ポスト「はだしのゲン」

一番下のコメントへ

学校に置いてあるマンガは人生に大きく影響を与えると思う

『マンガで作ろうマンバ学級文庫』学校に置きたいマンガを語るマンバ読書会開催! ということで真っ先にこの作品が思い浮かびました。

第二次世界大戦後の広島の被爆者とその家族をテーマとした作品です。

すべての地域・年代かはわかりませんが、私の学校には中沢啓治中沢啓治先生の「はだしのゲンはだしのゲン」が学級文庫に常備されており、それこそ読み漁ったものです。
その影響は凄まじく、戦争の悲惨さ無残さが私の中に深く刻まれました。

ただ、一部のニュースや投書を見ると「はだしのゲン」は「内容がグロすぎる」という意見があるようです。
(私はそのグロさも含めて知る必要がある事実として捉えていますが、この意見に対して否定はしません)

この作品はこうの史代こうの史代先生の優しいタッチもあり、表現こそマイルドではありますが読後の心に刻まれる気持ちはゲン同様だと思います

是非学級文庫へ

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー