木々津克久先生の作品は捻った落とし方が多いですが、この作品は頭のテッペンから爪先までやさしいです。

見えない、聴こえない、話せないの三重苦の主人公ヘレンが、愛犬のヴィクターと共に周りに起きた不思議な出来事を、「超能力」と言うよりも彼女のやさしい心で解決していく一話完結型の作品

物悲しい終わり方もする話もありますが、作品全体の雰囲気が非常に心地いい
残念ながら二巻で完結の作品ですが、だからこそ人にオススメしやすい作品です。

木々津克久先生の作品を未読であれば、ぜひこの作品から
※先生の作品はクロスオーバーも多いので、他の作品でヘレンがチョロっと顔を出すことも!

やさしい超能力作品にコメントする
『ヘレンesp』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ