私は木々津克久先生作品全般が大好きなのですが、それを決定付けたのがこの作品でした

圧倒的な自然・神の暴力に翻弄される物語の登場人物たち
なすすべがない中、あがきに足掻きまくる!でも・・・
まず、作品単品でも非常に面白いこと間違いなしですが、木々津克久先生の他作品読んだ上で仕上げにこの作品を読むと、作品の旨味が増すこと増すこと!

読み始めて「ぉぉ、、、そっち!?」
読んでいると「いやー、これ無理ゲーでしょ・・・なんとかなるの?」
最後に「ぉぉぉぉ・・・・おおお?!???」
色々な意味で先生の作品の見方が変わる力強い作品です。

作品の発表順で言うと
おどろ 〜陽子と田ノ中の百鬼行事件簿〜
ヘレンesp
フランケン・ふらん
フランケン・ふらん Frantic
アーサー・ピューティーは夜の魔女

なので、ヘレンとふらんは押さえておいて読むとベストマッチです

とにかく大好き、本当に再開が待たれるにコメントする
『アーサー・ピューティーは夜の魔女』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

次のクチコミ

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

また読みたい
フォロー