icon_reread
また読みたい
フォロー
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり1
超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミック化!! 20××年、夏――白昼の東京・銀座に突如、「異世界への門」が現れた。中から出てきたのは軍勢と怪異達。陸上自衛隊はこれを撃退し、門の向こう側である「特地」へと踏み込んだ――
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり2
超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第2弾! イタリカの街は、盗賊の襲撃を受け陥落寸前だった。そこへやって来た伊丹たち第三偵察隊の面々。彼らは皇女ピニャの指揮のもと、街の防衛に協力することになったのだが……
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり3
超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第3弾! 「門」をくぐり、伊丹は異世界の美少女達を引き連れて、日本へ戻って来きた。その目的は国会での参考人招致に応じるため。多少の波乱はあったものの、彼らは無事にその役目を果たす。次は温泉で骨休め……のはずが、米・中・露の工作員が彼らに迫っていた――
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり4
超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第4弾! ピニャを仲介とした帝国との講和交渉に乗り出した日本政府は、伊丹ら自衛隊と協力し、圧倒的な武力を見せつけることで、帝国の有力貴族を次々懐柔していく。だが、帝国第一皇子ゾルザルら主戦派もまた、水面下で策動を開始していた。一方その頃、「門」の周囲にある自衛隊のアルヌス駐屯地に、故郷を襲う炎龍を退治してくれる戦士を求め、一人のダークエルフが訪れる――
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり5
超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第5弾! 地震発生後の「特地」。皇帝の身を案じるピニャは、伊丹たち自衛隊の面々を連れて、皇宮へ向かった。そこで伊丹たちは皇帝と謁見し、講和に向けての話し合いが始まる……かに見えたが、皇子ゾルザルの登場で状況は一変する。彼の連れていた奴隷の一人が、銀座で拉致された日本人だったのだ! かくして講和交渉は、さらに難航していくこととなる――
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり6
超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第6弾! 自分のせいで父が死んだという罪悪感から逃れるため、伊丹を父と妄想するようになってしまったテュカ。彼女を救う手立ては、父の仇である炎龍を彼女自身の手で倒すしかない。しかし炎龍退治には多大な犠牲を覚悟する必要があった。葛藤の末、伊丹はついにある決断を下す。一方、アルヌス駐屯地では、ヴォーリアバニーのデリラが、拉致被害者の望月紀子を襲うという大事件が発生していた――
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり7
超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第7弾! 炎龍編、いよいよクライマックス! ダークエルフの協力のもと、伊丹達は炎龍の巣があるテュベ山へと向かった。作戦は、炎龍が不在時に巣へ爆弾を仕掛け、それでも倒せなかった場合は110mm個人携帯対戦車弾でトドメをさすというもの。無事に巣へ到着し、その作戦の準備を整えていく伊丹らだが、全てが完了する前に、炎龍が姿を現してしまった――
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり8
超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第8弾! ようやく始まった日本と帝国の和平交渉。しかし、皇太子ゾルザルはこの流れを歓迎しておらず、戦争の継続を願っていた。そんな折、皇帝モルトが病に倒れる。その隙を突き、ゾルザルはクーデターを起こした! 一方、資源調査という名目で旅をする伊丹一行だったが、途中で立ち寄った村でレレイが奇妙な伝染病にかかってしまう――
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり9
超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第9弾! 迷宮でロクデ梨の実を入手し、無事にレレイの病気を治療した伊丹たち。彼らは次の目的地である学都ロンデルに向かう。ここでは、レレイが導師号に挑戦することになっていた。そんなロンデルには、レレイの知り合いが二人いる。一人は大賢者ミモザ、もう一人は義姉アルペジオ。二人ともレレイとの久しぶりの再会に喜ぶ……かと思いきや、アルペジオの方はレレイの才能や境遇に嫉妬して――
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり10
超スケールの異世界エンタメファンタジー、待望のコミカライズ第10弾! 帝都ではクーデターを起こした皇太子ゾルザルが専制を強めていた。ピニャはそんな兄を止めようとしたが、逆に自らの無力さを思い知らされることとなる。一方、伊丹一行は、冥府の王ハーディに会うため、彼女の祀られているベルナーゴ神殿にいた。神殿の奥で顕現したハーディは、伊丹たちに衝撃の事実を告げる。それは、特地だけでなく、日本の行く末にも関わるものだった――