んだことないのって結構あります。その作家さんを好きな方に先ずこれから読んでみたら?を教えていただければと思います。

ちなみに大島弓子大島弓子さんなら「ダイエット」から読むのが個人的にオススメかな。拒食症のお話で男女ともに理解しやすいと思う。

1/3ページ
<< 最新
<
1/3ページ
>
最初 >>
三山のぼる先生の作品を読んでみたいのですが、ジャンルが時代劇からSFといろいろあるようで、どれから読めばいいか迷ってます。最初に読んでおいた方が良い作品とかありますか?

三山のぼる先生の作品を読んでみたいのですが、ジャンルが時代劇からSFといろいろあるようで、どれから読めばいいか迷ってます。最初に読んでおいた方が良い作品とかありますか?

@名無し

まずは「三山のぼる短編集三山のぼる短編集」を読むのが良いんじゃないでしょうか

土田世紀、編集王は途中なんだけど別のも読みたいから別のおすすめ教えてほしい

土田世紀、編集王は途中なんだけど別のも読みたいから別のおすすめ教えてほしい

@名無し

自分も教えてほしいです
編集王編集王」「俺節」は読んでて当たり前っぽい雰囲気ありますよね
こないだ愛蔵版が出たので「未成年」「雲出づるところ雲出づるところ」は読もうと思います
あと人がオススメしてるのは「ノーサンキューノーサンキュー」

1960年代初めに描かれた白土三平白土三平の貸本劇画です。 忍者漫画と思いきや、なんと舞台は西部開拓時代のアメリカ。キムはあくまで謎の人物という設定になっていますが、手裏剣を投げたり、土に潜ったり、どこ... 閲覧数30 コメント数1

このクチコミをみて読んでみたいなと思ったのですが、これは果たして白土三平デビューとして適切なのでしょうか…?

http://bit.ly/2nB5XsJ このクチコミをみて読んでみたいなと思ったのですが、これは果たして白土三平デビューとして適切なのでしょうか…?

http://bit.ly/2nB5XsJ このクチコミをみて読んでみたいなと思ったのですが、これは果たして白土三平デビューとして適切なのでしょうか…?

@ましゅまろ

それ未完結作品だし、最初に読むなら完成度の高い作品から読んだ方がいいかも。普通にカムイ伝全集 第一部カムイ伝から読むとか。

それ未完結作品だし、最初に読むなら完成度の高い作品から読んだ方がいいかも。普通にカムイ伝から読むとか。

それ未完結作品だし、最初に読むなら完成度の高い作品から読んだ方がいいかも。普通にカムイ伝から読むとか。

@名無し

遅くなって失礼しました!
回答ありがとうございます。カムイ伝全集 第一部カムイ伝から読みます。

あとどなたか望月三起也望月三起也デビューにぴったりな作品を知ってる方がいたら教えて下さい(ゆる募)

みなぎ得一の足洗邸の住人たち。が気になっているのですが、これから読んでしまってかまいませんかね?

みなぎ得一の足洗邸の住人たち。が気になっているのですが、これから読んでしまってかまいませんかね?

@ななし

足洗邸の住人たち。足洗邸の住人たち。から読んで大丈夫ですよ!
ネタばれは避けますが、みなぎ得一みなぎ得一先生の”いろは草紙”は主要キャラの過去エピソードで”大復活祭大復活祭”は足洗邸途中で行われるバトルのアナザーエピソードで”ルート3”はサブキャラの学校生活編のようなエピソードになりますので足洗邸から読んで大丈夫です。しかし”サクラコードサクラコード”だけは足洗邸の最終巻から続く話になるので、できれば足洗邸読んでからのほうがいいと思います。

足洗邸の住人たち。から読んで大丈夫ですよ! ネタばれは避けますが、みなぎ得一先生の”いろは草紙”は主要キャラの過去エピソードで”大復活祭”は足洗邸途中で行われるバトルのアナザーエピソードで”ルート3”はサブキャラの学校生活編のようなエピソードになりますので足洗邸から読んで大丈夫です。しかし”サクラコード”だけは足洗邸の最終巻から続く話になるので、できれば足洗邸読んでからのほうがいいと思います。

足洗邸の住人たち。から読んで大丈夫ですよ! ネタばれは避けますが、みなぎ得一先生の”いろは草紙”は主要キャラの過去エピソードで”大復活祭”は足洗邸途中で行われるバトルのアナザーエピソードで”ルート3”はサブキャラの学校生活編のようなエピソードになりますので足洗邸から読んで大丈夫です。しかし”サクラコード”だけは足洗邸の最終巻から続く話になるので、できれば足洗邸読んでからのほうがいいと思います。

@ふでだるま

おお!!こんなに早く回答がもらえると思ってなかったのでうれしいです。しかも非常にわかりやすい…!

なるほど、スピンオフ的な関連作品がたくさんあるんですね。多面的に繋がりが描かれる作品好きなので、まずは足洗邸から読みますね。ありがとうございます!!

おお!!こんなに早く回答がもらえると思ってなかったのでうれしいです。しかも非常にわかりやすい…! なるほど、スピンオフ的な関連作品がたくさんあるんですね。多面的に繋がりが描かれる作品好きなので、まずは足洗邸から読みますね。ありがとうございます!!

おお!!こんなに早く回答がもらえると思ってなかったのでうれしいです。しかも非常にわかりやすい…! なるほど、スピンオフ的な関連作品がたくさんあるんですね。多面的に繋がりが描かれる作品好きなので、まずは足洗邸から読みますね。ありがとうございます!!

@ななし

みなぎ得一みなぎ得一先生は連載作品が全て同じ世界線のクロスクロスオーバー作家なので多面的な繋がりが好きなら是非是非おすすめです!!
現在コミックガムというWEB漫画雑誌で連載されてるルート3以外(サクラコードサクラコードは先月完結)は過去作になります。電子書籍ならすぐ見つかるのですが紙で読みたかったらワニブックスから出てる新装版を本屋で注文するのがいいと思います。

みなぎ得一先生は連載作品が全て同じ世界線のクロスオーバー作家なので多面的な繋がりが好きなら是非是非おすすめです!! 現在コミックガムというWEB漫画雑誌で連載されてるルート3以外(サクラコードは先月完結)は過去作になります。電子書籍ならすぐ見つかるのですが紙で読みたかったらワニブックスから出てる新装版を本屋で注文するのがいいと思います。

みなぎ得一先生は連載作品が全て同じ世界線のクロスオーバー作家なので多面的な繋がりが好きなら是非是非おすすめです!! 現在コミックガムというWEB漫画雑誌で連載されてるルート3以外(サクラコードは先月完結)は過去作になります。電子書籍ならすぐ見つかるのですが紙で読みたかったらワニブックスから出てる新装版を本屋で注文するのがいいと思います。

@ふでだるま

連載作品が全て同じ世界線のクロスクロスオーバー作家

うおー!まさに大好物のやつです…!出版情報まで本当にありがたいです。電書が出てるとのことなので早速そちらで手に入れたいと思います!

あらゐけいいちあらゐけいいち
何から入ったら良いというのは非常に難しい
大多数は日常日常から入るがCITYCITYの方が合うという人も相当多いのだ
因みに小説の表紙かプラモデルかLINEスタンプかなんかの絵で偶然見たあらゐ先生の絵が好きでもっと見たいという人にはHelvetica standardから入るのが一番オススメだったり
荒木飛呂彦荒木飛呂彦
ジョジョは4部、6部以降以外ならどこから入っても意外とすんなりハマる
手塚治虫手塚治虫 藤子F不二夫
この人たちの地味に凄いところは大抵どのマンガから入っても良いというところ
石黒正数石黒正数
外天楼外天楼がほんの一冊にしてこの人の作風の7割前後を反映できてるのでそれでも町は廻っているそれ町等で興味を持ってるけど何冊も一気に買い込めないという人は是非

あらゐけいいち 何から入ったら良いというのは非常に難しい 大多数は日常から入るがCITYの方が合うという人も相当多いのだ 因みに小説の表紙かプラモデルかLINEスタンプかなんかの絵で偶然見たあらゐ先生の絵が好きでもっと見たいという人にはHelvetica standardから入るのが一番オススメだったり 荒木飛呂彦 ジョジョは4部、6部以降以外ならどこから入っても意外とすんなりハマる 手塚治虫 藤子F不二夫 この人たちの地味に凄いところは大抵どのマンガから入っても良いというところ 石黒正数 外天楼がほんの一冊にしてこの人の作風の7割前後を反映できてるのでそれ町等で興味を持ってるけど何冊も一気に買い込めないという人は是非

あらゐけいいち 何から入ったら良いというのは非常に難しい 大多数は日常から入るがCITYの方が合うという人も相当多いのだ 因みに小説の表紙かプラモデルかLINEスタンプかなんかの絵で偶然見たあらゐ先生の絵が好きでもっと見たいという人にはHelvetica standardから入るのが一番オススメだったり 荒木飛呂彦 ジョジョは4部、6部以降以外ならどこから入っても意外とすんなりハマる 手塚治虫 藤子F不二夫 この人たちの地味に凄いところは大抵どのマンガから入っても良いというところ 石黒正数 外天楼がほんの一冊にしてこの人の作風の7割前後を反映できてるのでそれ町等で興味を持ってるけど何冊も一気に買い込めないという人は是非

@名無し

外天楼外天楼、以前メチャクチャ話題になりましたが読めてないのでぜひ読もうと思います…!!

4部、6部以降以外なら

たしかに6部はクライマックスだし7部以降は世界線がアレですしね…。4部は、世界を股にかける3部とは逆のコンセプト「田舎町のサスペンス」でちょっと地味かもしれない…
ジョジョ何部から問題は永遠に語れますね笑

小池桂一先生は何から読むのがおすすめですか?

小池桂一先生は何から読むのがおすすめですか?

@ななし

個人的な意見なので参考になるかわかりませんが、私の場合、「ウルトラヘヴンウルトラヘヴン①~③」→「HEAVENHEAVEN'S DOOR」→「G」→「かたじけない」→「ウラシマ」→「再生」という読み方をしました。そして「スピノザ①~②」と「野生哲学 アメリカ・インディアンに学ぶ」が未読です。前者はメルカリでもamazonでも高額で手が出ませんが、後者は入手可能なので、こちらをきっかけに読んでみたいと思います!

さて、オススメ順ですが、私はこの順番にまったく後悔はありませんが、再読する時は「HEAVEN'S DOOR」→「ウルトラヘヴン①~③」→「G」→「かたじけない」→「ウラシマ」→「再生」になってると思います。

「HEAVEN'S DOOR」は魅力がめちゃくちゃ詰まった濃厚な短編集で1冊で小池桂一小池桂一先生の世界をひと巡りできるゴージャスゴージャスで特別な一冊です。

「かたじけない」は、芸術としての漫画を体感できた気がするので、アート寄りの方なら「かたじけない」から入られてもいいのかも。

漫画好きで、作家の変遷から辿りたい方は「ウラシマ」→「再生」を電脳マヴォでなんと無料で!読むことが出来ます。私はしかし、がっつりはまってから「ウラシマ」を読み、これを16歳で…と震えたので、やっぱり、総合面で「HEAVEN'S DOOR」がイチオシ・エンターテインメントな気がしてきました。

いずれにしても、稀有稀少特別な読後感で孤高の作品ばかりと毎読後、スゲー…と空を見上げます。

因みに、伊沢正名氏の「くう・ねる・のぐそ」で小池桂一さんの挿絵に出逢った時は嬉しすぎて、叫びました。(それが超Cuteなのです。)伊沢正名氏のサイトタイトルなども手掛けてらっしゃるようです。
ノグソフィア→ http://nogusophia.com/
最新の「ウンコロジー入門」を予約し、ダブルダブルで楽しみにしている最中です。

“ななし”さんにとって素敵な小池桂一先生体験のスタートをお祝い致します!

長文失礼しました。

個人的な意見なので参考になるかわかりませんが、私の場合、「ウルトラヘヴン①~③」→「HEAVEN'S DOOR」→「G」→「かたじけない」→「ウラシマ」→「再生」という読み方をしました。そして「スピノザ①~②」と「野生哲学 アメリカ・インディアンに学ぶ」が未読です。前者はメルカリでもamazonでも高額で手が出ませんが、後者は入手可能なので、こちらをきっかけに読んでみたいと思います! さて、オススメ順ですが、私はこの順番にまったく後悔はありませんが、再読する時は「HEAVEN'S DOOR」→「ウルトラヘヴン①~③」→「G」→「かたじけない」→「ウラシマ」→「再生」になってると思います。 「HEAVEN'S DOOR」は魅力がめちゃくちゃ詰まった濃厚な短編集で1冊で小池桂一先生の世界をひと巡りできるゴージャスで特別な一冊です。 「かたじけない」は、芸術としての漫画を体感できた気がするので、アート寄りの方なら「かたじけない」から入られてもいいのかも。 漫画好きで、作家の変遷から辿りたい方は「ウラシマ」→「再生」を電脳マヴォでなんと無料で!読むことが出来ます。私はしかし、がっつりはまってから「ウラシマ」を読み、これを16歳で…と震えたので、やっぱり、総合面で「HEAVEN'S DOOR」がイチオシ・エンターテインメントな気がしてきました。 いずれにしても、稀有稀少特別な読後感で孤高の作品ばかりと毎読後、スゲー…と空を見上げます。 因みに、伊沢正名氏の「くう・ねる・のぐそ」で小池桂一さんの挿絵に出逢った時は嬉しすぎて、叫びました。(それが超Cuteなのです。)伊沢正名氏のサイトタイトルなども手掛けてらっしゃるようです。 ノグソフィア→ http://nogusophia.com/ 最新の「ウンコロジー入門」を予約し、ダブルで楽しみにしている最中です。 “ななし”さんにとって素敵な小池桂一先生体験のスタートをお祝い致します! 長文失礼しました。

個人的な意見なので参考になるかわかりませんが、私の場合、「ウルトラヘヴン①~③」→「HEAVEN'S DOOR」→「G」→「かたじけない」→「ウラシマ」→「再生」という読み方をしました。そして「スピノザ①~②」と「野生哲学 アメリカ・インディアンに学ぶ」が未読です。前者はメルカリでもamazonでも高額で手が出ませんが、後者は入手可能なので、こちらをきっかけに読んでみたいと思います! さて、オススメ順ですが、私はこの順番にまったく後悔はありませんが、再読する時は「HEAVEN'S DOOR」→「ウルトラヘヴン①~③」→「G」→「かたじけない」→「ウラシマ」→「再生」になってると思います。 「HEAVEN'S DOOR」は魅力がめちゃくちゃ詰まった濃厚な短編集で1冊で小池桂一先生の世界をひと巡りできるゴージャスで特別な一冊です。 「かたじけない」は、芸術としての漫画を体感できた気がするので、アート寄りの方なら「かたじけない」から入られてもいいのかも。 漫画好きで、作家の変遷から辿りたい方は「ウラシマ」→「再生」を電脳マヴォでなんと無料で!読むことが出来ます。私はしかし、がっつりはまってから「ウラシマ」を読み、これを16歳で…と震えたので、やっぱり、総合面で「HEAVEN'S DOOR」がイチオシ・エンターテインメントな気がしてきました。 いずれにしても、稀有稀少特別な読後感で孤高の作品ばかりと毎読後、スゲー…と空を見上げます。 因みに、伊沢正名氏の「くう・ねる・のぐそ」で小池桂一さんの挿絵に出逢った時は嬉しすぎて、叫びました。(それが超Cuteなのです。)伊沢正名氏のサイトタイトルなども手掛けてらっしゃるようです。 ノグソフィア→ http://nogusophia.com/ 最新の「ウンコロジー入門」を予約し、ダブルで楽しみにしている最中です。 “ななし”さんにとって素敵な小池桂一先生体験のスタートをお祝い致します! 長文失礼しました。

@nabecco

うおおお!!こんなに丁寧に指南いただけるとは全く予想外で嬉しい驚きです。再読のおすすめから絵のお仕事まで本当にありがとうございます!ノグソフィアのロゴ、ナチュラルナチュラルでファンシーで可愛すぎますね(ウンコなのに)

さっそくウルトラヘヴンウルトラヘヴンヘヴンズ ドア 小池桂一 Extra Worksヘヴンズ ドア 小池桂一 Extra Worksの4冊を購入しました。家でじっくり読むのが楽しみです…!

うおおお!!こ...

1/3ページ
<< 最新
<
1/3ページ
>
最初 >>
コメントする

この話題をフォローしているユーザー

マンガトリツカレ男