どっか行きたい

一番下のコメントへ

時間があってもどこにも行けない。今年はそんな鬱々とした感情を抱えてる方も多いのではないかと思います。
気鬱な日々をマンガが救ってくれることが多くて助かるのですが、この作品も気分をほっこりさせてくれました。
まず、圧倒的に猫が可愛い。作者の前田先生の猫への深い愛情が感じられます。
少女漫画には決して明るくないのですが、白泉社の少女漫画の系譜にあるのかなあとも思ったりもします。整った絵柄の登場人物と丁寧な背景もとても魅力的でした。
暖かくなったらどこかに行きたいなあ。そんな気持ちにさせてくれる温かい短編集でした。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー