私もこれのせいか台湾料理屋に行くたびに愛玉子を注文しますね。確かに愛玉子は外れが少ない。

サンミー、関西ローカルだったんだ。こういう多ければ多いほどええやろ、っていう足し算の発想は関西っぽい。

おこしやす、ちとせちゃん』第3羽目に登場する、京都「総本家 宝玉堂」の〈きつね煎餅〉。本当に顔が隠れるくらいに大きいらしい。ちなみに生地には、白みそと胡麻が練り込まれているのだとか。お土産にもらってみたい……。

『おこしやす、ちとせちゃん』第3羽目に登場する、京都「総本家 宝玉堂」の〈きつね煎餅〉。本当に...

投稿した後に気づいたのだが、一緒に描かれているバームクーヘン。作品の舞台が滋賀ということは、泣く子もだまる〈クラブハリエ〉のバームクーヘンのことか……っ!!(こちらもローカル銘菓ネタでなく、すみません)

『乱歩アナザー -明智小五郎狂詩曲-』プロローグに、ちらりと登場する資生堂パーラーの「花椿ビスケット」。モノクロなので缶の色が分らないけど、黒缶ならば取扱店が限定されている「手焼き花椿ビスケット」だな……。

『乱歩アナザー -明智小五郎狂詩曲-』プロローグに、ちらりと登場する資生堂パーラーの「花椿ビス...

香川が舞台の『うどんの国の金色毛鞠』第7話に登場する丸新果実店のフルーツパーラー〈三ぶきの子ぶた〉のフルーツゼリー。色々なフルーツのパフェが有名なお店なので、このゼリーも絶対においしいはず……。
原作コミック連載時には販売されていたものの、現在は販売していないのだそう……お取り寄せしたくてもできない……(涙)。

香川が舞台の『うどんの国の金色毛鞠』第7話に登場する丸新果実店のフルーツパーラー〈三ぶきの子ぶ...

ごはんのおとも』2巻収録の「かまいたがり」のエピソードに登場する、鎌倉赤谷の〈クルミッ子〉。これはお土産にもらったら、すごくうれしいやつ……。「みち…」の擬音に、著者であるたなさんのクルミッ子への愛を感じる……。

『ごはんのおとも』2巻収録の「かまいたがり」のエピソードに登場する、鎌倉赤谷の〈クルミッ子〉。...

三成さんは京都を許さない』第5回に登場する、長浜名物といわれる〈芋平〉の「芋きんつば」。屋久島幸吉いも、種子島紫いも、紅隼人いも、と種類があって、断面図の色鮮やかさが半端ない……。

今や長浜名物。芋きんつばはビタミンA・B・C・Eほか繊維質、ミネラルを多量に含んださつまいもの「ヘルシー&ビューティ」なお菓子です。 3品種の芋あんに良質の餅米粉等のたれをつけて、釜上で一つ一つ丁寧に焼き上げたものです。

『三成さんは京都を許さない』第5回に登場する、長浜名物といわれる〈芋平〉の「芋きんつば」。屋久...

東京でも食べられる場所があるようですが、『ぺろり!スタグル旅』最終話に登場した「しんこ団子」が気になっています……。

“サッカー”דグルメ”=ぺろり! Nリーグ2部・千葉ユニティの熱烈な女子サポ2人。もちろんチームの応援もするけれど、真の目的は“スタジアムグルメ”。まだ見ぬ地元のソウルフードを求めて、今週末も2人は西へ東へアウェイ遠征。サポーターの胃袋を刺激する「スタジアムグルメ漫遊記」第42節。今回の舞台...

東京でも食べられる場所があるようですが、『ぺろり!スタグル旅』最終話に登場した「しんこ団子」が...

ローカル団子は絶対美味しいし食べたい…!!

この漫画おもしろいと思ったら、ORANGEオーレ!の作者だったんですね(納得)
ここで一区切りとは…ぜひ続いてほしいです

ローカル団子といえば『カラスのいとし京都めし』2巻に登場する、みたらし団子発祥の地として知られているという「加茂みたらし茶屋」の「加茂みたらし」も、ものすごく美味しそうです……。

ローカル団子といえば『カラスのいとし京都めし』2巻に登場する、みたらし団子発祥の地として知られ...

うわ〜箱からして可愛い…!

粒選りの京都丹波産「新丹波黒」を使用した黒豆菓子です。 自然のままの風味を生かし、 昔ながらの素朴な味わいに仕上げています。 京の四季を描いたかわいい小箱入りです! <ぽりぽり> 京都丹波産「新丹波黒」を丹念に挽き上げた黒豆きな粉を、 京あられにしっとりとまぶしました。 ぽりぽりした食感。 ...

カラスのいとし京都めしは、読んでるとお取り寄せどころかマジで京都行きたくなっちゃう…

マル。

マル。

ストレスフルな女教師のもとに、幸福を食べる珍妙な生物が突然やって来て……!?(コミックビーム2022年4月号)

試し読み
パック

パック

「いたいお姉さんは好きですか?」の若菜先生が改名後初登場! どん底男に訪れたまさかの転機とは!? 読めば元気が湧いてくる、スカッと読み切り!!(ヤングキングBULL2021年10月号)

試し読み
ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ

『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!!

大好き!

大好き!

大親友の紗也から駿くんが好きだと、交換ノートで打ち明けられた千南。実は千南も駿くんのことが気になっていて…。高校生になった千南たちを描く番外編も収録。【収録作品】大好き!/大好き!~朝の15分~

マルセイ!!

マルセイ!!

前代未聞の全力おバカエロコメできました! こんなの私、はじめて…!! 性犯罪を取り締まる組織『性犯罪特殊対策チーム』通称『マルセイ』。これは卑劣な性犯罪者から日夜市民を守る、マルセイたちの血と汗と涙のぶっ飛びエロコメである!! しかし侮るなかれ、本作はただのエロコメに非ず―― 時にエロく、時にメロウ、そして萌え×燃え。オトコのココロに活を入れる、未だかつてないエンタメ作となっている! 紳士淑女の皆様よ、この新世界のトビラを開いてごらんなさいな。きっと新たな世界が見えるから。

先生!

先生!

島田響は高校二年生。ある日、友達から頼まれたラブレターを間違えて伊藤先生の下駄箱に入れてしまったことから運命は動き出した。今まで恋をしたことがない響だが、女ギライでクールだけど本当は優しい伊藤先生に徐々に惹かれていき…?

なんで!?

なんで!?

日常の様々なシーンで出てくる言葉、「なんで!?」。言葉は一つでも、その意味は決して一つではない。喜び、怒り、悲しみ、驚き……いろんな感情が入り混じったとき、人は「なんで」という言葉を発するからだ。 笑える「なんで」、泣ける「なんで」、心がほっこりする「なんで」……「なんで」の数だけ「ドラマ」がある。そんな様々な「なんで!?」を切り取ったオムニバスストーリー。

純!!

純!!

ひとりぼっちになってしまった少年・伊坂純(いさか・じゅん)が、ボクサーへの道を歩んでいく熱血ボクシングコミック。祖父・佐吉(さきち)と二人きりでつつましく暮らしていた高校生・伊坂純。そんなある日、佐吉がスリの現行犯で捕まってしまい、純はひとりぼっちになってしまう。その時、声をかけてきた佐吉の仲間でヤクザの利一(りいち)に、しばらく面倒をみてもらった純だったが……!?

おとりよせしたくなる、マンガに登場するローカル銘菓を集めようにコメントする