幻の逸材

一番下のコメントへ

時に、途方もない才能が世に生まれ落ち、そして、それほど大きな支持を得ることなく、シーンからフェイドアウトしていってしまう。

そんなことは、どんなジャンルにも、よくあることよくあることだろう。漫画界にも、それこそ数え切れないほど「幻の逸材」は存在してきたと思う。

しかし、明らかな才能のきらめきに満ちているにも関わらず、なぜ彼らの作品は多くの読者を得ることができなかったのか。
もちろん理由はそれぞれだろうし、それは読者サイドからは掴みきれないことだ。
私たちは、ただ、その単行本を初めて読んだ時の、新しい「なにか」に触れたという心の震えだけを、それ以降、モヤモヤとただ胸中で反芻することしかできない。

私にとって、下村富美下村富美はそういう才能だった。
『仏師』のプチフラワーフラワー版コミックスを読んだ時、「ああ、この漫画家さんはすごい。絶対来る」と確信したのだが、それ以降、下村はそれほど活躍することなく消えていってしまった。

後にイラストレーターとして多くのヒット小説の装画などを担当しているので、「消えた」と言ってしまったら失礼かもしれない。
しかし、その漫画作品が持つ、素晴らしい絵のクオリティーと奥行きのある物語は、「花の24年組」や「ポスト24年組」に匹敵するような才能であったと、今も思う。

もっと下村富美の漫画を読みたいと、ずっと願っているのです。

表紙に見惚れて買いに行きました。
中身もすごい。
電子で買いましたが紙で買い直して本棚に入れ込んで何回も見直したいほど!
途方もない才能だと思います。

もっと読みたいと思いました。でもまずこの出会いに感謝。

なぜ下村氏があまり漫画を描かれなくなったのか、理由はよく分からないのですが、手に入るコミックスが2冊だけというのは、いかんせん少ない。

大学の漫画学科で先生をなさっていると聞いたことがあります。
その生徒さんたちにも期待なのですが、読者としては、本当に、もっと下村富美下村富美の作品を読みたいですよねえ。

なぜ下村氏があまり漫画を描かれなくなったのか、理由はよく分からないのですが、手に入るコミックスが2冊だけというのは、いかんせん少ない。 大学の漫画学科で先生をなさっていると聞いたことがあります。 その生徒さんたちにも期待なのですが、読者としては、本当に、もっと下村富美の作品を読みたいですよねえ。

なぜ下村氏があまり漫画を描かれなくなったのか、理由はよく分からないのですが、手に入るコミックスが2冊だけというのは、いかんせん少ない。 大学の漫画学科で先生をなさっていると聞いたことがあります。 その生徒さんたちにも期待なのですが、読者としては、本当に、もっと下村富美の作品を読みたいですよねえ。

@(とりあえず)名無し

やっぱり2冊だけなんですね。
作家買いしようと思ったのに少ない…
できるならもっと読みたいですね…。
紙で買い直すか考えてます。

やっぱり2冊だけなんですね。 作家買いしようと思ったのに少ない… できるならもっと読みたいですね…。 紙で買い直すか考えてます。

やっぱり2冊だけなんですね。 作家買いしようと思ったのに少ない… できるならもっと読みたいですね…。 紙で買い直すか考えてます。

@名無し

現在入手が容易なものは『仏師』と『花狂ひ花狂ひ』ですよね。(電子版。でも紙本の古書価も割合手軽です)
以前プチフラワーフラワーコミックスで『首』というコミックスも出ていますが、そこに収録されているものは『花狂ひ』に基本的に入っていると思います。

つくづく、もう少し長いもの、できれば複数巻、少なくても厚めの一冊本まるまるひとつの話を、読んでみたいですよねえ。

現在入手が容易なものは『仏師』と『花狂ひ』ですよね。(電子版。でも紙本の古書価も割合手軽です) 以前プチフラワーコミックスで『首』というコミックスも出ていますが、そこに収録されているものは『花狂ひ』に基本的に入っていると思います。 つくづく、もう少し長いもの、できれば複数巻、少なくても厚めの一冊本まるまるひとつの話を、読んでみたいですよねえ。

現在入手が容易なものは『仏師』と『花狂ひ』ですよね。(電子版。でも紙本の古書価も割合手軽です) 以前プチフラワーコミックスで『首』というコミックスも出ていますが、そこに収録されているものは『花狂ひ』に基本的に入っていると思います。 つくづく、もう少し長いもの、できれば複数巻、少なくても厚めの一冊本まるまるひとつの話を、読んでみたいですよねえ。

@(とりあえず)名無し

花狂ひ花狂ひ速攻で買いました!届くのが楽しみです!
似た絵柄、似た作風な漫画などないかなと思ってしまうのですが、きっとこんなに才能をお持ちの方はそうそういらっしゃらないのでしょう…。
10巻くらいの長編ならどんな話を書かれるのかとか考えてしまいますね…

花狂ひ速攻で買いました!届くのが楽しみです! 似た絵柄、似た作風な漫画などないかなと思ってしまうのですが、きっとこんなに才能をお持ちの方はそうそういらっしゃらないのでしょう…。 10巻くらいの長編ならどんな話を書かれるのかとか考えてしまいますね…

花狂ひ速攻で買いました!届くのが楽しみです! 似た絵柄、似た作風な漫画などないかなと思ってしまうのですが、きっとこんなに才能をお持ちの方はそうそういらっしゃらないのでしょう…。 10巻くらいの長編ならどんな話を書かれるのかとか考えてしまいますね…

@名無し

方向性が似ているということですと、私がパッと思い浮かぶのは、山田章博山田章博ですね。少女漫画フィールドのかたではないので、そこは作風違いますし、日本の歴史物とは異なりますが『ラストコンチネントラストコンチネント』とか、チラ見してみてくださいませ。(マンバはパッと飛んですぐに試し読みできるから便利ですねえ)

後は、有名どころですが、岡野玲子岡野玲子かなあ。これも、ちょっと作風は違うかもだけど、方向性は似ているような気がします。

方向性が似ているということですと、私がパッと思い浮かぶのは、山田章博ですね。少女漫画フィールドのかたではないので、そこは作風違いますし、日本の歴史物とは異なりますが『ラストコンチネント』とか、チラ見してみてくださいませ。(マンバはパッと飛んですぐに試し読みできるから便利ですねえ) 後は、有名どころですが、岡野玲子かなあ。これも、ちょっと作風は違うかもだけど、方向性は似ているような気がします。

方向性が似ているということですと、私がパッと思い浮かぶのは、山田章博ですね。少女漫画フィールドのかたではないので、そこは作風違いますし、日本の歴史物とは異なりますが『ラストコンチネント』とか、チラ見してみてくださいませ。(マンバはパッと飛んですぐに試し読みできるから便利ですねえ) 後は、有名どころですが、岡野玲子かなあ。これも、ちょっと作風は違うかもだけど、方向性は似ているような気がします。

@(とりあえず)名無し

山田章博山田章博わかります!好きです! 
ですが漫画描かれてると知りませんでした。
イラストレーターの方かと思ってました、なので読んでみます!
月岡芳年のようなタッチが好きで、漫画でもそのくらい筆の感じが残っててインク溜まりがあるような画風の作家さんは惹かれてしまいます。
岡野玲子岡野玲子知りませんでした。絵がここまで上手いと表現できるものに幅が際限なさそうですね、羨ましい!こちらも読んでみます。
丁寧に返信してくださりありがとうございます!!

いえいえ、どういたしまして。

しかし、岡野玲子岡野玲子をご存知ないというのに少しショックを受けました。一時期は、かなり著名な漫画家さんだったのですが。
とはいえ、『陰陽師陰陽師』連載開始がもう四半世紀前ですものね。今はあまり読まれていないのもしかたないことかもしれません。

個人的には、マンバの作品一覧には入っていませんが、『両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)』がフェイバリットです。綺麗な絵なのに変な漫画で、とても面白いですよ。

いえいえ、どういたしまして。 しかし、岡野玲子をご存知ないというのに少しショックを受けました。一時期は、かなり著名な漫画家さんだったのですが。 とはいえ、『陰陽師』連載開始がもう四半世紀前ですものね。今はあまり読まれていないのもしかたないことかもしれません。 個人的には、マンバの作品一覧には入っていませんが、『両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)』がフェイバリットです。綺麗な絵なのに変な漫画で、とても面白いですよ。

いえいえ、どういたしまして。 しかし、岡野玲子をご存知ないというのに少しショックを受けました。一時期は、かなり著名な漫画家さんだったのですが。 とはいえ、『陰陽師』連載開始がもう四半世紀前ですものね。今はあまり読まれていないのもしかたないことかもしれません。 個人的には、マンバの作品一覧には入っていませんが、『両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)』がフェイバリットです。綺麗な絵なのに変な漫画で、とても面白いですよ。

@(とりあえず)名無し

今更ですが花狂ひ花狂ひを読みました。仏師も紙で買い直しました!
素晴らしかったのでいつでも手に取れる所に置いて度々見直したいと思います。
一コマ一コマ見入ってしまいますね。

岡野玲子岡野玲子さん、多分私が知らないだけでめちゃくちゃ有名な方なんだと思います。これぞいい機会と思い手に取ってみたいと思います!
両国花錦闘士、相撲の話でしょうか、表紙がすごい!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー