また読みたい
フォロー
平凡な大学生・森里螢一(もりさとけいいち)は『お助け女神事務所』に間違い電話をかけてしまったことから、鏡の中から現れた女神を名乗る美女・ベルダンディーと出逢う。いかなる願いであっても“たった一つだけ”叶えると言うベルダンディーに、螢一は「君のような女神に、ずっとそばにいてほしい」と言ってしまった。不思議な運命に導かれ、うだつの上がらない大学生と、女神の奇妙な同棲生活が始まるのだった――。(※デジタル版は書籍版と比べ、一部に掲載内容が異なる巻もございますが、ご了承下さい。)
ぎこちないながらも少しずつ近づいていくベルダンディーと螢一の距離。そんななか自動車部は美術部との合同合宿に突入し、そこでベルダンディーの強制力が働いていないことが判明する!困惑する2人……。そして合宿から戻った2人の前に、ベルダンディーの姉・ウルドが現れた!!(※デジタル版は書籍版と比べ、一部に掲載内容が異なる巻もございますが、ご了承下さい。)
クリスマスが近づくある日。ひとつ屋根の下の生活にウルドが加わり、ベルダンディーと二人きりになるチャンスがさらに減ってしまった螢一は、福引のチラシに書いてある特等のホテルのディナー券に目をつける。なんとかディナー券を手に入れた螢一は、さっそくベルダンディーを誘ってホテルのレストランに行くのだが……。(※デジタル版は書籍版と比べ、一部に掲載内容が異なる巻もございますが、ご了承下さい。)
三嶋沙夜子のいとこで新入部員の青嶋紀元(あおしまとしゆき)は、自動車部をつぶしてベルダンディーを手に入れるため、四輪部を立ちあげて学園祭に参加する。自動車部も学園祭に向けて準備するなか、ある夜、青嶋の策略によって部室が破壊されてしまう……。あきらめない部員たちが瓦礫の下を掘りかえすと、そこには日本海軍の戦闘機『震電(しんでん)』が埋まっていた!!(※デジタル版は書籍版と比べ、一部に掲載内容が異なる巻もございますが、ご了承下さい。)
ある日、お風呂の中から突然現れた少女。彼女の正体とは、ベルダンディーのことが大好きでウルドのことが大嫌いな2級神1種限定の女神・スクルド。ベルダンディーたちの妹である。彼女がやってきた目的とは、ベルダンディーを神の世界に連れ戻すことだったのだ!!(※デジタル版は書籍版と比べ、一部に掲載内容が異なる巻もございますが、ご了承下さい。)
恐怖の大王の血に目覚めてしまったウルドはベルダンディーたちの元から姿を消し、究極破壊プログラムの力によってオオカミの妖獣・フェンリルを召喚させる。究極破壊プログラムの目的は、宇宙を破壊し無に帰すことだった!!そこでベルダンディーたちは、神さまから授かった対究極破壊プログラムワクチンを手に、ウルドの元へ向かうのだった!!(※デジタル版は書籍版と比べ、一部に掲載内容が異なる巻もございますが、ご了承下さい。)
1級魔非限定・マーラーが復活!!恐怖の大王から受けた傷を癒やし帰ってきた彼女の目的はもちろん、ベルダンディーたち3姉妹を亡き者にするためである!さっそくマーラーは螢一の妹・めぐみの体を利用してベルダンディーたちに近づこうとする……。(※デジタル版は書籍版と比べ、一部に掲載内容が異なる巻もございますが、ご了承下さい。)
夏休み――。自動車部のメンバーは体力強化合宿のために、螢一の祖父の知人が営んでいたという古い高原ホテルへやってきた。一行が誰もいないはずの建物に入ろうとすると、中から主人代理と名乗る女性・本田智恵子(ほんだちえこ)が現れた……。はたして彼女は何者なのか!?(※デジタル版は書籍版と比べ、一部に掲載内容が異なる巻もございますが、ご了承下さい。)
梅の季節――。梅の花を見ていたウルドはかつての恋人のことを思い出す。一方、螢一はウルドの薬の影響で女性のような体になってしまっていた……。そんな螢一たちのもとに、突然、ウルドの元カレである梅の精・トルバドールがやって来た!!(※デジタル版は書籍版と比べ、一部に掲載内容が異なる巻もございますが、ご了承下さい。)
ある日、テレビで紹介されたイルカを見たスクルドはペットを飼いたいと言いはじめる。そこに、めぐみが拾った子犬を飼ってほしいと連れて来た!大喜びするスクルドとは裏腹に、かたくなに犬を飼うことを認めようとしない螢一。螢一のこの態度には、幼い頃のある出来事が深く関係していた……。(※デジタル版は書籍版と比べ、一部に掲載内容が異なる巻もございますが、ご了承下さい。)