🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ

太宰治の「人間失格」が人生のバイブルと言って憚らない私ですが、行間やニュアンスなど、人によってとらえ方が異なると思うので、漫画化(ないしは映像化)は非常に難しいと思っていましたが、本作は素直にすごいと思える内容でした。

最初、作者は、葉蔵を自分に重ねているのかな?と思いましたが、そうでもないっぽいですね。

表現の仕方だけでなく、ネットで小説を発見し読み進めるという導入が、単純に原作をなぞるだけではない手法に、小説で夢中になったあの頃と同様ぐいぐい引き込まれてしまいました。(原作も手記からはじまるので、現代版のオマージュだと思いますが)

人間失格がもつ、そのもののパワーを摩擦なく表現しきっている感じです。
自分は、本作で描かれる人間の醜さ・弱さもですが、何より主人公の惨めさが際立って記憶にあるので、そこをこれでもかと描かれる感じがよかったです。
良かったというか、胸にクる感じが、懐かしかったです。

コミカライズは多々あれど、原作好きにもおすすめしたい一作です。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー