icon_reread
また読みたい
フォロー
恨み来、恋、恨み恋。(1)
十二支の名を冠する長たちが治める土地、十二町。人間と妖怪が共存するその町で、子家頭首・子国恭一の元に、子の家を恨む猫の妖怪が現れる。恭一の命を狙う、恨みにまみれた恨み猫。だがその妖怪は、極度に人見知りな女の子・猫ヶ崎夏歩でもあって…。「好奇心、猫をも殺す。」のことわざとおり、その気持ちは猫を殺すのか――。ポップで怪異な青春ストーリー第1巻です!
恨み来、恋、恨み恋。(2)
夏歩は、子の家の恭一を恨む恨み猫。子の一族を殺す恨みにとりつかれていた夏歩だが恨みの矛先を恭一ひとりに向けることに。恭一との関わりのなかで、恨めしく思う気持ち、それは本当に恨みなのか…? そんな折、恭一の祖父・郷一が襲われる事件が。その傍らにいたのは、恨みにとらわれた夏歩だった――。ポップで怪異な青春ストーリー、第2巻です!
恨み来、恋、恨み恋。(3)
恨み猫の夏歩は、恨みの対象を子国一族から恭一ひとりにスライドする。郷一殺害犯をさがす恭一たちの前に姿を現わす少年、透也。恭一は透也に一種の親近感を持つが、彼の素性は果たして…? そして、一緒にいるうちに恨みとは別の感情が生まれたことに気づく夏歩。「自分は、あいつを恨み殺す恨み猫のはずなのに――。」ポップで怪異な青春ストーリー、第3巻です!
恨み来、恋、恨み恋。(4)
恨み猫の夏歩の恨みの対象、子国恭一。今はもう恨むべき理由もない。恭一は、透也の凶刃に倒れ、死んだ。もう夏歩は恨まなくてもいい。子を、恭一を恨まなくていい。だが、こんなときに気づく。恨みとは別の感情があったことを。「――その気持ちは、恨みか、恋か。――」ポップで怪異な青春ストーリー、第4巻!!
恨み来、恋、恨み恋。(5)
透也の脅威が去った十二町。平穏な日々が訪れるはずが、いくつもの奇妙な事件が起こっていた。あのとき確かに死んだはずの恭一にも変化が。一方、「この気持ちは恨みだけではない」ことに気づいた夏歩。その気持ちが故についに朱華と…。ポップで怪異な青春ストーリー、新展開の第5巻です!!
恨み来、恋、恨み恋。(6)
十二町で未だ起こる辻斬りと鬼の騒動。事件の裏で暗躍する一つの影があった――。一方、夏歩と朱華、お互い堂々ライバル宣言で恭一をとりまく三角関係はどうなっちゃうの? 「恨み」を超えて「恋」が動き出す中で、尚も渦巻く「恨み」は誰のものか。ポップで怪異な青春ストーリー、オモシロ激化の第6巻です!!
恨み来、恋、恨み恋。(7)
十二町の辻斬り事件から発展した、恐ろしい鬼の顕現。悪意ある存在が作り出した鬼は、十二家の当主たちをその身ひとつで圧倒する。鬼となった**を救うべく、現れたのは…。朱華の「恋」に気づいた心が、鬼の「恨み」を凌駕する!! 恋して戦う怪異譚第7巻、ますます面白くなって登場です。
恨み来、恋、恨み恋。(8)
鬼騒動が収束した…と思いきや、朱華が恭一に告白しててそれを朱華は覚えていなくて、その様子を夏歩が見ていて…と、目が離せない「恋」パート! 一方、まだ解決していない問題も。朱華とともに斬られた虎虎の行方は? 「恨」で浸食し、十二町を揺るがそうとする黒幕が今、静かに動く。恋して戦う怪異譚、ヒロインのかわいさ際立つ第8巻です!
恨み来、恋、恨み恋。(9)
恭一に告白&キスしていたことを思いだした朱華、恭一へもう少しで告白しそうだった夏歩、二人の想いにぐるぐるなっている恭一…。「気づいてしまった」子丑猫の「恋」はどうなる!?そんな中、子国が一強体制で統治していた十二家のバランスに亀裂が。子国家に十二家頭領を退けという、午坂家当主・遥菜の思惑とは!?十二町動乱編、午騒動勃発。恋して戦う怪異譚、恋と恨みが大きく動く第9巻です!
恨み来、恋、恨み恋。(10)
恨み猫・夏歩の襲来から始まった十二町の動乱の数々…。ついに現れた黒幕は「恨み猫」――! 神をも喰らい、強大な力を得た「恨み猫」がそこまでして街を恨み、子国を恨む理由とは。語られる過去は、恭一と夏歩の関係にも変化を起こす。恋して戦う怪異譚、恋も恨みもいよいよ最高潮の第10巻!